最近、人の顔をみてふと思った。怖い生き物かとも・・・

話題

過行くままにもう8月。

もう夏の季節がわずか。

毎日 毎日 朝 昼 夕 晩と時は過行く当たり前のように。

この大地はどこを目指して進んでいるんだろうね。

 

この謎の人の社会も。

*生活が「苦しい」世帯の割合が増加 平均所得も減少

この人の社会も多くの人々には贅沢は無縁といっているかのよう。

 

今や78億の人間社会。

一部が最後まで安楽ではいけないと思うけどね。

政治はパフォーマンスだけではいけない。

 

みなが何かしらの生き甲斐や夢を見られる人生でなければ

いつも生きるための目の前の食ばかり考える生活ではいけないよ。

 

出来るはずの社会を目指さない訳は?

区別社会が大前提だから?

 

一人一人のこの自然界で敬う生きれる息道でなければ。

 

しかし、最近人の顔をみてふと思った。

 

やっぱり、この人間という生き物は顔に集中しているね、個性は。

ほとんどの生命達もそうだけど。

いつもは話していてもあまり感じなかったけどよく観察すると、

 

この顔という部分には、

物を見る横長の目が左右にあり、息や臭いをかぐ鼻穴があり、左右横には音を聞く耳穴が着いている。

そして口という食をかみ砕き、飲み込む自在な黒い穴が前にある。

話すときに口を開けると、牙が見えたり肉厚な舌が見えたりする。

 

ホントに、よくよく見るとこの顔と頭を持つ生き物は何か怖いね~。

 

笑顔のくちびるの中は暗い怖い世界のよう。

腹が減れば食物を取り込む空洞。

下手すると、食べられそう。

 

理性で、おしとやかな面を呈しているけど、怒れば真っ赤に血走り野獣化する目と攻撃口。

 

人は、社会のなかで、この知ったり、知らなかったりする他人の顔色を伺いながら、接触したり離れたりと自身を守りながら過ごす奇妙な生き物だ。

 

この人という生き物達は、顔が生きる上ですべての人格を作っているよう。

知った人なら、遠くから見ても誰と判断できるもの。

 

今日も、頭で業を動かし、目で耳で鼻で口で、この身を生かせるのかと。

 

不思議だけど、生かされている限りは生きるしかないもの人も。

生きていくのはホントに大変だけど。

社会のなかでは自分を押し殺したりするけど

本当の死という途中下車はできないもの人の宿命として。

 

でも人は、人を想い愛する、お互いのこの顔と頭で。



にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
 

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました