生きている時代のブログ - パート 10

新型コロナウイルス

中国で感染が拡大している、新型コロナウイルスによる肺炎が危険!

中国で発生した「新型コロナウイルス」による肺炎の患者が、日本で確認された。

中国と日本以外にも、タイ、韓国で感染者が確認されている。

感染源とみられる武漢市の「華南海鮮卸売市場」は1月1日に閉鎖。

同市では、198人からウイルスが検出され、中国人3人が死亡した(20日時点)。

市場で扱われる “鳥獣” が感染源とされる点は、2002年に中国でコウモリを起源に発生、700人以上が死亡した「SARS」と同様だという。



「死亡者は、持病が原因で肺炎が悪化した可能性が高い。

医師は「人から人に感染している可能性が非常に大きい」と指摘し
感染が爆発的に広がる恐れもあるとし、感染範囲の特定などが急務だと訴えた。

また、1月25日には、中国の “春節” があり、70万人以上が来日するという。例年なら、嬉しい悲鳴が聞こえるはずのデパートからは、こんな声が。

” 「うちの職場はマスクNGなんです」 ”

「新型肺炎」にデパート店員が悲鳴「マスクを許して!」と。




ホントに人災だと思うよ。

初動の情報開示が極めて重要なのにひたすら隠すいつもの体制。

これでは被害はどこまでも拡散する。

 

こんな時もデパートの店員にマスク着用させないとか上役は間抜けの所業。

 

ウイルスを通しにくいダチョウの卵のマスクとか専用のマスクもあるのに。

普通のマスクではウイルスは通るけど

高温多湿にウイルスは弱いから効果はあるらしいのにね。

 

この大地で人間も

わずか

直径が約0.1μm(ミクロン:1μm は1mmの1000分の1)のウイルスに脅かされている状況。

この小さなウイルスでも感染し増殖し体内で集団化すると人間もやられてしまう。

人から人へ感染すると分かっていての情報操作にはあきれ果てる。

 

この時期の移動も国外へは出ないでほしいね。

みなの命を守るために 時期を考えてと。




大河ドラマ

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」(主演長谷川博己)が19日、スタート

2週間遅れたが期待している大河「麒麟がくる」が始まった。

何せ 昨年の大河はほとんど見なかったから1年ぶりの大河に期待している。

特に明智光秀が主人公とか

その時代の光秀の想いが感じれていいと思う。

みなその時代では各々の誇りで生きていたと思うから。



さっそく昨日TV見たがネットニュースでは

極彩色の世界観に、ネット上では「明るくていい」「目がチカチカする」など賛否が寄せられた。

登場人物は原色の衣装に身を包み、農民たちの衣装も色とりどりでカラフル。

黒沢明監督の長女で、衣装デザイナーの黒沢和子さんが衣装を手掛け、4Kカメラでの撮影が映えるビビッドな色遣いを実現させた。

制作統括の落合将チーフ・プロデューサーは「庶民も含め、いつ死ぬか分からない時代なので、町なかが平穏な時はそういった(カラフルな)衣装を着ているという時代考証に基づいて演出している」としている。と。

 

観ていて明るさは感じたけどとても綺麗で良かったと思うよ。

カメラのアングルも現代の大河を表していて楽しめる。

 

自分たちが戦国時代はカラーも無かったかのように思うわけで

実際は空や山は今と変わりなく美しく人々も血潮巡らせ生活していた人々だもの。

当たり前だけどカラーで生活していたのだから。

 

それにしても今回の明智光秀でも想う。

人はどう死んだかではなく

どう その人 らしく 最後まで生きぬいたかということ。

 

そこに その時代で生きぬく

生かされ 生きぬいた 自身らしさの旅が

自然の中で しっかり歩いた足跡も 見られるというもの。

 

自身らしさを求めての 出逢い 想いの旅は数十年続く。

 

今後の大河の展開に期待かと。




人気ブログランキング