お粗末 情けない 流出HDDは計18個に 神奈川県、9個の行方分からず | 生きている時代のブログ

お粗末 情けない 流出HDDは計18個に 神奈川県、9個の行方分からず

2020年1月7日

12月最初の週末は早く感じたけど解放感は大きい。

 

ケーキの注文もだったけれど温泉施設に夕刻向かう。

 

寒いね ぐっとくるほど肌寒いまま施設の中に入る。

 

気持ちの良い温泉。

 

でもつい調子に乗りすぎた。

 

露天の方に出ていき 30分ほどでぼ~っと。

 

気持ちよく帰ってきてからビールを飲んでゆっくり。

 

この後

 

何か熱っぽい 寒気もする しかものどの調子が悪い。

 

何かいきなり風邪を引いたような感じ。

 

せっかくの週末なのに薬飲んで早めに休もうかと。残念。





流出HDDは計18個に 神奈川県、9個の行方分からず

神奈川県庁のサーバーから取り外されたハードディスク(HDD)がネットオークションを通じて転売され、大量の行政文書が流出した問題で、神奈川県は6日、「データ消去やHDDの廃棄を請け負った企業の社員が18個転売していた」と明らかにした。

うち9個は回収済みだが、9個は行方がわからず回収できていない。

18個で保存できるデータの総容量は54テラバイト。仮に画像を添付したメール1通を3メガバイトとすると、1800万通に相当する。

18個のうち16個は、製品番号から、富士通リース(東京都千代田区)が県に貸したサーバーのものと確認された。世界でもまれな規模の情報流出は深刻さをさらに増している。

神奈川県によると、行方がわかっていない9個は3回にわたって落札され、最大で3人が落札した。だれなのかは現時点でわかっていないという。





ホントにこれだけ世間で言われているセキュリティ問題なのに。

 

間抜けの仕事しかしていないね。

 

自分たちの仕事の重要性が分かっていない面々。

適当な仕事で高い給料だけもらっていいねこの公の人達は。

 

責任ある人が少しでもいたらハードディスクの破壊などしていたはず。

責任取ってもらわないといけないねボーナス無しでこれからかかる費用にしてもらわなければ。

 

こんないいかげんな県の職員と破棄依頼受けた名ばかりの会社もね。

 

しかし早いねこの年月も。

令和元年ももう直ぐ終わり。

 

この自然もぐるぐると早くなっていくよう。

朝 昼 夕 夜 とあまり感じられなくなった。

早い刻のなかで生きている生き物の自分。




2019 冬

Posted by siun