女子高校生にわいせつ行為か 京都の現職警察官逮捕

 

朝から寒いのは気のせいではないよう。

1日の業を終えての帰り道は薄暗く寒い。

 

帰りのスーパーもお客も少なくレジ待ちの店員さんが少し暇そうな表情。

 

足早に買い物済ませた。

 

寒い時はやっぱり鍋がいいね、身もこころも暖まる。

あ~遅くも今週もやっと自由な空間がやってきたと何かと頭の中は忙しい明日の事で。

・女子高生痴漢容疑で逮捕、不起訴の男性技師を停職4カ月 千葉市

千葉市は26日、電車内で女子高校生の尻を触ったとして、千葉県迷惑防止条例違反(痴漢)容疑で同県警船橋東署に逮捕された同市建築管理課の男性主任技師(35)を停職4カ月の懲戒処分にした。

 

・女子高校生にわいせつ行為か 京都の現職警察官逮捕

強制わいせつ致傷の疑いで逮捕されたのは、京都府向日町警察署・交通課の警部補、容疑者(34)です。

京都市北区の路上で帰宅途中だった女子高校生(16)の下半身などを触り、倒してけがをさせた疑いがもたれている。

 

・セクハラ疑惑の前町長 強制わいせつ容疑で書類送検

女性に無理やりキスしたなどとして、セクハラ疑惑で不信任決議を受けて失職した群馬県みなかみ前町長が強制わいせつの疑いで書類送検された。

・酔った町議がセクハラか 叱責されガスメーター破壊

議員は19歳の女性アルバイト従業員の腰の辺りを何度も触ったとされている。磯貝議員は妻子ある43歳。

 

・「何年生?」と声掛け 女子児童の胸を…45歳男逮捕

容疑者は1日、葛飾区のマンションの階段でこのマンションに住む小学校高学年の女子児童に「何年生?」と声を掛け、服の上から胸や尻を触るなどわいせつな行為をした。

 

毎日、毎日のようにばかなハレンチ男が報道に。

 

どうしてそこまでなるのか性癖の問題だけなのか信じがたい内容。

 

こんなに毎日有識者までもがハレンチ行動に出るともはや男という生き物は全てが野獣かと思わせられる。

 

こんなんでは小さい子はたまらないよ、気持ち悪くて。

 

変な本能だけが優先してしまう男性はもうこの先の息道は寂しいものになることを強く自覚せねば。

 

できないのなら塀の中か治療を受けなければ。

 

人間は愚かな部分もあるけれど 先を想像し 想い描いていくことのできる賢い部分もあることをくれぐれも忘れないように。

 

変なネットばかりに浸っていると現実も仮想の境界線もあやふやで分からなくなるよ。

 

もったいないよこれから先、自分が壊れていくよ。

 

よくよく考えねば、被害に遭う女性が自分の家族だったらどう思う?、痴漢とかばかな行為は出来るはずないし気持ち悪いよ 人として。

 

しかし猛烈な台風26号は凄い勢いで進んでいる。

被害が少ないことを祈るしかないのかと。

カテゴリー: 2018.10 パーマリンク