400万ドルの宝くじに当せん、3年ぶり2度目~日本人はなぜこんなにも猫が好きなのか?

400万ドルの宝くじに当せん、3年ぶり2度目 米男性

ミシガン州の男性がこのほど、宝くじで約4億3000万円を当てた。

この男性は3年前にも同額の宝くじに当せんしており、今回で2度目の賞金獲得。


男性は「自分の感情を正しく言葉にすることは難しい」とコメントしている。

約10年前に父親からもらったコインを使って宝くじを削ったという。

父親は体調を崩して約1年前に亡くなっていたが、男性は「今回の当せんはラッキーなコインに助けられたのではないかと考えずにはいられない」と語った。と。

2度も高額当選するなんて確率的にも信じられないね。

でも事実は小説よりも奇なりとかいうから凄い。

この社会はお金が無いと辛いもんね。

だから今日も汗をかいて気を絞って働くのかと。

日本人はなぜこんなにも猫が好きなのか?

日本では「ネコノミクス」という言葉が登場したように、近年は飼育しやすい猫に人気が集まっている。





日本人が猫好きになったのは「何も最近になってからではない」とし、猫の視点で人間模様がユーモラスに描かれている、夏目漱石の小説「吾輩は猫である」などの存在からも、日本人がずっと前から猫に関心を寄せてきたことが分かると主張した。

猫を見たり撫でたりすると誰もが癒されるが、「日本人は日常生活で大きなストレスにさらされているため」ではないかと考察したほか、「他人に迷惑を掛けたくない」という日本人特有の感情により自分を制御しながら生活を送っているため、「自由気ままな猫に魅力を感じ、同時に癒されているのではないか」と分析した。と。

ネコは可愛いもんね。

あの気ままな生き方は羨ましい。

まあネコにもネコなりの苦労はあるだろうけど

人間ほどの苦労はないだろうね。

だから人はいつもネコに癒されるのかと。



テキストのコピーはできません。