神戸市の教員いじめからみえてくる閉鎖社会の学校。

「人間としてくず」「子どもたちの前に出すべきではない」
神戸市の教員いじめ

「こんなことを許してきた体制自体も変えなくてはならない」と指摘した。

 

校長「人格を侵害する言動あった」 他に「男性教員1名、女性教員2名」のいじめ被害も公表




神戸市立東須磨小学校の20代の男性教師が同僚の4人の教師から羽交い締めにされ、激辛カレーを無理やり食べさせられるいじめを受けていた問題。

被害を受けた男性教師はカレーを目や唇に塗られるなどしたほか、新車の上に乗られたり、ラインを使って女子教師らに性的なメッセージを送るよう強要されるなど、去年から繰り返し嫌がらせを受けていたことがわかっている。

校長は6月、別の教師からの報告で問題を把握。その後、被害を受けた男性教師から直接聞き取りをした際、加害者の教師から叩かれてできた尻のみみず腫れを確認したにもかかわらず市教委に報告していなかったことなども問題視されている。

 

校長は把握している被害の内容について「身体を叩く、足を踏むなどの暴力行為。性的な内容も含む人格を侵害する言動。

この学校に勤める男女教員4人が、2018年から今年にかけ同僚で20代の男性教員に対して日常的に暴言を浴びせたり、LINEを使ってほかの同僚の女性教員に性的なメッセージの送信を強要し、男性教員の車の上に乗ったり車の中に飲み物をわざとこぼすなどの悪質ないじめを繰り返していたという。

また、コピー用紙の芯で尻をたたいて腫れさせ、「ボケ」「カス」といった暴言を頻繁に浴びせていたとも証言したという。男性教員は「羽交い締めにされ、激辛カレーを無理やり食べさせられたり、目にこすりつけられたりした」とも訴えているとした。

6月に別の教員らから学校の管理職に相談があり発覚。



男性教員3人、女性教員1人による同僚いじめ。

会見の中では、女性教員Dが児童に「反抗しまくって(被害教員の)クラスをつぶしたれ」などとあおるよう指示したり、「誰やねんそんなヤツ知らんで」などと無視するよう呼びかけていたことを明かした。

同校の聴き取りに対し、男性教員Aは「自分が面白ければよかった」「悪ふざけだと思っていた。そこまで(被害教員が)嫌がってるとは思っていなかった」「悪ふざけがすぎた」などと話していたことも明らかになった。

 

「教員として、人として許されるべき行為ではなく、行為の重大性から委員会とも相談の上、4名を公務から外し、今後一切、東須磨の子どもたちの前で指導を行わせないという判断を行った」といじめ加害者側の教師に対する処分も発表。7日からは新たな教員を迎え、新体制で臨んでいるという。

 

コメントなどからは、

・前の校長はどういう対応取ってたんだろうな。
いずれにしても、いじめた人達には教育委員会の処分とは別に、法の裁きも受けてもらいたい。

・これはイジメではなく暴行、傷害、器物破損などの刑事事件です。刑事事件としてキッチリと起訴すべき。
それが子供達への1番の教育にもなる。

・この校長は去年、教頭として同じ学校で勤めていたではないですか。ということは一昨年、その前から内部事情を知っていたはずです。校長としては失格です。

・ホントに情けない。。悲しくなる。
妻が小学校の教員です。朝は7時には学校に入り、帰宅は22時過ぎ、深夜起きて丸つけや持ち帰った仕事をやっています。生徒に向き合って、仕事に就いています。
教育は日本の根幹。
職責を全うしようとする先生たち、今もまだ学校に残って仕事をしている先生たちは全国にたくさんいます。皆さん、学校の先生をこういう輩と同じひとくくりに見ないでください。お願いします。



などなどたくさんの一般からの声が届く驚く状況。

 

まるで、幼いいじめっ子達がそのまま何の精神の発育もなく大人になり閉鎖された学校社会という中で犯罪行為をしている元凶。

 

閉ざされた小さな社会という学校ではよほど大人たちがしっかりしていないとこういう輩がのさばってしまう傾向にある。

 

こういう輩は全員でないので早くに見たり聞いたりした上司は対処しなければならないのに感度低で始末におけないサラリーマン。

 

同僚の方もこれだけ酷い日常なら知っていたはずなのに。

 

子供たちが受けたひずみは強いと思う。

 

大人が大人をイジメる様は醜く過ぎるのだから。

 

これからは教育委員会は校長だけに任せずに教師にもアンケート書かせ調査したらいい。

きっと相当な歪みが見えるはず。

 

人を育てるとういことは自身も育っていくという自覚がなければならないはず。闇を目指してはいけないはず。

人のためにという志がない人間を先を行くという先生にはさせてはいけないはず。

 

点数とりごっ子だけの成長では体しか育たずこころは育たないもの。

 

今からの社会、生産の需要はある意味終わったはず

物だけでは私たちは幸せは感じられないもの。

 

生きていての幸せは

嬉しいとか 楽しいとか ありがたいとか 感動で 感謝で 満足感を味わうのだから。

 

いっぱいいっぱいの真面目な先生はいつか離れていくはず この狭い閉鎖社会の学校では。

 

こころを育てる学校でなければ。

 




 

この連休

南から大きな大きな渦巻が近づいている。

自然はやさしくも 厳しいと。

人間社会など構わずかと。

災害に度胸は要らない~この大地に生きている生き物の教訓。

 



 

まだ見つからない女児が心配~渦巻18号発生でも心配

事件も視野 7歳女児不明 捜索7日目 ボランティア本部解散

 

山梨県道志村のキャンプ場で21日から行方不明となっている千葉県成田市の小学1年、美咲ちゃん。

県警や消防、自衛隊は27日も約260人態勢で捜索している。

小倉さんは21日に母親や姉、友人家族ら約30人で「椿荘オートキャンプ場」を訪れた。同日午後3時40分ごろ、テントを設営した広場から小川に遊びに行っていた子供たちを1人で追い掛けた。

広場から続く下り坂を下った先の丁字路を小川のある左に曲がる姿を母親らが見ていたが、その後の目撃情報はない。

小倉さんは身長125センチくらいでやせ形。不明になったときは黒の長袖シャツにジーパン姿で、緑のスニーカーを履いていた。

キャンプ場は神奈川県との境に近く、村役場の東約2キロの山間部にある。

親御さんもテントの中で待ってあるという。

 

本当に親子さんは悔やまれてならないだろうと思う。

 

でもこれだけの人数で自衛隊まで入って見つからないとなると誰かに別の場所に車で連れていかれたのではないかと考えてしまう。

 

早く元気な姿で家族のもとに帰ってきてと願うばかり。




☆28日までに台風18号が発生か 17号と似た経路で週明け日本に接近?

日本のはるか南海上の熱帯低気圧は高い海水温の海域を進みながら発達している。明日28日(土)までには台風18号となる見込みという。

17号よりも勢力が大きいとの予想で心配な人も多いはず。

10月になろうとしているもまだまだ海水温も高い現状。

自然はこれではまだ渦巻くばかりだろう。

 

この間やってきた千葉での被害はもの凄かった。

停電も一部ではまだ続いているという。

 

この先の未来では災害で悩まされるだろうなこの大地の上。

 

地底まで入り込むと思われる未来の人間社会。

 

宇宙の中で過ごす数十年。




自分という人間 あなたという人間 生まれてきた確率。

忙しい行事のあった先週の週末もやっと終わった。

会場まではなぜか朝から雨も結構どしゃぶり。

 

重い荷物も持ちながら傘を差し駅からもまだまだ遠い道のりの会場。

ホントに左腕が痛くなるぐらいの重さの荷物が半端ない。

 

