Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

“認知症の父”高速PA置き去り 46歳の娘を逮捕

 

寒い 寒い 朝起きての新聞受け取りの1階。

 

もう11月の月末。

 

季節は確実に移ろうとしている。


“認知症の父”高速PA置き去り 46歳の娘を逮捕

 

認知症とみられる高齢の父親を置き去りにしたとして、46歳の娘が逮捕された。

保護責任者遺棄の疑いで逮捕された、滋賀・大津市の容疑者(46)は、11月22日、兵庫・神戸市の中国自動車道・赤松パーキングエリアに、認知症とみられる父親(79)を置き去りにして、立ち去った疑いが持たれている。

パーキングエリアにあるコンビニエンスストアの店員が、名前や住所を言えず、1人で徘徊(はいかい)していた父親を見つけて、警察に通報した。

父親は、警察に対し、「滋賀から来た」と答えたほか、娘の名前や職場などを話したことから、田中容疑者を割り出したという。

容疑者は、父親と2人暮らしで、調べに対し、「自分で面倒を見るよりも、保護されて施設に入った方がいいと思った」と容疑を認めている。と。

 

なにか寂しい悲しい時代になったね。

 

今や生活していく上でも大変な時代になった。

 

理想通りにいかない社会。

 

施設へも入れずに家庭でも人が足りず途方にくれる方も多いと思う。

 

今回、娘さんがやったことは人としていけないことだけどもっとこの社会が受け皿を明確にしなければ。

 

国会での議論もずれっぱなしの足の引っ張り合いではこの国の先も知れている。

 

人が人として生きて行く時代はもはや幻想なのかい?。