生きている時代のブログ - パート 10

新型コロナウイルス

元旦から58日目の日

令和2年となっても世の中が騒がしく窮屈に感じる日々。

 

旅行とか人の集まる場所には行けないとか外食だって気になる日々。

 

イベントも無くなりつつある。

コンサートやスポーツ観戦も出来なくなる状況。

 

みながコロナの現状を息をのんでこの先の行方を見守っている。

 

我々生き物は呼吸して生きているからね。

数分でも息できなければこの大地から消えてしまうのだから。

 

目に見えないっものに怯える現代は明らかに自然との節度を忘れている証拠。

 

高い山に登って青空のもと大きく呼吸したいね。

ふ~っと。



コロナ検査 実際は1日平均900件

 

加藤勝信厚生労働相は26日の衆院予算委員会で、18~24日の7日間に実施した新型コロナウイルスの検査件数が約6300件で、1日平均約900件だったと明らかにした。

 

政府は最大で1日約3800件の検査が可能と説明していたが、実数はそれを大きく下回っていた。

 

質問した立憲民主党の枝野幸男代表は「検査してもらいたいのに放っておかれているとの声があがってくる。わが国が持っている資源をフル稼働できていない」と批判した。

 

加藤氏は「3800件は最大限可能な数字だ。

いわば供給力で、需要は別途出てくる」と釈明。

 

その上で検査の実数が少ない要因として「最初は『地域縛り』ということで(中国)湖北省とか(に滞在していた人の検査を優先する)ということだった」と説明した。

 

「しっかり調査し、(検査が)できる環境を作っていく。医師が判断すれば(検査できる)と通知を出した」とも語った。と。



 

大変な状況が続いている。

 

国内でもあちらこちらでどこでも市中感染が起きている状況。

 

もうどこでもコロナは存在しているのが分かっている。

 

早く検査出来て重篤にならないような仕組みを作らなければ。

 

感染拡大をできるだけ阻止させなければ。

 

みな研究者は急いでいるんだろうけど。

 

現状を怯え見守る生き物たちかと。

 





 

世の中がコロナで混乱している。

 

この始まりは

あの初めの大移動を抑制していればこんなに酷くはなかったろうね。

WHOとかもっと危機感のある団体と思っていたのに

今回で全く頼れない名ばかりの団体だということがよく分かった。

 

クルーズ船での対応も大変だろうけどお粗末な面も目立った。

医療チームも自分らは検査もせず下船するなど何を考えて名乗っているんだろうと思うよ。

感染に無知な集団かと。



 

それにしてもマスクもまだ品薄だ。

75億のこの大地に生きる人々が今まであまり見向きもしなかったマスクに目の色変える。

 

感染がこれ以上に進まないようにと。

人はいずれ誰もが死ぬのは宿命。

でもこんな形で感染させられ亡くなるのは納得出来ないね。



乗ってないし… オイル交換しないとどうなる?

クルマの「血液」劣化のリスク

エンジンオイルは走行距離1万~1万5000kmごと、または1年ごとなどと、定期的に交換することが自動車メーカーから推奨されている。

 

しかし、車検まで交換することがないという人もいるかもしれない。

エンジンとエンジンオイルの関係は、人間でいう心臓と血液にたとえられることがあるが、オイルをそのままにしておくことには、どのようなリスクがあるのだろうか?

ごく単純にいうと、(オーバーヒートなどを起こし)エンジンが壊れる可能性があるという。




 

それでは

あまり乗っていないくても、交換したほうがよいのだろうか?

 

はい。エンジンオイルは量が減らなくても酸化し、本来の性能が損なわれていきます。と。

オイル効果安しないと↓

車にとってオイル交換は重要だもの。

 

自分の車も毎年2回しているからか10年近く経ってもエンジンの調子はいい。

 

長く調子よく乗るのなら絶対にオイル交換はしないとダメだもの。

 

忘れずに気を付けましょう。