自身で途中下車とか勇気もない。だから・・・

名言

自分の道を進む人は、誰でも英雄です。

人はこの世にころっと一人で生まれてきて最後はまた一人で死んでいく生きもの。

自分という鎧をまといこころのままに自身を演じ生きる数十年。

他と比べればへこむことだって多い。

 

でもなんとか今を生きていかなければならない人宿命。

 

自身で途中下車とか勇気もない。

だからみな辛い時でも耐えしのぶ外は笑顔で内は涙で。

 

こうやって数十年経って振り返れば

よくやってきたと思える自身の歩いてきた道が見える。

 

くよくよとあの時別の道をゆけばよかったとかは考えない。

むしろ

あの時こう進んだから今があって良かったと思うことが大切。

 

だって

誰にもまねできない

自身のという英雄の旅なのだから。

 

ホントに

孤独だもんね自身との付き合いは

でも大好きだもんね

自身の感性と行動には。

 

この裸の惑星の上で数十年を生きるということは本当に大変な事。

今の呼吸に意識するだけで

生きているだけでも凄いことに気づく。

この鼓動が止らずにいられるから今を感じれる。

 

ままに ままに 生きれて 美味しいもの食べられて

好きな人を想えて歩ければ

どんな人生でも幸せな英雄の旅道なのかと。

 

しかし

令和3年になっても厳しい社会環境。

コロナ感染とか爆発的な状況になってきた。

誰も恨めないし今はただ時を待つしかない。

 

帰りのスーパーでは菓子パンも残り少なくて寂しい。

自宅で過ごさなければならなくなったからね。

 

TVで映る

学校で

歌も歌えない子供たちが可哀そうで。

 

未来において

懐かしい現状が思える日がいつか来るはず。

あの時は大変だったけど楽しいこともあったなと。

 

 

 

 

 

 

 



テキストのコピーはできません。