Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

天災は忘れた頃にやってくると昔の教えとは違い

やっぱりここ最近の自然の猛威は凄まじい。

 

記録的豪雨 岩が泥が水が…70人死亡、68人安否不明。

 

数日の雨でこの地形をも変えてしまう。

 

今日まで生きてきた多くの人々も命を絶たれる。

 

また、

 

歩か彼方の南にいる MARIA(マリア)も

 

中心気圧は915hPa、中心付近の最大風速は55m/sという。

 

なんと、最大瞬間風速 75m/s

時速にすれば なんと 270km/時

新幹線の速さと同じ風圧が襲い掛かる恐怖。

台風だけでなくこの大地の揺れも最近多い。

 

常に火山国に住んでいることを感じさせられる。

 

最近よく聞く、遅い速度で発生する滑り現象の スロースリップ。

 

いつどこで起きるのか分からないもんね、自然の猛威は。

 

天災は忘れた頃にやってくると昔の教えとは違い

 

最近、特に身近な事のように感じる。

 

生きていくこの社会だけでなく、環境も厳しくなりつつあるね。

 

この大地の上で暮らす生き物達にも。

 

2018 平成の時代もあとわずか。

 

みな少しでも日々

楽しみもって生き物らしく生きたいね。