結婚は年間約58万組 離婚は年間約21万組 みなそれぞれに生きうごめいている現実社会。

名言

自分の道を進む人は、誰でも英雄です。

好きな言葉。

 

この社会いろいろ理不尽なことも多いもんね。

自分ではしっかりやっていてもなかなか評価もされず落ち込んだり。

夜遅くまで頑張っても結果が出ないとなかなか評価されない経済の仕組み。

いつものように

眠くても朝起きて

疲れた頭を洗顔と飲食で強制的に覚醒させる平日。

日中は耐えの業をこなし夕刻に安どの帰宅を繰り返す。

 

人間

こんな毎日を送る数十年は何の為だろう?

生活の為 家族の為 社会貢献の為 世間の常識という為?

それでも多くが

社会の人のための業をこなしている毎日。

まあみながこの業を辞めたのなら

食も無いだろうし コンビニも無いだろうし 電気も無くなるだろうし この世の全ての恩恵は消えるだろう。

きっと人間は生きていけなくなるだろうね。

 

今の幸福な生活はみなで支えあっているのだから。

ではなんで続けているんだろう人間という生きもの。



この大地に生きる生きもの生命体は

生まれてきたからには精いっぱい生きて未来へと繋ぎ役目を終えたら与えられた時間を送り消え去る宿命。

日本では

毎年 約86万人が生まれてきて 136万人が死んでいく。

そう

難しいことはない単純な自然界の掟なのだから。

 

この自然界の生きものの人間は他の生きものと違い今だけを生きてはいない。

過去を想い 現在を見ながら 未来を想像して生きている。

だから豊かな社会をお互いルール作って守っていく。

でもその分

区別も生まれ生きにくい社会。

全ての人間が経済的に今を豊かに不安なく生きれないのも事実。

現在コロナ不況で「貧困」が進んでいる。

もうどこが倒産してもおかしくない状況。

仕事を失う多くの人々。



年間9万人もの行方不明者が出る社会

自殺者も年間2万人以上

交通事故でも年間約3千人

自然災害では地震や津波では数万人もの死者が出たり毎年の様な洪水災害でも。

結婚は年間約58万組

離婚は年間約21万組

みなそれぞれに生きうごめいている現実社会。

 

理想の夢物語はTV CMからのみ。

作られた夢物語。みなが現実で倒れないようにと。

でも

こんな苦しい生きにくいなかでも

みな生かされそれぞれに先を夢見て生きている。

自身の決めた道 宿命を受け取り毎日歩んでいる。

へこたれずに気をけずりながら協調しながら今日も生きている。

たまに大空見上げ想いながら。

まさに

生きている

一人一人が

英雄なのかと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テキストのコピーはできません。