Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

インドネシア津波、死者373人に

Pocket

 

毎日が早く過ぎていくように感じる年の瀬。

 

もう12月25日にもなった。

 

早いな~この12月。

 

いつものようにクリスマスが終わると今年も最後だもの。

 

昨日は掃除をしっかりしたので迎える気も良い。

 

早めに山の神社に行ってお守りも買った。

 

お金も少し多めに財布に入れたしあとは大晦日から正月までの美味しいものを楽しむだけか。

 

こうやってそれぞれの年越しを迎える年末。

 

みなこうやって平和な時代を空を見上げ

存続出来たらいいね。


インドネシア津波、死者373人に。

 

チャリタ(ジャワ島西端)共同】インドネシアのスンダ海峡で発生した津波で、国家災害対策庁は24日、少なくとも373人の死亡を確認したと明らかにした。行方不明者は128人、負傷者は1459人に上った。

 

10月にも災害にみまわれたインドネシアの地域。

 

本当にこんなことになって辛すぎると思う。

 

地震の揺れもなくいきなりの津波では逃げようもなかったろう。

 

自然はままに うねり動きの調和をとろうとするだけ。

 

この大地の上で生きるものはなんとか生きていくしかないもんね。

 

地球の7割を占める海。

 

その3割の浮き上がる島で生きていく以上覚悟も必要なのか。

 

この日本では何もないようにいつものように平和が当たり前とスマホ見ながら今日も過ごす多くの人々。

 

今を生きている70億の世界の人々が新しい年を気持ちよく迎えられたらいい。特に子供たちには。

 

泣いている 震えている 怯えている 人も多くいる現実社会。

 

多くのみなが祈るしかない世界事情。

 

そんな社会ではないような仕組みにしなければ。

 

出来るのにそうはしない社会とは?