Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

リスクを承知での命がけ生活空間

Pocket

 

しかし凄いね 今日の雨と風

 

春の嵐

 

帰り道では傘も折れて吹き飛び、ずぶ濡れ

 

頭から土砂降りの雨をかぶって歩いた

 

でも、そんなに寒くはなかった

 

やっぱり自然は、この大地の上で一番と感じた日

 

 

この間の

 

神奈川県川崎市の踏切で15日、2人が電車にはねられ死亡した事故

 

40秒以上も踏切内にとどまっていた高齢の男性を、

 

電車が来る2秒前に踏切に入り、外に出そうとしていた男性も亡くなった

 

40秒もの間、誰も助けられなかったのか、残念

 

 

実際の現場の事は分からないけど

 

この助けに入った勇気ある男性

 

普通、電車の来る直前で助ける勇気がある人は少ないと思うよ

 

 

電車も車も鉄の塊は急には止まらない

 

その場所を人は日々、子供からお年寄りまで行き交うもんね

 

そこには安全神話などない

 

 

安全な生活道路とは?

 

今日も、リスクを承知での命がけ生活空間を行き交う

 

自分は大丈夫と思う人々たち。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です