①寝坊すると課金されるWebアプリが登場~②小池知事、緊急宣言に関連して消灯呼びかけ… | 生きている時代のブログ

①寝坊すると課金されるWebアプリが登場~②小池知事、緊急宣言に関連して消灯呼びかけ…

スポンサーリンク
話題・ニュース
スポンサーリンク

始まりの月曜日は無口な面々。

金曜日と違って月曜は労働者にとっては抵抗の1日。

 

そして火曜 水曜 と少しづつ体と心が慣れていくというか騙され騙していく自身。

 

でも夕刻はいいね。

帰りの家路は透き通るような青空で風を切るペダルは気持ちがいい。

TVからはインド株とかもうコロナ株の話は聞きたくないよう。

①寝坊すると課金されるWebアプリが登場 スマートフォン版も近日中にリリース

寝坊すると課金されるWebアプリ「メザミー」を、筆者が紹介している。

スマートフォンアプリも現在開発が進められ、近日中にリリースされるという。

「これは絶対起きる」「発想が面白い」などの声が上がり、話題を集めている。

「メザミー」は万が一寝坊して時間までに登録した場所から100m以上離れて位置情報を送信しないと、あらかじめ設定した金額が課金されるというサービス。

寝床から100m離れなければ課金されるため自然と二度寝も避けられる、というサービス設計に

「これは絶対起きる」「発想が面白い」「両津勘吉が思いつきそう」といった声が上がり、話題になっている。

メザミー株式会社は私たちが提供するのは「目覚ましアプリ」ではありません。私たちが提供するのは「朝の時間を有意義に過ごすという体験」です。と。

 

これは随分前から思っていたサービスというか今頃?と思った。

朝寝坊する人は決まっているもんね。

2度寝も平気でしてしまうのだから。

何個も時計買っても駄目だもの。

 

多分 このアプリでも駄目だろうね起きれない人は。

お金がもったいなくて過ぐにはずしてしまうだろうね。

②小池知事、緊急宣言に関連して消灯呼びかけ…都民は危機感通り越して呆れ?

午後8時以降は街頭の明るい看板やネオンなども停止するよう求めていくことも明らかにした。

小池知事は「街灯を除いて、全ての明かりを消すことを徹底して頂きたい」と述べた。

緊急事態宣言に関連して消灯を呼びかける小池都知事に、筆者が苦言を呈した。

街を暗くして歩けなくすることが効果的と本気で思っているのかと指摘。

都民の多くは、危機感を通り越して呆れの感情なのではないかと述べた。と。

 

何故かずれている要請に聞こえるね。

人は蝶や蛾ではないのにね。

嫌でも生活のために出向く人も多いのに治安悪くなるような気も落ちるような要請。

誰だってこの期間動かなければ感染減るのは分かっている。

肝心なお金は出さずにお願いばかりを聞いていては生活できないのは分かっているくせに。

 

今度は街を暗くしてと虫けら扱い。

府の公の人達は能天気に遅くまでの飲み会。

言っていることやっていること呆れることばかり。

 

この難時代は

けち臭いことはせずに

堂々と数ヵ月間は

朝から電車も密にならなくていいように

みなが困らないような生活費保証してあげるだけでいいのに。

 

みなが助かる政策なら

この数ヵ月間の取り組みでかなり減るはず感染も。

 

そこが損得で出来ないでいるからコロナも笑ってコピー出来ているのかと。

本当に弱い人間社会。

 

スポンサーリンク
話題・ニュース
スポンサーリンク
スポンサーリンク
生きている時代のブログ



テキストのコピーはできません。