生きている時代のブログ PS:⑳ | 生きている時代のブログ

生きている時代のブログ PS:⑳

時代

目次

PS 生きている時代

①ハイチの刑務所で大規模な集団脱走が発生し400人逃亡中 刑務所長ら25人死亡

ハイチの首都ポルトープランス郊外の刑務所刑務所で25日、大規模な集団脱走が発生した。

当局は、刑務所長や一般市民を含む25人が死亡したと発表。

事件が起きたクロワデブーケ(Croix des Bouquets)の刑務所には、26日朝の時点で、収監されていた受刑者1542人のうち1125人しか残っていなかった。

日本では考えられない管理体制に驚く。

ここでは賄賂でまかり通っていたんだろうな。

逃げた犯罪者達がさらなる犯罪を犯すのは目に見えている。

国は恥の上塗りしないように早急の対策をしなければならない。

被害者が出ませんように。

②SSDではなくHDDを選ぶ最大の理由とは?

答え

「SSDは壊れたときにほぼ復旧できない」から。と。

大切なデータを保存しておくにはHDDの方が絶対的に安心とのこと。

 

しかし

SSDの大きな特徴はデータの読み書きが高速であり
HDDと比べれば数倍~数十倍という速さが魅力。

耐衝撃性という意味でもSSDのほうがHDDよりも丈夫という。

あくまでも

スペック上ではSSDが圧倒しているのは間違いないはず。

 

しかし遅いと言われるHDDにも

PCを使っている日々の場面では、実際のところ「データをしっかり保管/管理できる」HDDにも多くのメリットがあるのではなだろうか。と。

 

今自分の使っているパソコンはいいところ取りの起動はSSD

保存はHDDにしているので大満足。

やっぱりパソコンも経年劣化でどんどん遅くなるし待っていられない。

SSDは速いもんね

一度使ったら遅いHDDだけのパソコンとか使えない。

ストレスなく使用には

両方付属のが一番かと。

③【寿司】、米スーパーで寿司の需要増加 パンデミックでもシーフードがバカ売れ!マヨ入りシースーは盤石な米国民食?

コロナ禍の米国では健康志向が高まり、寿司の需要が増えている。

食品スーパーでは高まる寿司需要に職人の数が足りない状況になっているそう。

寿司はアメリカの国民食としての地位を盤石にしつつあるようだと。

ジョージア州など123店舗を展開する食品スーパーのフードシティでは高まる寿司需要に寿司職人の数が足りないという。

やっぱり日本の食文化は凄いと思う。

自分の体より大きいものを食べ続けていればやがて崩壊するもの。

日本食は栄養にも健康にも見た目にも味にも最高かと。

 

④中国人「日本は落し物をしても本当に戻ってくる」だがアレだけは…

日本在住の中国人が、日本では落し物をしても戻ってくると動画で紹介した。

交通系ICカードや在留カード、スマホはいずれも手元に戻ってきたと説明。

しかし、自転車に限っては盗まれると戻ってくる確率が非常に低いと述べた。

よく分かっているねと思う。

自分も鍵を付けた自転車取られたことあるけど

こういう盗み人は一部なわけで必ず盗んだものは返さず最後は捨てる。

しかし

多くの善良な人々は拾ったものは届けるのが日本の文化。

お互い様とね。気持ちよく。

⑤諮問委の尾身会長「ワクチン打ってもクラスター起きる」

新型コロナウイルスについて「今年の暮れぐらいまでに(国民の)7割、8割が(ワクチンを)打っても(感染者は)ゼロにはならない。クラスターは起きる。

無症状(の感染者)の中で集団的、重点的に繰り返し(ワクチン接種)をやることが感染防止に役立つ」と述べた。

なかなか厄介なコロナ。

感染自覚症状の無い若者達はワクチン打たないだろうね。

これではクラスターは起きる。

全員に接種するのは10万円ぐらい付ける必要があるのでは。

この時代けちけちしないで乗りきらなけらば反対に経済も破綻するのは明白なのにね。

いつも目先のことばかりの政策で詰んでいる社会。

⑥毎日8km走行と週末100km走行 クルマの負担・消耗が少ないのは?

