Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

本庶氏にノーベル賞=がん免疫療法開発―医学生理学、2年ぶり

目が回る まわる ぼーっと。

 

とにかく忙しい1日だった。

 

次々といろんな業が重なった日。

 

人はそんなにいくつも同時に大変な業はできないと思う。

 

久々の実感。

 

帰りのまだら雲のなかにきれいな青空が見えてほっとした。

 

公園前には多くの子供から大人まで集う。

 

疲れた1日だったけれど まあ ままに ままにやり過ごす。

 

夕はシチューを食して暖まる。

記事には、

本庶氏にノーベル賞=がん免疫療法開発―医学生理学、2年ぶり

スウェーデンのカロリンスカ研究所は1日、2018年のノーベル医学生理学賞を、がんの免疫療法を開発した京都大の本庶佑・特別教授(76)と米テキサス大のジェームズ・アリソン教授(70)に授与すると発表した。

研究に基づいて新薬が開発され、人間が本来持っている免疫力を使った新たな治療法として期待されている。

 

日本人のノーベル賞は16年の大隅良典東京工業大栄誉教授以来、2年ぶり。医学生理学賞は大隅氏に続き、5人目。日本の受賞者は米国籍取得者を含め計26人となる。

 

本庶氏は京都大で記者会見し、「驚いた。このような賞をいただき、幸運な人間だと思う」と話した。

がん治療では、外科手術と放射線療法、抗がん剤などの化学療法が主流。本庶氏らが開発した免疫療法は、第4の治療法として近年注目されている。カロリンスカ研究所は授賞理由で「2人の発見はまったく新しいがん治療を打ち立てた」と評価した。

 

人間には、体内に侵入した細菌やウイルスなどの病原体を攻撃する免疫の仕組みが備わっている。T細胞などの免疫細胞は、体内で正常な細胞から変化したがん細胞も異物と見なして攻撃するが、がん細胞は免疫の働きにブレーキをかけ、攻撃を阻止する。

本庶氏は、研究室の大学院生が1992年にT細胞の表面で偶然発見した分子「PD―1」の研究を進め、T細胞のブレーキ役になっていることを突き止めた。

 

結合を阻止してブレーキを解除し、T細胞を活性化させれば新たながんの治療法になると考えた本庶氏は、小野薬品工業(大阪市)と協力。PD―1を標的とした世界初の皮膚がん治療薬「オプジーボ」は2014年7月、製造販売承認を取得した。患者によっては大きな効果があり、肺がんや腎臓がんの治療にも使われている。アリソン氏も同様に働く分子を発見し、がん治療薬につながった。と。

 

素晴らしいね、この研究成果は当然のノーベル賞かと。

 

今や癌治療と言えば免疫殺しての抗がん剤治療が多く、体温も34度代に低下させる。

こんなんじゃみなほとんどが免疫上げれず自滅が当たり前。

 

そんななか朗報の世界が認めた研究成果だよ。

 

ある患者さんがもう肝臓も腫れ転移の末期状態で自分はもう抗がん剤など受けないと自然にと話されていたのに。
今回の本庶氏の治療を受けたら驚いたことに完全治癒した。

 

驚くよね、今まで副作用でも苦しみ治癒もなかなかできなかったものが末期状態での回復とは。

 

やっぱり自己の中の治癒力が一番と思う。

 

自己のなかでの暴発は自己の中で解決するのが一番。

 

みな体温保って元気が一番かと。

 

数十年の域旅は自然に ままに ままに。