過去に何度もボーガン事件は起こっているのに | 生きている時代のブログ

過去に何度もボーガン事件は起こっているのに

週末は何かと人と会うばかりで作業が進まない。

何かと新しく始めることも多くて時間が足りない最近。

 

しかしやっと週末

テレワークとかやってみたいけどままならない。

でも一度テレワークやるともう通勤とか面倒らしい。

 

行きたくないという うつ気分になる人が多いという。

やっぱり家で仕事できれば何かと気も楽だもんね。

自分だったらパソコン作業片手間にラフな服装で音楽聞いてコーヒー飲んで無駄なストレスもなく過ごすだろうね。

まあ誰でもそう望むだろうけど現実はまさに厳しくなろうと。

首に矢が刺さった女性「おいにやられた」民家内凄惨 ボーガン殺傷

静かな住宅地が悲劇の舞台に一変した。4日、宝塚市安倉西2の民家であった4人死傷事件。

民家の各部屋などで見つかった被害者たちは、ボーガンから放たれたとみられる5本の矢が首や頭に刺さったままの状態だった。

逃走することなく、落ち着いた様子で現場にとどまっていたという野津英滉容疑者(23)。
被害者は家族、親族とみられる。と。

まさに鬼畜のなせる所業が現実に起きた。

頭狂っているしか思えない悪の所業。

頭や首を射るなんてゲームの世界でもそうはしないだろうに。

近い家族の中での感情だけの行動なら

家族を消したのなら自分も消すけどね。

 

警察着たら

普通に冷静に出てきたというから

相当自己判断できない殻のなかで生きていたんだろうね。

 

家族や叔母は無念だったろうと思うよ。

いきなり息道を止められたのだから

それも家族に。

 

そして

このボーガンがネットでも手に入るという危険物の規制のないことに驚く。

もう趣味とかのレベルではないのは誰にでもわかっているのに。

 

過去に何度もボーガン事件は起こっているのに。

これは怠慢だね銃刀法とかで刃渡り6cm以上はダメとか言うのにね。

 

この機に絶対

法改正しなければ

また悲しい事件が起きることは明白かと。



テキストのコピーはできません。