それは「週末に100km」です。

「短距離走行の繰り返し(1回乗車あたり8km未満)」は各自動車メーカーとも「シビアコンディション」としており、これに該当する場合、エンジンオイルなどを通常より短いサイクルで交換すべきとしています。と。

また、「距離が短い走行は、エンジンが暖まる前に停止することになり、通常、燃料の燃焼で発生する水分や、未燃の燃料はエンジンが暖まることで蒸発しますが、短距離走行では、これが蒸発することなくエンジンオイル内に溜まり、劣化の原因になるのです」と。

シビアコンディション」とするのは、おおよそ次のような状況

・走行距離が多い(年間2万km以上)
・短距離走行の繰り返し(1回乗車あたり8km未満)
・低速走行やアイドリング状態が多い(渋滞が多い、市街地走行で信号待ちが多い、など)
・坂道の走行が多く、ブレーキを頻繁に使う
・悪路走行が多い(砂利道、雪道など)

通常の街乗りではほとんどが8km以内だと思う。

そんなにいつも100kmも走らないし。

やはり半年に1回のオイル交換が必要なのかと。

でも最近の多くの車は10万キロ乗っても壊れないのも事実。

⑦10万円再支給を 署名8万超集まる

新型コロナウイルスの経済対策として昨年春に支給された全国民一律10万円の「特別定額給付金」の再支給を求める署名約8万3千件超が集まったとして、生活困窮者を支援する団体が9日、記者会見を開いた。

残業代やボーナスが減って預貯金の切り崩しを迫られ、「住宅ローンの支払いに困る」「子どもの塾などの習い事が続けられない」といった声が子育て世代などから上がっている。

政府は新型コロナの影響で暮らしに困る人たちへの対応として、無利子・保証人不要の特例貸し付けの「緊急小口資金」と「総合支援資金」を、合わせて最大200万円借りられるようにしている。ただ、新たな借金をすることに抵抗感がある人は多いという。と。

昨年から始まったコロナ恐慌。

今を生きる人を助けるのが政府なのに後手後手政策ばかり。

こういう時は先も見えかけているので大きく助けなければ。

 

ワクチン接種受ける人には30万円ぐらいやる器はないかね。

きっと80%以上の人がワクチン効果あると思うよ。

大きく経済的にも。

ケチっては何も変わらず。

⑧東京都内の新規コロナ感染者数が5日ぶりの300人超「リバウンドの兆し」

東京都内で10日、新規コロナの新規感染者が5日ぶりに300人を上回った。

これを受け、都の担当者は「リバウンドの兆しがみられる」と説明。

若い人や中高年の感染が増えているとして、外出自粛の徹底を呼びかけた。

まだまだ終息もないままの人間の行動。

春が来たようにコロナ感染の怖さも忘れたかのよう。

これは後で痛い目に遭うだろうね。

懲りない・・。

 

⑨襲われたホームレス男性、「先に行け」と女性逃がす 傷害致死罪の当時19歳被告公判、女性が証言へ

岐阜市でホームレスの男性に暴行を加えて死亡させたとされる、当時19歳の男2人の初公判が11日にあり、2人は起訴内容を認めた。

裁判所の法廷に姿を見せた、男2人。

「間違いないです」

起訴内容についての裁判長の問いかけに、小さな声でこう答えた。

岐阜市でホームレスの渡辺哲哉さん(当時81歳)をおよそ1キロにわたって追いかけながら石を複数回投げつけた上、土の塊を顔に投げつけて転倒させ、死亡させたとされている。

スリルを求めて遊び仲間と一緒に路上生活者をからかい、石を投げて反応を楽しむようになった」とし、「計画的ではなくからかう目的で、ケガをさせるつもりはなかった」などと訴えた。

検察側は、「犯行前に友人の家に集まり石を投げることを決めていた」などと計画性があったと主張。

判決は、渡辺さんが亡くなった日からちょうど1年となる、3月25日に言い渡される予定。と。

弱気ものが立場の弱い人を亡き者にした卑劣な事件。

19歳にもなって社会的弱者をイジメ抜くとか愚かな思考しか育たずに哀れな人生輩。

これから先の人生も何もやっても悔やみばかりだろうね。

結果を想像もできない人間も多く息している社会。

⑩ヴィレヴァン、2種類の飲み物を1本のボトルで持ち運びできる「マルチーボ」発売

この季節は暖かい飲み物と日中の冷たい飲み物がほしい時期。

自販機ばかりではお金ももったいない。

そんな時に見つけた便利なボトル。

1本のステンレスボトルの内部に160ml×2の小ボトルを搭載し、上下で分解して合体出来るセパレート型ドリンクボトル。

真空構造で保温、保冷効果があり、例えば上のボトルに冷たいお水を入れ、下のボトルにホットコーヒー。

これはいい発想なのかと。

⑪21日で解除見込みの緊急事態宣言 ネット上では「リバウンドは不可避」「延長した意味あった?」

21日に期限を迎える埼玉、東京、千葉、神奈川の4都県に出されている緊急事態宣言。

政府内は21日の緊急事態宣言の解除に前向きだと東スポが伝えた
だが都の新規感染者数は15日まで7日連続で前の週の同じ曜日を上回っている。

ネット上では、これで解除できるのなら延長しなくて良かったのではとの声も。と。

特に何もなく伸ばしただけの緊急事態宣言では多くがままならない行動に出るのは当然と言えば必然。

ワクチンもまだまだ先が見えないし若者大半は打たないだろうし。

経済も分け与えないし言葉だけの宣言では空しいね。

このままではあと1年以上はコロナの思いのままなのかと。

いつもの政策の人間社会。

⑫なりたい職業「会社員」が1位を占める コロナ禍で現実志向に?

