Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

「平成の〇〇離れ」トップ3は「たばこ・新聞・ギャンブル」

昼は暑いようでも夜は肌寒い今。

 

土曜も仕事していると日にちの感覚がなくなるのか。

 

でも帰りのスーパーのレジの笑顔の女性の声で蘇る今日。

 

駅の水平飛び舞うツバメに驚きながらも前を進む。

 

いつもの自然に大空見上げる帰り道。

 

「平成の〇〇離れ」トップ3は「たばこ・新聞・ギャンブル」

 

自分にとっての「平成の〇〇離れ」について該当するものを複数選択で聞くと、最も多かったのが「たばこ」の33.8%で、2位の「新聞」(20.5%)に10ポイント以上の差をつけてトップになった。

 

以下、「ギャンブル」(19.0%)、「ゴルフ」(17.2%)、「恋愛」(17.0%)、「車」(14.6%)が続いた。「たばこ」離れについては男性の39.5%、女性の25.3%が該当すると回答しており、男女を問わずトップにランクインした。

 

反対に、本当は「平成で〇〇離れしたくなかったもの」について聞くと、最も多かったのは「車」の9.3%で、以下「恋愛」(7.9%)、「ゴルフ」(5.7%)、「新聞」(4.9%)、「結婚」(3.8%)の順で続いた。

 

また、前問でトップだった「たばこ」は全体の6位にランクインしたものの、「たばこ離れをしたくなかった」と回答した人は2.9%(男性3.7% 女性1.6%)にとどまっている。

 

一般社団法人日本たばこ協会が4月に発表した「2019年度3月分の紙巻たばこ販売実績」によると、3月の紙巻たばこの販売数量は前年同月比12.7%減の102億本。2016年3月の販売数量は165億本だったものの、2017年3月に137億本、2018年3月に117億本と減少が続いている。

 

3月の紙巻たばこの販売代金は、前年同月比5.5%減の2,393億円だった。過去の推移は2016年3月が3,509億円、2017年3月が2,956億円、2018年3月が2,533億円で、販売数量の減少にあわせて販売代金も減少傾向が続いている。と。

 

やっぱりタバコの害は凄いもんね他人へも健康被害。

それに価格も高騰したもんだからやめる人も多くなったと思う。

 

依存より勝った結果にほっとする。

 

しかし新聞というのは少し寂しいかな。

 

今やデジタルの生の情報社会だからか。

 

お金払ってペーパー読む人も少なくなったんだろう。

 

もう直ぐの未来では立ち行かなくなるかもしれない新聞。

 

時代は変化を与える新聞配達というありがたい形にも。

 

令和元年の6月15日の今。