生きている時代のブログ

時代

 

生きている時代

 

46億年前に地球が生まれてから、ずいぶんな年月をかけて人類が誕生した。

人類が誕生したのは500~600万年前

完全な二足歩行を行う原人が現れるのは、200万年前。

あなたが生まれてきた奇跡の確率を求めると

1/1億7500万×1/200=1/1400兆

実に、1400兆分の1という奇跡の確率。

 

しかし、実際の確率はまだまだ低い。

妊娠したすべての胎児が無事に生まれてくるわけではなく、妊娠してから無事生まれてくる確率は、93.8%となる。

よって、先ほどの確率から更に確率が下がると言うことになる。

驚くほどのこの大地の上に生まれた奇跡の自身。

 

このような奇跡の結果があなただと言うことを忘れてはならない。

この大地に当たり前のように生まれてきたのではないということ。

1400兆分の1より低い奇跡の確率。

ジャンボ宝くじの1等当選どころの話ではないもの凄い確率。

 

だからこの星の空間に生まれた以上

知能と感情とこの鎧の体を与えられた以上

この数十年の与えられた命は最後までまっとうしなければならない。

 

どんなに辛くても

障害が前に立ちふさがっても

絶対に自ら途中下車してはならない。

 

今がどんなに辛くても

悲しくて涙が止まらなくても

絶望のどん底であっても。

 

時を待てばまた新たに歩き出すことができる。

そういう生き物が人間。

 

涙で洗い流せるこころを持つ。

悲しみを忘れ先を

想像期待し、歩き出せる強い面も持つ生き物なのだから。

 

自身を信じて 過去から受け継がれた 血潮の命を信じて歩くのみ。

自身が立ち止まり

いざ歩き出すとき

目の前の道が必ず現れるもの。

 

まっすぐな道

左右に分かれしている道

くねくねした曲がりくねった道。

広い道 狭い道 ガタガタの道 上り下がりの道。

 

どんなに迷っても

目の前のどの道を選んでも自身の足跡の奇跡の道となる。

 

だから勇気をもって歩き出す。

 

過去を想い、先を期待し、想像しながら今を生きる。

 

自身らしさを求めての息旅。

この大地に生まれ

おんぎゃーとどんなに泣き叫んでも

自身の意のままにならないことを理解したあの日、

それから歩き出してからの数十年の暇つぶしの人生。

 

せっかく奇跡的に生まれたのだから

陰にばかり意識せず

楽しみながら、自身の夢を持って、生きぬいていくこその我が人生。

 

あっという間だよ この息旅は。

大空、山、海、川、そよ風を感じながら

ふ~っと魂の呼吸をしながら今を生きていく。

 

最後に、

この体が悲鳴をあげ抜けようと

最後の空間が目の前に訪れた時は、

 

「あ~面白かった」と言って、

この命と

この数十年で集めてきた物を

ゆっくり手を開き手放して

熱く涙を浮かべ想いながら消えていきたいね。

 

それが我が人として生まれてきた 人生。

 

運が良かったとか、悪かったとか、勝ち組とか

負け組の人生だったとか

そんなのまったく関係ない。

 

最後まで、わくわくした、戸惑った

最高の暇つぶしの我が人生に乾杯かと。

 

この大地の上で生まれてよかったと。

PS 

4/7*1週間で8回最大震度4の地震が多発 日頃からの備えの再確認を

8回の地震の概要と特徴は
▼過去1週間に発生した地震(最大震度4以上)
3/31 20:52 M4.7 深さ73km 東京湾 震度4
3/31 23:34 M4.4 深さ13km 京都府南部 震度4
4/2 16:27 M4.4 深さ56km 茨城県北部 震度4
4/4 10:26 M4.3 深さ14km 能登半島沖 震度4
4/4 19:29 M5.4 深さ44km 福島県沖 震度4
4/6 0:04 M5.4 深さ約50km 福島県沖 震度4
4/6 17:14 M3.6 深さ約10km 和歌山県北部 震度4
4/7 9:30 M4.6 深さ約10km 愛知県東部 震度4

国内ではいつどこで強い揺れに襲われてもおかしくないため、いざという時に自らの身を守れるよう、災害への備えを日頃から確認するようにしてください。

揺れている 揺れている この大地。

その上で生きている生き物は人間も同じであり、いつもは忘れているけど起きた時にはこの大地の恐ろしさも知るもの。

停電、断水は付きものなのでペットボトルの水や簡単な食糧は備えておきたいね。

災害に度胸は不要なのだから。

 

4/9

休みの朝は早く起きたけど、朝食の牛乳とパン食べたら椅子で夢心地。

やっぱり休日はいいね~。

4/9*ありがたや~「神様顔にゃんこ
飼い主は運気アップ

エキゾチックショートヘアの小雪ちゃん、生後8カ月

「普段はぱっちりお目目なんですが、眠い時はこんな顔になります(笑)」

やっぱり笑顔がこの大地の生き物を救うのかと。

4/12*4月12日は「パンの日

【パンの日】食パンで人気の厚さ

遡ること1840年、火を起こす必要はなく、消化も良く、保存性・携帯性にも優れている「兵糧パン」と呼ばれるパンを提案した日が日本におけるパン発祥とされており、1983年に「パン食普及協議会」によって制定されたという。

