siun | 生きている時代のブログ

新型コロナウイルス

緊急事態宣言が発令されて2日目の朝。

 

新聞取りに1Fに外の階段を降りると綺麗な青空が見える。

 

張り詰めた空気はあるけど気持ちの良い朝。

 

通りの道は通勤だろう車の往来も少なからずも多からず。

昨日は日本で1日最高の500人以上のコロナ感染者数。



国のケチな愚策のために

各都道府県が地方が国民が大混乱している。

 

自粛を保証したくないためにお願いで自己責任でだらだらと進めようとする国のおかげでコロナは大感染拡大中。

 

今は一番に人の動きを最大限に止めてコロナを終息させなければならないのに。

今は生活を守り人を救うのが一番なのに。

 

この国ときたら戦後最大の危機とうたいながら人の命の糧となるお金も発行もせずのうのうと自分達だけは何千万円ももらい続けている。

政治家にはもう直ぐ300万円以上の支給も平然とあると。

 

店は自粛要請受けても保証はなく

子供が毎日いる家庭にも条件ばかりで僅かな食費代も届かず。

 

結局

国民を人としてみていないのがよく分かったよ今回で。

多くの国民が自己責任と丸投げされた愚策のために危険をかえりみず今日も電車に乗り密の職場や人の中に投げ出される始末。

 

力のない店は閉店に追い込まれ借金まみれ。

コロナより政治に殺されるこの区別の社会の仕組みが露呈。

 

きっと多くの世界の人々に笑われているだろうね。

先進国とさも豊かそうに装っている日本はこころない政策の貧しい国だと。

中学生にも分かる優先順位も決めれない愚かな国だと。



世界の各国はコロナ終息一番に人を救う対策を次々と出しているのに。

とにかく敵のウイルス封じ込めるための真剣な良策を。

 

人々も生活の安全を保障してもらいみなで協力する体制。

 

ホントに恥かしいねこの日本という国の愚策には。

 

今が感染防止する最大の最後の時なのに

何の保証もせず絵にかいた餅ばかりぶら下げて人々は大混乱の不満のオンパレード。

 

どうしていいのか分からず外に働きに出たり疎開したり

食べられない状況にしても

80%の人とは合わないようにと都合のいい出来ない願いばかり。

 

もうバカがこの国をあやっているとしかない。

 

この船の舵は任せられないね。

本当の知識人も専門家もいないと言えるこの国。

このまま愚策がまかり通っていく区別社会。

 

自己責任で~自己責任で~

自分の生活は自分で~自分の命も自分で決めて~

 

保障とかもってのほか~

何も言わない国民だからね~

税金だけは言われなくてもずっと搾り取りますから~

空気だけはお金要りませんから~

酷すぎる人災の感染国。





 

生かされ生きている時代

生きている時代

46億年前に地球が生まれてから、ずいぶんな年月をかけて人類が誕生した。

人類が誕生したのは500~600万年前

完全な二足歩行を行う原人が現れるのは、200万年前。



あなたが生まれてきた奇跡の確率を求めると

1/1億7500万×1/200=1/1400兆

実に、1400兆分の1という奇跡の確率。

 

しかし、実際の確率はまだまだ低い。

妊娠したすべての胎児が無事に生まれてくるわけではなく、妊娠してから無事生まれてくる確率は、93.8%となる。

よって、先ほどの確率から更に確率が下がると言うことになる。

驚くほどのこの大地の上に生まれた奇跡の自身。

 

このような奇跡の結果があなただと言うことを忘れてはならない。

この大地に当たり前のように生まれてきたのではないということ。

1400兆分の1より低い奇跡の確率。

ジャンボ宝くじの1等当選どころの話ではないもの凄い確率。

 

だからこの星の空間に生まれた以上

知能と感情とこの鎧の体を与えられた以上

この数十年の与えられた命は最後までまっとうしなければならない。




どんなに辛くても障害が前に立ちふさがっても

絶対に自ら途中下車してはならないということ。

 

今がどんなに辛くても 悲しくて涙が止まらなくても 絶望であっても。

時を待てばまた歩き出すことができる。

そういう生き物の人間。

涙で洗い流せるこころを持つ。

悲しみを忘れ先を想像期待し歩き出せる強い面も持つ生き物なのだから。

自身を信じて 過去から受け継がれた 血潮の命を信じて歩く。

 

歩き出すとき、目の前の道がいつも現れる。



まっすぐな道

左右に分かれしている道

くねくねした曲がりくねった道。

広い道 狭い道 ガタガタの道 上り下がりの道。

 

どんなに迷っても

目の前のどの道を選んでも自身の足跡の奇跡の道となる。

 

だから勇気をもって歩き出す。

 

過去を想い 先を期待し想像しながら 今を生きる。

 

自身らしさを求めての息旅。

 

この大地に生まれ

おんぎゃーとどんなに泣き叫んでも

自身の意のままにならないことを理解したあの日

それから歩き出してからの数十年の暇つぶしの人生。


せっかく奇跡的に生まれたのだから

陰にばかり意識せず

楽しみながら 自身の夢を持って 生きぬいていくこそ 我が人生。

 

あっという間だよ この息旅は

大空 山 海 川 そよ風を感じながら ふ~っと魂の呼吸をしながら 生きていく。

 

最後の空間が訪れた時は

あ~面白かった と言って

この命と この数十年で集めてきた物を ゆっくり手を開き 手放して

熱く涙を浮かべ 思い 消えていきたいね。

 

それが我が人として生まれてきた 人生。

 

運が良かったとか 悪かったとか 勝ち組とか 負け組の人生だったとか

そんなのまったく関係ない

最後まで わくわくした 戸惑った

最高の暇つぶしの我が人生に乾杯かと。





PVランキング