生きている時代のブログ | この息道、時折立ち止まって、今の 先の 足元見直したら また元気に歩き出そう たった数十年 どうせ生きるのなら楽しくかと。

生かされ生きている時代

生きている時代

46億年前に地球が生まれてから、ずいぶんな年月をかけて人類が誕生した。

人類が誕生したのは500~600万年前

完全な二足歩行を行う原人が現れるのは、200万年前。

 

あなたが生まれてきた奇跡の確率を求めると

1/1億7500万×1/200=1/1400兆

実に、1400兆分の1という奇跡の確率。

 

しかし、実際の確率はまだまだ低い。

妊娠したすべての胎児が無事に生まれてくるわけではなく、妊娠してから無事生まれてくる確率は、93.8%となる。

よって、先ほどの確率から更に確率が下がると言うことになる。

驚くほどのこの大地の上に生まれた奇跡の自身。

 

このような奇跡の結果があなただと言うことを忘れてはならない。



この大地に当たり前のように生まれてきたのではないということ。

1400兆分の1より低い奇跡の確率。

ジャンボ宝くじの1等当選どころの話ではないもの凄い確率。

 

だからこの星の空間に生まれた以上

知能と感情とこの鎧の体を与えられた以上

この数十年の与えられた命は最後までまっとうしなければならない。

 

どんなに辛くても障害が前に立ちふさがっても

絶対に自ら途中下車してはならないということ。

 

今がどんなに辛くても 悲しくて涙が止まらなくても 絶望であっても。

時を待てばまた歩き出すことができる。

そういう生き物の人間。

涙で洗い流せるこころを持つ。

悲しみを忘れ先を想像期待し歩き出せる強い面も持つ生き物なのだから。

自身を信じて 過去から受け継がれた 血潮の命を信じて歩く。

 

歩き出すとき、目の前の道がいつも現れる。

まっすぐな道

左右に分かれしている道

くねくねした曲がりくねった道。

広い道 狭い道 ガタガタの道 上り下がりの道。

 

どんなに迷っても

目の前のどの道を選んでも自身の足跡の奇跡の道となる。

 

だから勇気をもって歩き出す。

 

過去を想い 先を期待し想像しながら 今を生きる。

 

自身らしさを求めての息旅。

 

この大地におんぎゃーと自身の意のままにならないと理解し

歩き出してからの数十年の暇つぶしの人生。




せっかく奇跡的に生まれたのだから

陰にばかり意識せず

楽しみながら 自身の夢を持って 生きぬいていくこそ 我が人生。

 

あっという間だよ この息旅は

大空 山 海 川 そよ風を感じながら ふ~っと魂の呼吸をしながら 生きていく。

 

最後の空間が訪れた時は

あ~面白かった と言って

この命と この数十年で集めてきた物を ゆっくり手を開き 手放して

熱く涙を浮かべ 思い 消えていきたいね。

 

それが我が人として生まれてきた 人生。

 

運が良かったとか 悪かったとか 勝ち組とか 負け組の人生だったとか

そんなのまったく関係ない

最後まで わくわくした 戸惑った

最高の暇つぶしの我が人生に乾杯かと。





生きている時代のブログ

世界人口

仕事は飽きずに毎日次々と出てくるから摩訶不思議。

 

今日ぐらいはゆっくりと自分の仕事をしようとパソコン前でマウスを動かす。

 

直ぐに電話があり別の用件やら依頼の業務が舞い込む。

 

一つ一つ対処しているとあっという間に昼になる。

 

コーヒー飲みながら見上げる空は広くいつもの自然で悠々としている。

 

たまに綺麗な竜雲が見れる時がある。

そんな時は必ずと言っていいほど何か良いというか新たな道筋が現れる。

 

きっとこのまま ままに進めと言われているようで。


新型肺炎の感染拡大は避けられないか

中国のネット旅行代理店が出した春節の海外旅行先ランキングで日本が1位に。

大勢の人が移動するため、新型肺炎の感染拡大が避けられない見通しだという。

新型のコロナウイルスによる肺炎の患者数は300人を超えた。と。

 

やっぱりこの時期は人の移動は無い方が良いと思う。

 

もう少し暖かくなってからの観光がお互い様かと。




今や世界の人口

75億9千万人

1分に137人、1日で20万人、1年で7千万人、増えて

1年に6千万人が亡くなり、1億3千万人が産まれている。

 

大切な一つ一つの命だけれど100億人の世界とか大変だろうと思う。

 

温暖化による災害や食糧危機も起きて

ホントに人間らしく生きれるのか心配な面もある。

 

まあこの先 知恵を通じて どうにかやっていくとは思うけれど

わずか50年先の人間社会は今のままでは辛いと思える。

 

そうならない為にも 今が大事な時だと感じるけど

損得ばかりで 話が進まない 人間社会かと。





人気ブログランキング

 

新型コロナウイルス

中国で感染が拡大している、新型コロナウイルスによる肺炎が危険!

中国で発生した「新型コロナウイルス」による肺炎の患者が、日本で確認された。

中国と日本以外にも、タイ、韓国で感染者が確認されている。

感染源とみられる武漢市の「華南海鮮卸売市場」は1月1日に閉鎖。

同市では、198人からウイルスが検出され、中国人3人が死亡した(20日時点)。

市場で扱われる “鳥獣” が感染源とされる点は、2002年に中国でコウモリを起源に発生、700人以上が死亡した「SARS」と同様だという。



「死亡者は、持病が原因で肺炎が悪化した可能性が高い。

医師は「人から人に感染している可能性が非常に大きい」と指摘し
感染が爆発的に広がる恐れもあるとし、感染範囲の特定などが急務だと訴えた。

また、1月25日には、中国の “春節” があり、70万人以上が来日するという。例年なら、嬉しい悲鳴が聞こえるはずのデパートからは、こんな声が。

” 「うちの職場はマスクNGなんです」 ”

「新型肺炎」にデパート店員が悲鳴「マスクを許して!」と。




ホントに人災だと思うよ。

初動の情報開示が極めて重要なのにひたすら隠すいつもの体制。

これでは被害はどこまでも拡散する。

 

こんな時もデパートの店員にマスク着用させないとか上役は間抜けの所業。

 

ウイルスを通しにくいダチョウの卵のマスクとか専用のマスクもあるのに。

普通のマスクではウイルスは通るけど

高温多湿にウイルスは弱いから効果はあるらしいのにね。

 

この大地で人間も

わずか

直径が約0.1μm(ミクロン:1μm は1mmの1000分の1)のウイルスに脅かされている状況。

この小さなウイルスでも感染し増殖し体内で集団化すると人間もやられてしまう。

人から人へ感染すると分かっていての情報操作にはあきれ果てる。

 

この時期の移動も国外へは出ないでほしいね。

みなの命を守るために 時期を考えてと。




大河ドラマ

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」(主演長谷川博己)が19日、スタート

2週間遅れたが期待している大河「麒麟がくる」が始まった。

何せ 昨年の大河はほとんど見なかったから1年ぶりの大河に期待している。

特に明智光秀が主人公とか

その時代の光秀の想いが感じれていいと思う。

みなその時代では各々の誇りで生きていたと思うから。



さっそく昨日TV見たがネットニュースでは

極彩色の世界観に、ネット上では「明るくていい」「目がチカチカする」など賛否が寄せられた。

登場人物は原色の衣装に身を包み、農民たちの衣装も色とりどりでカラフル。

黒沢明監督の長女で、衣装デザイナーの黒沢和子さんが衣装を手掛け、4Kカメラでの撮影が映えるビビッドな色遣いを実現させた。

制作統括の落合将チーフ・プロデューサーは「庶民も含め、いつ死ぬか分からない時代なので、町なかが平穏な時はそういった(カラフルな)衣装を着ているという時代考証に基づいて演出している」としている。と。

 

観ていて明るさは感じたけどとても綺麗で良かったと思うよ。

カメラのアングルも現代の大河を表していて楽しめる。

 

自分たちが戦国時代はカラーも無かったかのように思うわけで

実際は空や山は今と変わりなく美しく人々も血潮巡らせ生活していた人々だもの。

当たり前だけどカラーで生活していたのだから。

 

それにしても今回の明智光秀でも想う。

人はどう死んだかではなく

どう その人 らしく 最後まで生きぬいたかということ。

 

そこに その時代で生きぬく

生かされ 生きぬいた 自身らしさの旅が

自然の中で しっかり歩いた足跡も 見られるというもの。

 

自身らしさを求めての 出逢い 想いの旅は数十年続く。

 

今後の大河の展開に期待かと。




人気ブログランキング