火事で死亡の男性会社員 別の住人と“生活音”トラブル 大阪・女子大生殺害 | 生きている時代のブログ

火事で死亡の男性会社員 別の住人と“生活音”トラブル 大阪・女子大生殺害

スポンサーリンク
話題・ニュース
Anonymous Housing
スポンサーリンク

連休中の家から見える駐車場は7台中2台であとはがらんと。

昨日のニュースでは高速道路も渋滞。

パーキングエリア内も満車状態が映し出されていた。

みなマスクで安全と各地に乗り出す。

飲食店もいっぱい。

ウイルスは目に見えないからそう危険も感じないよう。

店も21時まではしっかり開いているもんね。

このインド型の変異コロナは若い人でも重症化させるという。

身に近いようでコロナは遠い話の様な社会状況。

 

変な本音と建前で個人責任化する社会だもの。

そのなかで今日も78億もの人々はそれぞれ想い生きている。

スポンサーリンク

火事で死亡の男性会社員 別の住人と“生活音”トラブル 大阪・女子大生殺害

大阪・大東市のマンションで女子大生が殺害された事件で、火事で死亡した男性会社員が、別の住人と生活音をめぐってトラブルになっていたことがわかった。

4月28日、大東市のマンションで、大学生の吉岡さん(21)が殺害され、直後に下の部屋が火事になり、同じマンションに住む48歳の男性会社員も死亡した。

この男性会社員について、同じマンションの元住人によると、3月から4月にかけ、生活音をめぐって、男性会社員が壁をたたき抗議するようなことがあったという。

警察は、男性会社員が、吉岡さんとトラブルがなかったか捜査している。と。

 

まだこの加害者の実名とかは出ていないね男性会社員という違和感。

殺人に異常な用意周到で

ドアを開かないようにしたり、はしごを使ってまで侵入しようとしたり異常な強い殺意としか思えない。

それに殺人まで起こして自身も焼死とか尋常ではない行動。

 

この事件は

集合住宅で生活している多くの人には脅威とも受け取られる。

普通に生活していれば時折何かの音は出るもの。

ガンガン音楽音出したり飛び跳ねたりしない限りみな普通に生活しているもの。

この加害者は被害妄想に研ぎ澄まされていたのかもしれない。

 

毎日のように隣人トラブル起こす人間も多くいるのに

事前のトラブルでも事件が起こるまでは助けれない現社会。

 

個人で逃げるしかできないのでは間に合わないこともある。

 

本当にこの被害者の女性は恐怖と無念としか言えない。

この場所でただ生活していただけなのに

幸せな未来が待ち受けていただろうに

ご家族 友人 知人 の悲しみは計り知れない 大切な命。

 

この事件は

単なる不運な事件では片づけられない。


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

生きている時代PS⑳

スポンサーリンク
話題・ニュース
スポンサーリンク
スポンサーリンク
生きている時代のブログ



テキストのコピーはできません。