新型コロナウイルス | 生きている時代のブログ

新型コロナウイルス

元旦から58日目の日

令和2年となっても世の中が騒がしく窮屈に感じる日々。

 

旅行とか人の集まる場所には行けないとか外食だって気になる日々。

 

イベントも無くなりつつある。

コンサートやスポーツ観戦も出来なくなる状況。

 

みながコロナの現状を息をのんでこの先の行方を見守っている。

 

我々生き物は呼吸して生きているからね。

数分でも息できなければこの大地から消えてしまうのだから。

 

目に見えないっものに怯える現代は明らかに自然との節度を忘れている証拠。

 

高い山に登って青空のもと大きく呼吸したいね。

ふ~っと。



コロナ検査 実際は1日平均900件

 

加藤勝信厚生労働相は26日の衆院予算委員会で、18~24日の7日間に実施した新型コロナウイルスの検査件数が約6300件で、1日平均約900件だったと明らかにした。

 

政府は最大で1日約3800件の検査が可能と説明していたが、実数はそれを大きく下回っていた。

 

質問した立憲民主党の枝野幸男代表は「検査してもらいたいのに放っておかれているとの声があがってくる。わが国が持っている資源をフル稼働できていない」と批判した。

 

加藤氏は「3800件は最大限可能な数字だ。

いわば供給力で、需要は別途出てくる」と釈明。

 

その上で検査の実数が少ない要因として「最初は『地域縛り』ということで(中国)湖北省とか(に滞在していた人の検査を優先する)ということだった」と説明した。

 

「しっかり調査し、(検査が)できる環境を作っていく。医師が判断すれば(検査できる)と通知を出した」とも語った。と。



 

大変な状況が続いている。

 

国内でもあちらこちらでどこでも市中感染が起きている状況。

 

もうどこでもコロナは存在しているのが分かっている。

 

早く検査出来て重篤にならないような仕組みを作らなければ。

 

感染拡大をできるだけ阻止させなければ。

 

みな研究者は急いでいるんだろうけど。

 

現状を怯え見守る生き物たちかと。

 





 

新型コロナウイルス

 

休みの昨日は陶器の茶碗を買いに行く。

 

車で狭い道に入りこみとにかく田舎の路地をゆっくり走る。

 

やっと見つけた店というか倉。

 

古風な店内に入り並べてある陶器のコーナーを一つ一つさわり確かめる。

 

やっぱりこの手触りは独特でいいね。

自然の土で作られたものの尊さを感じた。

色のいい少し大きめな茶碗を購入した。

 

帰りのスーパーでは恵方巻を買った。

季節ごとの楽しみかと。




日本からの支援物資に書かれた言葉が中国で感動呼ぶ

新型コロナウイルスによる肺炎感染の影響で、現在中国の多くの地域でマスクや体温計、防護服など医療物資が不足している。

日本の各界から支援物資が贈られていることに、中国のネットユーザーからは「雪中に炭を送ってくれた」と称賛のコメントが寄せられており、日本の温かい支援に感動するユーザーが多く、日本への友好の気持ちを伝えるものも多い。

報道によると、茨城県水戸市は1月28日、友好都市の重慶市へ医療用マスク5万枚の寄贈を決定し、同日中に重慶に向けて発送したという。

また、広島県と広島市は四川省や重慶市にマスク10万枚を支援した。と。




ホントに大変な時は助け合いは絶対に国の垣根を越えて助け合わなければ。

お互い血潮が通う人間だもの。

 

暖かい気持ちは持ち合わせているのだから。

損得は無しかと。

早く解決してほしい ウイルス群の逆襲自体は。