Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

もしあなたが空港に行って、渡された搭乗券(ボーディング・パス)に「SSSS」と書かれていたら…

Pocket

 

それにしても6月は気候の変化も大。

 

日差しも日々強くなっている。




昨日は海に行った。

泳ぐわけではないけれど船で渡る。

 

青空と波が水平線の彼方まで揺れ見える。

 

気持ち良かったし海の幸も美味しかった。

 

人間、自然との関わりの自由な時間が一番だね。

 




 

記事には

もしあなたの飛行機のチケットに「SSSS」と印刷されていたら…
大変なことになるかもしれないと。

もしあなたが空港に行って、渡された搭乗券(ボーディング・パス)に「SSSS」と書かれていたら…
あなたはFBIの「要注意人物」に誤って選出されているかもしれない。と。

 

アメリカからの出入国、あるいは経由する飛行機の搭乗券には、
「SSSS」とプリントされる場合があるのだという。
ビジネス・インサイダーが指摘した。

 

SSSSの文字が示しているのは、「Secondary Security Screening Selection」。
つまり、2次的なセキュリティチェックの対象者に選ばれた、という意味だ。という。

 

選ばれた乗客は、カバンの中身や、旅行計画についての質疑応答、
ボディチェックなどで10〜30分間の追加のセキュリティチェックが課せられる。

 

「直前に航空券を購入した人や、片道だけしか購入していない人、
危険とみなされている国からアメリカに帰国する人は、
よりSSSSの対象になる可能性が高いでしょう」と。

 

なぜか理由はわからないが「トルコに行った帰りには必ずSSSSがプリントされているようだ」
と投稿したブロガーもいたという。

 

コメントからは

空港職員には、「SSSSと書かれたら全部の空港でフルチェックだからねー」お気の毒に。
と言われた覚えがあります。

 

ブラジル在住の鈴木性のひとが「米国入国審査の時いつも別室で調べられる。」と言ってました。
理由は日本人で鈴木性の人がブラックリストに載ってるらしい。

 

一般人にとっては、“不幸な宝くじ”に当たった感覚ですね。

 

 

ホントにこの数十年の間に世界情勢が目まぐるしく変わったもんね。

 

本来ならばこの丸い大地の自然はどこでも自由なはずだろうけど

 

この大地には

 

人間という賢くも愚かな生き物が生息しているからね。

 

子どもの時はみな純粋に星空を見つめるのに。

 

いつしか

 

いつしか

 

いつしか

 

当たり前の自然の触れ合いを忘れ

 

欲ばかりの区別の目先の道へと進みたがる人間界。