Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

NHK武田真一アナ 最高位のアナに昇格

 

早いもので5月も最後の土日

昨晩は仕事帰りに電車に乗った。

 

 

丁度先頭の座席が空いて座れた。

 

運転手さんが目の前
前面に広がる風景も車で見るような感じだ。

 

早く流れてくる線路やすれ違う電車

駅のフォームでは人が順序良く立ち並ぶ風景。

 

でも最近、人身事故も多いので少し緊張する風景でもある。

 

みなが生死をかける必死な場所でもあるのも現実。

 

 

でも、これだけは言える

 

理想ではなく、どんなに辛くても苦しくても自身でこの息道止めてはならない。

 

それがこの大地に奇跡的に生まれた生き物の宿命だから。

 

最後までもがき生きるのが宿命。

 

 

そうやって生き抜いて、最後の空間では全てを手放し逝けばいい。

 

それまでは耐えて、耐えて、耐えて、耐えて、踏ん張る。

 

 

この一部の人の作った社会の区別の仕組みで自身が戸惑っても、そんなのは命よりだんぜん軽い物。

そんなものより大切なものがあるはず

 

 

生きて行くには当たり前という一つの道ではないから。

 

 

自身が頑張り生き続けたならそれは尊い生き物の一生となるはず。

 

 

運転手さんは指差し確認しながら真剣に仕事されている。

 

自分は客なのでぼんやりでいいけど

緊張するだろうな~安全運転、多くの人にも見られて

「お疲れ様です」と思った。

 

 

 

NHKは26日、都内で6月9日付の管理職異動を発表。

局の顔といえる4人の男性アナウンサー&キャスターが昇進することが明らかになった。

 

昨年の紅白でのゴジラ実況やPPAPでのコラボで話題となり現在、「クローズアップ現代+(プラス)」のキャスターを務める武田真一アナウンサー(49)も。

 

この人は凄いと思うよ

 

何が凄いかと言えば、気品さと想いが滲み伝わる。

 

情報伝えるだけでなく、聞く見る人への安心感への配慮。

 

これは技術とか形だけではできないもの。

 

 

本当に人への想いがなかったらできないこと。

 

 

凄いな~と思うよ、外へ伝える愛情は

心優しい、こういう方が

これからもずっとTVの顔であってほしいと思う。

 

 

他のTVの前の自己本位の顔はいらないから。