今の時期は特に火災に用心すること

明日は 令和初の台風となる模様の自然。

 

そういう季節に移ろうとしている6月末。

 

しかし人間も夜はよく眠るね。

 

毎日 毎晩というか意識を失わないと生きてはいけない。

 

だから昨日の嫌なことも疲れたこともほどよく忘れられ今日も前に進めるのかと。

 

今の時期は特に火災に用心すること

 

この湿気の多い時期は

 

トラッキング火災に気を付けなければ

 

トラッキング火災とは

コンセントとプラグの間にホコリがたまり、たまったホコリに湿気を帯びると通電している電気によって発火する現象のこと。

 

これは怖いね、留守の時でも嫌だし、ましては夜中に発火したらとんでもないことになる。

 

特に冷蔵庫の裏のコードとかはそのままだもんね、一度掃除が必要かと。

 

また、よくある火災で

普通にパソコンの延長コードとか余った分ぐるぐる巻きにしてある環境をよく見るけどあれも危険だと。

延長コードを束ねたり折り曲げて使用すると発火や断線の危険性があると確認されている。

 

延長コードは基本的に金属の板を銅線でつないだ構造になっているからね。

金属の板から電気が供給されて、銅線を通って電気が家電製品等に供給されるのだから折り曲げれば曲がった個所に熱が異常に高まる。

 

あと、消火器とか誤って噴出した場合は消化器を逆さまにすると止まるらしいね。

また、揚げ物火災など火が鍋に着火した場合は俗説のマヨネーズを入れるなどせずに火を消してフタをするのが一番と。飛び跳ねて危ないらしいから。

 

火災にならないように気を付けなければね。

たった一つの大切な命も 財産も 息旅の途中で失うのだから。

 

カテゴリー: 2019.6 | 今の時期は特に火災に用心すること はコメントを受け付けていません。

この地域で 今日の12時に震度5とかね。

 

最近自然の驚異に対する報道が多い。

 

地震に水害に台風。

 

地震の場合は緊急地震速報は明日から数秒から十数秒早くなるという。

 

もし鳴ったらドキッとはするけれど

料理で火をつけている場合など対処は揺れの事前に出来るからいい。

 

よく思うのは地震の時風呂に入っていた時に鳴ったら怖いな。

特に髪を洗っているときは目も開けれない。

きっとバタバタすると思うよ。

 

いつか科学がもっと進んでせめて数時間前に震度いくつかが

分かる時代がきたら有難いと思う。

 

この地域で 今日の12時に震度5とかね。

 

この大地の上にいるからには多くの生き物と同じ運命なのだから。

 

みな少しでも安全にかと。

 

さて、季節は少しずつ進んでいく

四季を繰り返しながら。

 

蒸し暑い季節に、今は。

カテゴリー: 2019.6 | この地域で 今日の12時に震度5とかね。 はコメントを受け付けていません。

祇園で強制わいせつ 三千院僧侶の住職父は・・・

 

最近、長く髪を切っていないので夢にでてきた。

 

美容室が。

 

何故か 外国の 美容室。でも女性ばかりで入れない。

 

かなり伸びたし明日は朝から行こうかと。

 

祇園で強制わいせつ 三千院僧侶の住職父は日刊ゲンダイ記者に逆ギレ

 

京都・大原三千院の僧侶が、深夜、祇園で見知らぬ女性の胸を揉みしだいた上、胸元に手を突っ込み、逮捕された。

 

強制わいせつの疑いで20日、京都府警東山署に逮捕されたのは、天台宗「三千院」の僧侶、斉藤容疑者(33)。20日、斉藤容疑者は大阪で酒を飲んで京都に戻り、祇園へ。

 

午前0時35分ごろ、通りすがりの水商売の女性(42)の背後から抱きついて洋服の上から両手で胸を数回揉みしだき、さらに女性の前に回り、胸元に手を入れ乳首を触ろうとしたが、指が届かなかった。女性は「キャー」と悲鳴を上げ、それを聞いた通行人が110番通報。駆け付けた署員に引き渡された。調べに対し、容疑を認めているという。

 

斉藤容疑者は独身で三千院から奥へ10分ほど歩いたところにある、別の寺の敷地内で両親と暮らしている。

比叡山延暦寺を総本山とする寺の住職である60代の父親を直撃すると、声を荒らげ、まくし立てた。

「あんたブン屋さん? (はい)。ぜんぜーん、能力ないね。

(ありがとうございます)。

なんも褒めてへんわ、アホ。けなしとるんや。何のための取材や。どうするわけ、これを? 記事にしてどうしたいの? そんなことされたら困るの分かるやろ。あんた、脅迫してんの? 脅迫してるのと一緒やろ、内容言うたら。警察、電話しようか。『日刊ゲンダイに脅迫されました』と。そんなこと出されたらどうなるか分かるやろ。事実は事実やけどな。そんなこと出して何が楽しいの?

(被害者がいるが)。

気の毒やと思う、確かに。

(女性は恐怖では)。

それはそうや。誠意をもって謝りたい思うけど、オレの気持ちはどうなるの? 普通の気持ちやないで、朝から。

(酒を飲んでるのか)。

飲んでます。酒飲まなやってられへん、そんなもの。もう、どうにもならん。知れ渡る。まぁ、出したいんやったら、出したらいいけど。事実やから」

親子そろって「煩悩の塊」のようだ。

 

 

しかし呆れた坊さんの親子だ。

 

この寺にお参りに来ている方たちはもう来ないだろうね。

 

敬うような気品のかけらもない変態坊主。

 

煩悩も抑えられない坊さんじゃここの仏さまも悲しいだろうね。

 

誰か気質ある方と変わらないと本当に潰れてしまうよ。

 

だれか言っていたよ

神社とかお寺は昔の人が作った発明品だと。

 

みなのこころを穏やかにする聖地だとね。

 

 

カテゴリー: 2019.6 | 祇園で強制わいせつ 三千院僧侶の住職父は・・・ はコメントを受け付けていません。