Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

成人向け雑誌」の販売中止を決定 「取り扱いをやめる方針はない」から一夜明け一転

Pocket

 

めくるめくとは日の流れの速さ。

 

もう今年も22日も当たり前のように駆けてきたよう。

 

1日も早いね、朝が来て 昼が来て いつものような

暖かい憩いの夕が来る。

 

この夕から夜があるから自身の自由が取り戻せるもの。

 

毎日が人と集合するたびにストレス社会だもの。

 

目配り 気配り とか いろいろ大変、人間社会も。

 

久々数年ぶりにスーツを買う。

 

でもうまいね、店員さん。初めは店頭にある1万ぐらいのでいいかと決めようとすると奥の高いものを試着と。

 

断りつつ、紺系のブランドについ袖を通すとこれがやっぱり心地よい。

 

軽くてなんともフィットする着心地に負けてしまった。

 

そんなのは当たり前なのについ買ってしまった高いスーツ。

 

まあ以前のは5年ほど経つしと財布の中を見ながら納得する弱さ。

 

まあ出来るだけ大切に着ろうかと。


ファミリーマート「成人向け雑誌」の販売中止を決定 「取り扱いをやめる方針はない」から一夜明け一転

 

大手コンビニエンスストアチェーン「ファミリーマート」は1月22日、「2019年8月末日をもちまして、原則、全国のファミリーマート店舗にて、『成人向け雑誌』の販売を中止いたします」との意向を発表しました。

 

「セブン-イレブン」および「ローソン」が相次いで成人誌の取り扱いを中止する発表を行う中、1月21日時点では「取り扱いをやめる方針はありません」との回答をしていたユニー・ファミリーマートホールディングス。

1月22日に決定したという販売中止の理由については、「2018年4月から直営店を含む国内約2000店で取り扱いを中止しておりますが、これをさらに拡大いたします」

「女性やお子さまのお客さまに、安心してお買い物をしていただける店舗づくりをさらに進めるとともに、2020年のオリンピック・パラリンピック、2025年の大阪万博等の開催を控え訪日外国人の大幅に増加していること等を踏まえ、中止することといたしました」と明かしています。と。

 

当たり前の社会に少しはなったね。

 

健全と理想掲げて本音は儲けばかりでの店舗では子も近寄れないもの。

 

ある意味みなが集まる公共の場では不要なものも多くある。

 

わざわざ見せなくても触れさせなくてもいいものが多いもの。

 

ネットは個人責任とか理想上ではね。

 

善から悪までの情報がごちゃごちゃの理想の個人責任という社会だもの。提供する側は儲けのことしかなく叩かれると形を変えて繕うだけだもの。

 

健全な世の中にとね。

 

みなよくよく騙されないようにと警戒しながらのネット利用で調度よい社会。

 

そこらじゅうにごきぶりホイホイみたいな一度入ったら大切なお金をも奪うデジタル玉やコイン屋が駅前にも隣接する社会。

 

朝のテレビCMからも甘いものちらつかせ借金まみれの穴に落ちれば自己責任といういつもの社会。

 

誰も助けてはくれない本当の意味でのこの人間社会の仕組み。

 

怖いね、笑顔の目の向こう。

 

そうやってみな穴に落ちないように気を引き締めて歩いている。

 

よそ見しないようにね。

 

落ちないようにね。