「大人になったらなりたいもの」の調査結果を第一生命保険が17日、発表した。

小学生・男子、中学生・男子と女子、高校生・男子と女子の1位は「会社員」。

同社は、自宅で仕事をする親を見て身近に感じたのではないか、と分析した。

リモートワークもいい効果だと。

夢を追いかけるより現実的な安定を求める社会不安の裏返し。

これだけ経済不安が続くと当たり前のような生活は出来なくなるもの。

こういう時こそ国が助けなければ何のために大勢いるのか分からないね。

⑬生活保護受給の女性宅で「ビデオを見る」担当職員を懲戒処分

香川県丸亀市は17日、生活保護を担当する30代の男性職員を懲戒処分にした。

生活保護受給者である30代の女性宅に長時間滞在するなどしていたとのこと。

女性から、職員がビデオを見るなどして困っていると相談が寄せられていた。

以前も他の地域でもあったね。

ゴミ収集業で午前中で終わったら自宅に帰ってゆっくりして退勤の時間近くになると職場に戻っていた件。

タイムカード不正して早めの退勤とか公の職場はかなり管理も甘いらしいね。

多くが耐えて真面目に働いて税金納めているのに

甘い管理の公の職場は時折シャッフルして第3の目の管理を入れなければ

高い給料で休みも多く老後も心配ないとかふざけ過ぎているよ。

真面目に働いている人が

ばかをみないような社会でなければこの時代も。

⑭”オリンピッグ”問題で東京五輪・パラ開閉式演出のクリエーティブディレクターが辞意

開会式のアイデアをLINE上で出し合う中で、「出演者の候補として名前が挙がっていた」渡辺さんに関する演出を提案した。

「宇宙人と地球人の接点的な役柄で、オリンピックの使者的キャラということで、オリンピックの語尾をピッグという駄洒落にして、オリンピッグという名前のピンクの衣装で、耳がぶたのはどうだろう、というような発案をした」と言う。

企画チームの他のメンバーは、「女性を豚に例えるなんてありえない」「一時的なアイデアだとしても、言ううべきじゃない」と反発。

本人は「メンバー全員にLINE上で謝り、撤回した。

そして文春の取材を受けた段階で辞意表明。と。

 

ほんとにこんなまともな意識の無い人達が国のオリンピックの中心に携わっているのかと思うととても恥ずかしい。

もはや低落のバラエティー作りのよう。

人を尊うテーマのオリンピックなのに。

テーマを思えないねこの国のまとめる人達は。

このごたごた続きの日本開催のオリンピックは世界から冷たく軽視されている。

ほんとに日本はこんな文化だったの?と。

子供たちからも。

区別化ばかり進化した哀れな島国ではないはずなのにね。

きっと。

⑮水以外で薬を飲んではいけない訳 副作用増加や薬の吸収の邪魔になる危険も

なぜ水以外で薬を飲んではいけないのかを薬剤師が解説している。

水以外の飲み物だと思ったように薬が効かない可能性があるためだという。

また、副作用が増したり薬の吸収を邪魔したりする危険も存在するとのこと。

薬だけをそのまま飲み込むのは?

普通の錠剤を水なしで飲み込むと、喉の粘膜を傷つけてしまうことがある。

また、

かみ砕くと一気に薬の成分が放出されるので、副作用が出る可能性が高くなるという。

 

グレープフルーツジュースの場合も

体内での代謝を邪魔してしまい、薬の作用を強めてしまう効果がある。

 

また、お茶に含まれているタンニンや牛乳に含まれているカルシウムは、薬の成分と反応して吸収を阻害してしまうことも考えられる。

他に

酒と一緒に薬を服用すると、両方の分解が遅れて、副作用が強く出る可能性があったり

カフェインやアルコールが含まれる飲み物、グレープフルーツジュースは、薬の作用を強めてしまうことが多い。

ハーブティーや青汁も薬の作用を弱めてしまう可能性があるという。

やはり薬は水で飲むのが基本だね。

めったに飲まない薬だけど心得ておこうと思う。

 

⑯コロナ禍の10月以降「かつら」が突然売れ出したナゼ?