関東では、8枚切りなどの「薄切り」が人気だそう

関西では、まだまだ厚切りの人気が根強いとか。

 

何にしろ、ご飯もいいけど、たまには朝食に

薄い食パンに目玉焼きに、レタスやハムにマヨネーズで最高だもの。

 

4/14【悪い円安】円安は止まらない。130円ですら通過点で、「弁当男子」が激増する時代がやって来る

4月12日、円相場が一時1ドル=125円台後半に急落した。

いま進んでいる円安は、けっして日本経済にプラスにならない「悪い円安」である。

円安が進めば、輸入物価の上昇を通じて原油や穀物など原材料コストの増加を招く。それは、めぐりめぐって企業収益を悪化させ、家計の負担を増大させる。日本経済をさらに衰退させる。

政府は、ガソリンの販売価格の上昇を抑える原資として1リットルあたり25円を上限とした補助金を石油元売りに支給することにしたが、あっという間に上限に達してしまった。

政府主導の春闘で、給料は上がる見込みだが、物価上昇はそれを上回る。

この先の日本は、物価が上がるのに、株価も給料も上がらないという「暗黒時代」に突入する。

「弁当男子」が激増する時代になる

そうなると、サラリーマンはワンコイン(500円)弁当でランチをすませようとするが、そんな価格の弁当はコンビニでも売っていない。

そのため、「弁当男子」が激増するだろう。

現在、1ドル=130円になるのではないか? 130円が攻防ラインのようなことを言っている専門家が多い。

しかし、130円ですら通過点で、いずれ1ドル=150円になるだろう。

そういう「超・円安」時代の入り口に、いま私たちは立っている。

 

ほんとにここ数年で時代が大きく変化しようとしている。

数年までは、未来はまだ豊かにと多くが感じていたけど、コロナから何かがこの人の社会にずれを生じたさせたと思う。

この困難な今の時代はより人々が力を合わせないといけないはず。

争っている場合ではないのに。

 

こどもたちの未来は明るくかと。

 

4/16  月を楽しもう!4月の満月は「ピンクムーン」。7つの惑星と月の競演、今年最大の月「スーパームーン

「ピンクムーン」は、”ピンク色に染まった月”を意味するのではなく、ネイティブアメリカンが毎月の満月に付けていた名前。

由来は、この時期に花を咲かせるシバザクラやキキョウナデシコといったフロックス属の花たち。可憐なピンク色に、大地が彩られる季節をあらわしている。

 

【7月14日】2022年最大の月「スーパームーン」

1年のうちで地球の中心と月の中心が最も近い満月を「スーパームーン」、逆に最も遠い満月を「ミニマムムーン」と呼ぶ。

このような現象がおこるのは、月の軌道が円ではなく、やや楕円形をしているためで、スーパームーンはミニマムムーンに比べて、直径は約1.14倍大きく、明るさも1.3倍ほどの差がある。

今回は、満月になる時間が午前3時38分頃。13日の深夜から14日の明け方までは、スーパームーンに近い月の姿を観測できそう。と。

 

こういう時代だからこそ

たまには、子供時代のときのように

お月様を眺めてみたいな。

自然は、ままに ままに 刻を重ねる。

 

4/18 ハワイ上空にナゾの渦巻き 回転しながら移動、星空ライブカメラ撮影

ハワイ最高峰のマウナケア山頂で17日午前5時ごろ(日本時間18日午前0時ごろ)、夜明け前の空に渦巻き状の光が現れた。

渦巻きは青白い色で、ゆっくりと回転したり、雲に隠れたりしながら東方向に移動し、約5分後に消えていった。

蚊取り線香や銀河のような形で、少なくとも数回転はしている「腕」が見えた。全体を包み込むように、繭のような大きな薄い光に包まれていた。

ナゾの渦巻きの出現に、視聴者は「びっくり。宇宙にはまだまだわからないことがいっぱいです」「何度見ても不思議」「ドローン? UFO?」などと驚いていた。

不思議なようで自然現象化もしれないけれど

この大宇宙のもとで生きているのも不思議な人生。

良い時もあまり良くない時も

たまには大空見上げようかと。

 

5/1【山梨道志村女児不明】靴など発見場所に驚きの声 地元の猟師「45度以上の崖みたいなところ」「行くのは猟師か山の持ち主かくらい」

3年前、小倉美咲さんが行方不明になった山梨県道志村で人骨や運動靴などが発見される。

「45度以上の崖みたいなところ」「行くのは猟師か山の持ち主かくらい」と地元の人。

「なんせ崖みたいな、こんな45度以上の崖みたいなところだから行けません。鉄砲撃ち(猟師)と山の持ち主が草刈りとかそういうので行くくらいで」

運動靴などが見つかった周辺は山の斜面が急で足場も悪く大人でも歩くのが困難な場所だという。

 

