Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

残るは一誌のみ…「小学一年生」-「小学六年生」などの部数動向(2018年7-9月分)

 

久々に電車に乗る。

 

混雑の中、途中で座席が空き座った。

 

やっぱり不安定な揺れ立ちは疲れるもんね。

 

座ったら隣の男性のイヤホン漏れのシャカ音が結構気になる。

 

本人も気になったのだろうか音を下げた。

 

聴力検査でもあるけど高音は安眠出来ないもんね。

 

ウトウトしながらの電車旅。

 

今日は風も強く落ち葉も舞う道。

 

季節は少しずつ変わろうと。


残るは一誌のみ…「小学一年生」-「小学六年生」などの部数動向(2018年7-9月分)

 

「小学●年生」で現存しているのは、現時点では「小学一年生」のみ。経験則から死活ラインとなる5万部切れすら2017年10-12月期では生じてしまい、先行きは明るいとはいえない。

 

該当雑誌各誌でも付録の充実化やインターネットとの連動企画の積み増し、現在の子供の趣向にマッチした特集記事の展開やイベントの実施など、努力を重ねているのは間違いない。

 

直近期における前期比、つまり季節変動などによる影響がありうる動向は、「小学一年生」ではマイナス14.6%となり、非常に大きな下落。季節変動を考慮した上での変化が分かる前年同期比はマイナス9.6%で、低迷感は否めない。「妖怪ウォッチ」特需による部数底上げの影響はすでに無く、再び慢性的な下落基調に転じている。

 

 

少子化だけの問題ではないらしい。

 

今やスマホ タブレットが主流になったせいもあると思う。

 

でもあの雑誌のぬくもりを無くすのはもったいないね。

 

デジタルは充電しないと見れないけれど本はいつでも手に取りどこからでもアナログに読むことが出来る。

 

今や本屋も減ったと実感する社会。

 

全てがデジタルになったら寂しくなるだろうね。

 

きっと。

 


 

 

 

日本の若者はなぜ安定した人生を望むのか?中国メディアが分析

 

頑張る自分が今日は強かった。

 

午後からは真剣状態で緊張感いっぱいの業。

 

終わって帰りの薄暗い空見上げてほっとした。

 

ふ~っと。

 

まあたまには大変なこともあるさと。

 

もう11月21日かと。

 

何か1日が早く過ぎていくように感じる晩秋。

 

ままに ままに 気を暖かくして 今を。


日本の若者はなぜ安定した人生を望むのか?中国メディアが分析

 

日本の若者はなぜ安定した人生を望むのかと中国メディアが疑問を投げかけた。

生活が平均化され、野心を抱く若者が少なくなったことが背景にあると分析。

また人前に出ることを嫌う特性から、失敗を恐れているのではと指摘した。

 

日本の若者はなぜ起業しないのか「人の前に出ることを嫌うから?

 

日本について、「日本人の若者はなぜチャレンジ精神に乏しく、安定した人生を望むのか」と疑問を投げかけた。

 

日本企業には多くのビジネスチャンスがあったにも関わらず、「それをもって起業し、成果を残すような若者が現れなかった点に問題があるのではないか」と主張した。

続けて、近年日本では起業する若者が少なくなる一方、都市部の企業に就職先を見つけ、そこで一生を終えようという「リスクの少ない安定した生活を求める傾向にある」と指摘した。

こうした傾向の背後には、「高齢化社会」があるとし、市場もシニア世代へとターゲットが移行していることや、人々の生活が平均化されたゆえに野心を抱く若者が少なくなったこと、また「恥じらいを持ち、人の前に出ることを嫌う日本人の特性」ゆえに他人の評価を過度に気にし、失敗を恐れる若者が増えているのではないかと分析した。ー中国メディア

 

まあ日本人の今の特性とまでは決めつけられないとは思うけども今の日本社会では多少はそうかもしれない。

 

会社でも管理職を望まず早く家に帰ってネットや趣味で楽しみたいという若者も多いという。

 

ほどほどのお金をもらってマイライフを充実。

 

日本は経済大国目指して歯を食いしばって突き進んできた昭和という時代があった。

 

一番を目指した熱き時代。

 

今は飽和状態で安泰を求める時代へと変化。

 

ネット化が進みTVの時代から個々の趣味の世界へと変わった。

 

中国は今、昔の日本と同じく必死の時代化でみな上を目指している。

 

でもこの人間社会はいつの時代も揺さぶられるね。

 

あの時代もこの時代も先の時代も。

 

人は、

 

おのおのが幸せと思える時代にそれぞれの多様の価値観で生きれるのがこの数十年の生き旅にはふさわしいと思える。

 

ままに ままに 最後の空間まで 自然にままにかと。


 

 

 

 

 

 

 

 

<国交省>操縦士飲酒でJAL、ANAに立ち入り・処分検討

 

この時期は何かと忙しい。

 

それに夕は早めの暗闇がおそう。

 

帰りは真っ暗の中を買えるんだけれどまだ時刻は6時なのに。

 

当たり前だけど電灯はありがたいね、この灯りにホッとする。

 

この灯りがあるから夜の団らんも楽しめるのだから。


<国交省>操縦士飲酒でJAL、ANAに立ち入り・処分検討

 

<国交省>操日本航空や全日空でパイロットの飲酒による航空機の遅延などが相次いだ問題で、国土交通省は20日、酒気帯びの数値基準や乗務前のアルコール検査義務付けに向けた有識者検討会の初会合を開いた。飲酒に関する基準を年内をめどに整備する方針。

 

日航では10月末、酒気帯び状態でロンドン発羽田行きの便に乗務しようとした副操縦士が英国警察に逮捕された。全日空でも10月下旬、子会社所属の機長の飲酒により国内線5便が遅延した。

操縦士飲酒で12便遅延 乗客には「体調不良」と。

 

日航の内規は、乗務開始前12時間以内の飲酒を禁じるとともに、乗務前の呼気検査を受けるよう定めている。

 

問題を受けて日航が調べたところ、呼気1リットル中0.1ミリグラムの社内基準を超えて感知器が反応したケースは19件あり、12便で遅延が発生していたことが判明した。 とも。

 

大空では命を預けるしかないもんね赤子のように。

 

ほとんど自動操縦かもしれないけれど酔った頭でいろんなボタン押されても困るしね。

 

今やタクシーでもバスでも乗車前にはアルコールのチェックがあるのにね。

 

この大空を飛ぶ飛行機が点検もなく自己責任で操縦させていることを知って呆れた。

 

安全第一という崩れかけた神話。

 

やっぱりどこか肝心なことが抜けている社会。

 

これから飛行機に乗るときはさらに命がけかと。