緊急事態宣言が全面解除されるが、外出自粛や在宅勤務によって、スーツや革靴など、これまで会社員の必須アイテムは需要が一気に激減した。

一方で、外出の必需品のひとつであるかつらが、なぜか売れているという。

中でも、主力商品の男性向けオーダーメードかつらが売れに売れた。特に、リピーターの割合が高かったという。


その要因は?

 

オンライン会議などで自分の髪の毛に意識が向けられるようになった結果もあるのではという。

マスクで顔は隠せても髪の毛は隠せないので、外出の機会が減る中、少ないお出掛けの機会には以前よりもさらに気を使われる方が増えているという。

男性向けオーダーメードかつらの売り上げは、20年10月~21年2月は145.3%と大幅に改善。

特に10月は男性が275.4%、女性も368.2%と急伸している。

他にも、育毛関連や、すぐに増毛効果が実感できる商材が通信販売で好調だったとのこと。

女性の場合、白髪を目立たなくする商品への引き合いも多かった。髪の毛への思いは、並々ならぬものがあるようだ。と。

 

このコロナの自粛時代ではお金を使うのも減ったもんね。

旅行にも行けなくなったし外食も減ったし

そのなかで自身にお金をかける人も多くなったと思う。

特に自宅での仕事が主になった人とかは人と会わずに自身を変化させる機会になった。

韓国とかは美容整形が増えたとか。

この機会に自身を容姿も磨くのかと。

⑰手取り18万円で都内1人暮らしの男性、「奨学金」の重圧に悲鳴

2016年の調査によると、初任給の手取りが18万円に満たない新卒は多いという。

都内で1人暮らしの新社会人は、奨学金を月2万円、15年間かけて返済する予定。

月2万の支出は大きく、大学時代に貯金しなかったことを後悔しているとした。

病気とか事故とかで、急なお金が必要になったら本当にまずい」。

そう嘆く同氏は、300万円以上もの負債を背負っているわけ。

延滞していたら、勤務先にも連絡が来るし、保証人に請求がいくケースもある。「借り逃げ」は許されない。と。

こんな社会の仕組みでは浮かばれない人生だ。

学びの引き換えに借金地獄が延々と。

それに利子まで着けるというこの国。

取り上げた500億円ほどの奨学金の利子を企業に忖度する政策。

貧困層が浮かばれない学びを受ける仕組みは区別社会という哀れな構図。

 

⑱「運動不足で毎年5万人死亡」通勤体力激減をどう補えばいいか

コロナ禍の在宅勤務の運動不足で体力・筋力が低下する人が増加。

運動不足による国内の死亡者数は、喫煙、高血圧に次ぐ第3位でその数は年間約5万人に及ぶ。

鍛えるべきは、上半身よりも筋肉の衰えやすい下半身。

やっぱり人間も動かないとだめだね。

心臓というポンプで血液は送るけど末端から帰って来るには静脈を動かす筋力が必要なのだから。

血液が止ればいいことないもんね。

じっとしているときでもたまには貧乏ゆすりでもしなければと。

⑲図解】太平洋側、高い傾向続く=30年間の震度6弱以上確率―水戸で80%・全国予測地図

政府の地震調査委員会は26日、2020年版「全国地震動予測地図」を公表した。

最も高い確率を示すのは赤紫色で、これらの地域では今後30年以内に26パーセント以上、100年に1回程度以上の頻度で震度6弱以上の揺れに見舞われることを示している。

高い順に茨城県の水戸市役所周辺で81パーセント、北海道の根室市根室振興局周辺で80パーセント、高知県の高知市役所周辺と徳島県の徳島市役所周辺で75パーセント、などとなっている。と。

日本は地形上
日本の周辺で四つのプレートが押し合い しているからね。

どこでも大きな地震が起きやすい。

自身も震度6は経験したことあるけど震度7は無い。

6は大丈夫と感じたけど7は厳しいだろうね。

それに地震は海近くだと津波が被害の一番だからこれが一番怖い。

たった一つの命を守るには災害には度胸はいらないから。

みな逃げるが勝ちかと。

⑳都内で新たに430人がコロナ感染

東京都は27日、都内で新型コロナウイルスの感染者が新たに430人確認されたと発表した。

前週の土曜日は342人だった。

「第3波超え」危惧新規感染者、増加傾向続き1日当たりの感染者が400人を超えるのは3日ぶり。

これは変異の感染爆発兆候だね。

オリンピックとか無理押しして感染対策しなかったつけが今後起きそう。

みな桜満開でリスク緩めていると感染拡大なのかと。


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

生きている時代PS㉖

時代話題
生きている時代のブログ



テキストのコピーはできません。