クルマの「血液」劣化のリスクとは?

クルマの「血液」劣化のリスク

 

*乗ってないし… オイル交換しないとどうなる?

 

エンジンオイルは走行距離1万~1万5000kmごと、または1年ごとなどと、定期的に交換することが自動車メーカーから推奨されています。

 

しかしたまに、車検まで交換することがないという人もいるようです。

 

エンジンとエンジンオイルの関係は、人間でいう心臓と血液にたとえられることがあるが、オイルをそのままにしておくことには、どのようなリスクがあるのでしょうか?

 

綺麗なエンジンが

ごく単純にいうと、(オーバーヒートなどを起こし)エンジンが壊れる可能性があるといいます。

 

それでは、

あまり乗っていないくても、交換したほうがよいのでしょうか?

 

正解は、エンジンオイルは量が減らなくても酸化し、本来の性能が損なわれていきます。と。

 

オイル効果安しないと↓

が~ン この有りようだそう。

もうヘドロ化で循環機能していないですね。

 

車にとってオイル交換は命なのです。

それに、燃費にも影響。

循環作用が低下することでエンジンの動きが悪くなり、車を動かすために余計な力を必要となり、

その分だけガソリンの消費量が増えてしまうので燃費が悪くなる。

 

自分の前の車も毎年2回していたからか11年近く経ってもエンジンの調子はよかった。

 

長く調子よく乗るのなら絶対にオイル交換はしないとダメ。

 

せめて、1年に一回は、忘れずに綺麗に交換しましょうか。

命を守る車だもの、長く大切に乗って行きましょう。






にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました