Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

春だね~

初めまして

私、みなさんとこの大地で今を生かされ生きている

このブログの管理人の瞬といいます

これから どうかよろしくお願いします。

 

このブログでは、毎日、学校、職場、家庭での

この社会で生活していくために

自身のらしさを奥にしまい

理性ばかり表に出し、頑張っている人たちの

少しでも癒しの居場所になればいいなと思っています。

 

この区別社会の中で生きている

愚かで賢い尊い我々人間という生き物を

本音でいろいろと書いていきますので

書いている こいつバカだなと笑って

自身の日頃の癒しの一つにしてやってください。

しかし、今年も早、4月になりました

 

暖かい、春ですね~

 

あっという間ですね、この人の息道も

 

奇跡的にこの大地の上におんぎゃ~と生まれて長くても100年の息道

生きれば生きるほど

この息道も年々 加速がついていきますよね

 

心理学者ポール・ジャネーの法則では

体感的には20歳で人は人生の半分を終えて、

20歳から80歳くらいまでの長い年月は、

0歳から20歳までの体感時間と同じということになり

30歳の人が「つい最近まで20歳のつもりだったのに、

いつのまにか30になってたよ」とよく口にするのも、

納得がいくでしょうと。

 

1歳の1年は365日、50歳の1年は体感的にはその1/50となり

1歳の365日の50分の1は約7日

つまり、50歳に感じる1年の長さが、

1歳で感じる7日分しか相当しないということに

感じるらしいということですね

 

ホントにその中で

人間は食べていくためには、

ほとんどがこの区別の社会のなかで自身を騙しながらも

生きていかなければなりません

 

たったこの世での息道、正月80回迎えるぐらいの短い年月なのにですね

 

正直、我慢ばかりの人生を送るために

生まれてきたわけじゃないんですけどね

 

子供の時から

より試験の点数ばかり目指して良い大学へ

将来は、公の職とか大手の会社とか言い聞かされ

ひたすら目指すわけです

 

人への想いよりも一部が安楽に生きられる

狭い社会の中をみな目指す

 

そこに入れなかった人たち

置いてきぼり

あふれた人々はどうなるんでしょうか

 

この区別の社会を支えてばかりの息道でいいんでしょうか

 

それがこの社会の仕組みとTVからも周囲からも洗脳されながら

これが当たり前と自身も考えなくなる怖い社会

 

言い換えれば

そのくらいの社会なんです、この人の社会は

 

生活の為に、耐えて 耐えて 耐えても

らしさを失くしてまでの我慢も消え去ることも必要ないのです

 

この一部が安楽に生活する区別の社会の仕組みでは

到底、いじめとかもなくならないでしょうね

 

この大地、大空は区別なく自然なんですけどね

 

全く、・・・ばかやろうな人間社会ですね

 

まあ、自身を追い込まずに楽しんでいきましょうか

今日はこのぐらいで。

 


人気ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。