帰りの数時間の行事が終わってからも雨の中歩くしかない。

それに次の用件の時間まで後50分もない状況。

 

雨の日は忙しくてタクシーも電話しても無理みたいでひたすら急いで腕の痛さに耐え急ぐ。

 

こういう時の駅までの2kmは果てしなく遠い 風雨の中を駆けるように走る。

髪の毛もほぼずぶ濡れ。

でもなぜか諦めないで濡れながら重さに耐えながら進むと駅には1台のタクシーがいた。奇跡のように嬉しい。

 

それからタクシーに乗り自宅まで買えり着替えてまた駅まで自転車で超スピードで雨の中向かう。

 

駅に最後に到着したのはぎりぎり間に合う電車の到着2分前。

 

電車に乗り込んだ時には凄い汗と鼓動。

 

でも目的の事に間に合って最後は満足した1日。

 

今日は 1日経ってもまだまだ左腕は筋肉痛。

でも結果オーライで良かったかと。頑張った。




「人類が滅ぶ可能性」

「僕たち人類は、1000年後、1万年後も、この地球に存在する生物の王として君臨していると思いがちですが、地球の長い歴史の中で、そんなに長いあいだ存続した生物はいない。

 

1万年後、私たちとは全然違う生物が、地球を支配していても不思議ではない。

しかも自然にそうなるのではなく、人間が自らそういう生物を生み出すかもしれない。

うまくいけば人類は地球史上最長の栄華を誇ることができるかもしれないし、一歩間違うと、新たな生物に地球の王座を譲り渡すことになる。

今、人類はその岐路に立っている。

 

いま、科学の進歩は加速度的にスピードを上げている。この先、人類はどんな道を進むのか と。





そうだよね

この大地の上で生きている人間の世なんて

この地球が生まれて46億年ともいう。

そのなかで

人類が誕生したのは300~400万年前。

完全な二足歩行を行う原人が現れるのは、200万年前という。

 

この土地は自分のものと勝手に言いながらこの大地の歴史とか知らない事ばかりで昔から住んでいたような人間社会。

人間が今のまま争いばかり欲ばかり自分本位ばかりでいるといつかはこの大地から消されるかもしれないね。

いつまた新しい新生物がこの大地を支配するかもしれない。

 

自分という人間 あなたという人間 生まれてきた確率。

いつも奇跡的に生まれてきた自身といっているけどみな当たり前のように生まれて当たり前のように生きていると思っているけどそれは違う。

 

自身が あなたが この大地に 生まれてきた確率は?

 

なんと

 

1400兆分の1

えっ!と驚いて 身近でなくて 分からないだろうけど 実際の数字。

 

しかも

妊娠してから無事生まれてくる確率は、93.8%になるので

1400兆分の1先の確率から更に確率が下がると言う。

 

こんな奇跡的に生まれてきた数十年の期限がある命は毎日ありがたいと空を見上げて思わなければと思う。

 

特に日本は世界で水道水が飲める13か国の1つ。

ほとんどの国の水道水が安全に飲むことができないのにも関わらず

水を購入してまでも飲んでいる恵まれている国。

 

今の時代が当たり前ではなく奇跡的な偶然のものだということに感謝かと。

 

自然 光があり 空があり 山があり 海があり 大地の上の風があり

 

この手のひらを空にかざせば生きている血潮が見える。

風を静かに感じればこの鼓動が聞こえる。

 

ままに ままに 生かされている 生きている様を感じ

自然を感じれば 物欲だけではない幸せを感じるというもの。

 

この一人一人の息道は 1400兆分の1の奇跡なのだから。

 

何が偉いとか 悪いとか 良くないとか 区別ばかりの社会を作りたがる偏った人間だけを目指せば寂しいばかりの数十年の生き道。

 

想い らしく らしさを 求めての数十年の生き道であれば・・・。





 

 

 

 

テキストのコピーはできません。