生きている時代のブログ | 生きている時代のブログ

生きている時代のブログ

生きている時代

46億年前に地球が生まれてから、ずいぶんな年月をかけて人類が誕生した。

人類が誕生したのは500~600万年前

完全な二足歩行を行う原人が現れるのは、200万年前。




あなたが生まれてきた奇跡の確率を求めると

1/1億7500万×1/200=1/1400兆

実に、1400兆分の1という奇跡の確率。

 

しかし、実際の確率はまだまだ低い。

妊娠したすべての胎児が無事に生まれてくるわけではなく、妊娠してから無事生まれてくる確率は、93.8%となる。

よって、先ほどの確率から更に確率が下がると言うことになる。

驚くほどのこの大地の上に生まれた奇跡の自身。

 

このような奇跡の結果があなただと言うことを忘れてはならない。




この大地に当たり前のように生まれてきたのではないということ。

1400兆分の1より低い奇跡の確率。

ジャンボ宝くじの1等当選どころの話ではないもの凄い確率。

 

だからこの星の空間に生まれた以上

知能と感情とこの鎧の体を与えられた以上

この数十年の与えられた命は最後までまっとうしなければならない。

 

どんなに辛くても障害が前に立ちふさがっても

絶対に自ら途中下車してはならないということ。

 

今がどんなに辛くても 悲しくて涙が止まらなくても 絶望であっても。

時を待てばまた歩き出すことができる。

そういう生き物の人間。

涙で洗い流せるこころを持つ。

悲しみを忘れ先を想像期待し歩き出せる強い面も持つ生き物なのだから。

自身を信じて 過去から受け継がれた 血潮の命を信じて歩く。

 

歩き出すとき、目の前の道がいつも現れる。

まっすぐな道

左右に分かれしている道

くねくねした曲がりくねった道。

広い道 狭い道 ガタガタの道 上り下がりの道。

 

どんなに迷っても

目の前のどの道を選んでも自身の足跡の奇跡の道となる。

 

だから勇気をもって歩き出す。

 

過去を想い 先を期待し想像しながら 今を生きる。

 

自身らしさを求めての息旅。

 

この大地に生まれ

おんぎゃーとどんなに泣き叫んでも

自身の意のままにならないことを理解したあの日

それから歩き出してからの数十年の暇つぶしの人生。



せっかく奇跡的に生まれたのだから

陰にばかり意識せず

楽しみながら 自身の夢を持って 生きぬいていくこそ 我が人生。

 

あっという間だよ この息旅は

大空 山 海 川 そよ風を感じながら ふ~っと魂の呼吸をしながら 生きていく。

 

最後の空間が訪れた時は

あ~面白かった と言って

この命と この数十年で集めてきた物を ゆっくり手を開き 手放して

熱く涙を浮かべ 思い 消えていきたいね。

 

それが我が人として生まれてきた 人生。

 

運が良かったとか 悪かったとか 勝ち組とか 負け組の人生だったとか

そんなのまったく関係ない

最後まで わくわくした 戸惑った

最高の暇つぶしの我が人生に乾杯かと。




PVランキング