仕事が辛いけど・・・まだまだ。我が物と思えば軽し笠の雪。

名言

仕事が辛いけど・・・まだまだ。

社会が少し活動的になってきた。

外食もある意味気にせずに出来るようになった。

電車も乗る人多くなったし街並みもにぎやかになりつつある。

しかし、

半面仕事の厳しさは大きくなっている現実。

 

経済が止った分

今迄のようにもいかなくなっている仕事。

頑張っても結果の出にくい状況。

 

マスクを常時着けているだけでも大変なのに。

人のこころも臆病になってしまった。

不安という進めない社会化の時代。

 

仕事は辛くとも我慢しなければならない時代になりつつある。

辛いので他にと簡単に決断出来ない時代。

 

まだまだ生きやすい時代にはそう簡単には戻らないだろうね。

立場の弱い人ほど辛い耐えの時代に入った。

 

我が物と思えば軽し笠の雪

自分のためと思えば苦労も辛くはないという意味。

仕事も毎日の生活の苦労も、このことわざを覚えておくと見方が変わるという。

 

そう思考を変えるしかない現況。

そうやっていかなければ継続は難しい。

 

この社会環境では生きるためのお金は必要だもの。

吸う空気以外はすべてにお金が無ければ生きていけない仕組み。

今は

とにかく今を生きぬくしかない。

泥臭い人間だもの。

ここは

じっと耐えて乗り切ろう。

 

多くのみなが踏ん張っている時代は人として尊いかも。

 

 



テキストのコピーはできません。