本当に、こんな惨い事件事故があっていいものか。

人生の半ばである日突然に理不尽な悲しい別れが来ようとは、この親子に。

 

どんなに怖かったろう、寂しかったろう、そして、帰りたかったろう家に。

どんなにこの子は会いたかったろう、愛する母親に。

1日でも早く見つかってと、願う。

 

 

5.8 心理学者が「9がつく年齢は危ない」という理由

たいていの人は、週末に気分が高揚する 「ウィークエンド効果

これは、自律性が関係しているという。
自律性というのは、自分自身で物事を決めることができるかどうか、ということ。

週末になると、好きな時間に起きても、だれも文句は言いませんし、好きなときに好きな場所に出かけ、好きなことをしていても、まったく問題がない。

完全に自分の好きなようにできるので、だれかにコントロールされているという気持ちにもならない。

こうして自律性が取り戻せるので、人は気分がハイになるという。

なお、週末になると気分が高揚するだけでなく、体調もよくなるという。

気分が高揚すると、免疫力も高まるからと。

なかには、ウィークエンド効果があまり見られない人~平日から、自分の好きなように行動でき、自分が周囲をコントロールできる羨ましい人たちもいるという。

 

人生の節目におかしなことをしないように気をつける。

19歳、29歳、39歳、49歳、59歳、69歳

何となく気分が動揺したり、不安を感じたり、何か新しいことを始めたい気持ちが高まる歳の節目だと。

「私の能力は、こんなものではない」

「現状の自分は、本当の自分ではない」

「私には、もっと違う可能性があるはずだ」

そんなふうに感じてしまいがちなのが、9がつく年齢のとき。

そういう節目に立ったとき、人間はおかしなことをし始める可能性が高くなるという。

思いつきで行動しようとしても、ロクなことがありませんから。と。

 

やっぱり人間は、80年ぐらいの生き旅の中で10年の節目で自身の生き方を考えるものだと感じる。

嫌でもこの社会に身をゆだねているのだから。

自身の今の生き方に満足できないのかも。

もっと、もっと、もっとと。

幸せとは、

生かされている限りの

今この時の瞬間が一番なことを最後に理解するのかと。

5.14「コロナうつ」知らぬうちに心身疲弊

新型コロナウイルス禍の長期化に伴う社会不安や景気低迷などにより、「コロナうつ」と呼ばれる心身の不調が目立っている。

WHO(世界保健機関)によると、コロナ禍の中で、うつ症状や認知症、アルコール依存症などが世界的に増加している。

2020年以降、不登校や自殺、ドメスティックバイオレンス(DV)が増加傾向にあり、外出自粛や休校、テレワークの急激な普及なども一因とみられている。

大型連休明けに多い「五月病」にコロナ禍が追い打ちをかける可能性もあり、

心に柔軟性が持てるよう明るく前向きに過ごし、時には休むことも大切」と。

 

ほんとに、この2~3年のコロナ社会で人の動きも変わった。

まるで監視社会そのもの。

ストレス発散で映画を見たり、カラオケに行ったり、ドライブに行ったり、飲みに行ったり、今まで出来ていたことが強制終了。

人の目を気にしながら、マスクで顔を隠しながら買い物ぐらい。

これでは、子供たちも気も落ち込む。

ゲームに没頭するしか逃げ道はなく、今は少ししづつ開放に向かっているようだけどもまだ先は分らない。

まだ まだ まだかと。

たまには、自分によく頑張ったなと何かご褒美かと。

 

5/15【山梨・道志村】小倉美咲さん 不明後まもなく死亡か

道志村の山の中で見つかった肩甲骨について警察は、3年前に近くで行方不明になった千葉県の小倉美咲さんとDNA型が一致したと明らかにし、美咲さんは死亡したと判断した。

捜査関係者によると、骨の状態などから行方不明になってから間もない内に死亡したとみられるということ。
死因や行方不明後の足取りは明らかになっておらず、警察は事故と事件の両面で捜索を続けている。

本当に残念な結果でいたたまれないこの事故か事件。

美咲ちゃんは怖い思いをしたろうと思う。

ご冥福をお祈りします。

 

5/18 阿武町・花田憲彦町長、男性の返金意思に「その言葉につきましては素直に喜びたい」…誤送金問題で緊急会見

山口県阿武町から4630万円を誤送金された男性が返還を拒んでいた問題。

18日放送の「ミヤネ屋」では、男性が謝罪と返金の意向を示したと速報した。

花田憲彦町長は緊急会見で、謝罪の言葉について「素直に喜びたい」と述べた。

 

この問題はなかなか終わらないだろうな。

間違えた行政と、振り込まれた男性のめちゃな行動。

お金が残っていれば返せるだろうけど、戻ってこないだろう。

でもこの24歳の男性も浅はかな夢に人生すべてをかけたね。

もうまともに生きれないのかと。

自身で使うお金は自分のものでなければならないのに。

毎日、この話題のニュースばかりかと。

 

にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました