Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

小6女児2人が飛び降り死亡、明らかになってきた命を落とす直前の2人の様子 愛知・豊田市

Pocket

 

龍神様?

 

高い山での見上げる大空には流れる大きな龍のような雲。

 

スマホで写すと綺麗な光も。

日は過行く速度を上げてかのように。

 


小6女児2人が飛び降り死亡、明らかになってきた命を落とす直前の2人の様子 愛知・豊田市

 

12日、愛知県豊田市で卒業を間近に控えた小学6年生の女の子2人が、マンションから飛び降り亡くなった。命を落とす直前の2人の様子が徐々に分かってきた。

2人の女の子がマンションから飛び降り、死亡してから2日。近所の人たちからは2人をしのぶ声が聞かれた。

「小さいときに、ここの道路でお父さんが自転車に乗せたり、練習していた」(近所の人)

家族と仲良く遊ぶ様子も目撃されていた2人。

一方で別の近所の男性は、普段手を挙げてあいさつを返してくれていた2人が、飛び降りる直前は「落ち込んだ表情で返事をしてくれなかった」とも証言。

 

捜査関係者などによると、2人が死亡したマンションの踊り場に残された遺書のような十数枚のメモには、2人が具体的ないじめの被害を訴えるような記載はなかった。

 

また、教育委員会によると、2人のうちの1人は、周囲に「死にたい」と普段から漏らすことがあったが、担任からは、深く悩んでいる様子はみられなかったと。

 

2人はなぜ飛び降りたのか、理由はまだはっきりしません。2人が通っていた小学校では14日夜、6年生の保護者会を開き、これまでわかっている経緯や今後の対応などを説明する予定です。と。

 

本当に悲しい出来事だね。

 

この子たちの死は時間を止めても助けてやりたかった。

 

もう小6とも言えばいろんな事も周囲への助けを求めることだって出来る年頃なのに。

 

この子たちは今を生きることを拒んだ理由とは?

 

二人で瞬間的に感情的になったのだろうか。

 

でもここに感じ入る周囲の人の手助けがあったならばと思う。

 

どうしようもないこともあるけれどこの結果だけでは儚い。

 

 

子供たちに想う。伝えたいこと。

 

いいかい この奇跡的に生まれた世界は 赤ちゃんの時に悟ったろう

 

どんなに泣き叫んでも自分の思い通りにはいかない現実を知ったろう

 

おんぎゃあ~ おんぎゃあ~と泣き叫んでも何一つ変わらない社会を

 

そうして悟りながら今を生活しているだけでなく 何かに生かされていることを知る不思議さを感じながら歩いていく息道。

 

当たり前のように学校でも点数比べの区別を肌で感じる時代も知る。

 

そうやってこの数十年の息旅を少しでも楽して生きれるようにみな自身の目標を決めながら頑張り続ける時代 その時代 時代に足跡残しながら。

 

人は

最後の最後の空間までは自身でこの息道は止めてはならないのがこの大地に生きる生き物の宿命。

 

どんなに生き恥さらしても どんなに悲しく辛くとも たとえこの体の一分が無くなってもこの血潮の鼓動が続く限りは生きなければならないのがこの大地に奇跡的に生まれた者の宿命なのかと。

 

どんなに弱くてもいい 弱虫でもいい こつこつ人のために行動をおこない 大切な人を想いながら 自分探しのこの今の空間は、かけがえのない次への尊い命の架け橋の旅となるよ。

 

それが人の生きる証。生きている理由。

 

偉い大人とか関係ない。

 

あなたのあなたの個々の生きざまが最高の形。

 

この人の作った社会には命を投げ出すほどのものは何もないよ。

 

人が作った形ある物やお金だっていずれは消えゆく幻。

 

どうにか食べて生きてはいけるもの。

 

自身は生かされ生きていることを

意識すれば

大空の風に動く雲を 肌に感じれるはず。

 

どんなに打ちのめされてもまた立ち上がれる

強いよ、この大昔から繋がっているこの血潮と鼓動はね。

 

みなの力が受け継がれているからね。

 

一人の力ではないのだから。

 

さあ何かを求めて歩き出そう 自分を信じて。

 

今を自然を感じながら未来へと想いの旅を。