生きている時代のブログ PS:⑦ | 生きている時代のブログ

生きている時代のブログ PS:⑦

名言

生きている時代

 

46億年前に地球が生まれてから、ずいぶんな年月をかけて人類が誕生した。

 

人類が誕生したのは500~600万年前

 

完全な二足歩行を行う原人が現れるのは、200万年前。

 

あなたが生まれてきた奇跡の確率を求めると

 

1/1億7500万×1/200=1/1400兆

 

実に、1400兆分の1という奇跡の確率。

 

しかし、実際の確率はまだまだ低い。

 

妊娠したすべての胎児が無事に生まれてくるわけではなく、妊娠してから無事生まれてくる確率は、93.8%となる。

 

よって、先ほどの確率から更に確率が下がると言うことになる。

 

驚くほどのこの大地の上に生まれた奇跡の自身。

このような奇跡の結果があなただと言うことを忘れてはならない。

 

この大地に当たり前のように生まれてきたのではないということ。

 

1400兆分の1より低い奇跡の確率。

 

ジャンボ宝くじの1等当選どころの話ではないもの凄い確率。

 

だからこの星の空間に生まれた以上

 

知能と感情とこの鎧の体を与えられた以上

 

この数十年の与えられた命は最後までまっとうしなければならない。

 

どんなに辛くても障害が前に立ちふさがっても

絶対に自ら途中下車してはならないということ。

 

今がどんなに辛くても 悲しくて涙が止まらなくても 絶望であっても。

 

時を待てばまた歩き出すことができる。

そういう生き物の人間。

 

涙で洗い流せるこころを持つ。

 

悲しみを忘れ先を想像期待し歩き出せる強い面も持つ生き物なのだから。

 

自身を信じて 過去から受け継がれた 血潮の命を信じて歩く。

 

歩き出すとき、目の前の道がいつも現れる。

まっすぐな道

 

左右に分かれしている道

 

くねくねした曲がりくねった道。

 

広い道 狭い道 ガタガタの道 上り下がりの道。

 

どんなに迷っても

目の前のどの道を選んでも自身の足跡の奇跡の道となる。

 

だから勇気をもって歩き出す。

 

過去を想い 先を期待し想像しながら 今を生きる。

 

自身らしさを求めての息旅。

 

この大地に生まれ

 

おんぎゃーとどんなに泣き叫んでも

 

自身の意のままにならないことを理解したあの日。

 

それから歩き出してからの数十年の暇つぶしの人生。

せっかく奇跡的に生まれたのだから

 

陰にばかり意識せず

 

楽しみながら 自身の夢を持って 生きぬいていくこそ 我が人生。

 

あっという間だよ この息旅は。

 

大空 山 海 川 風を感じながら ふ~っと魂の呼吸をしながら 生きていく。

最後の空間が訪れた時は

 

あ~面白かった と言って

 

この命と この数十年で集めてきた物を ゆっくり手を開き 手放して

 

熱き涙を浮かべ 思い 消えていきたいね。

 

それが我が人として生まれてきた 人生。

 

運が良かったとか 悪かったとか 勝ち組とか 負け組の人生だったとか

 

そんなのまったく関係ない。

 

最後まで わくわくした 戸惑った

 

最高の暇つぶしの我が人生に乾杯。

 

PS

⑦地球の自転がスピードアップ…2020年はいつもの年より短かった

これまでの地球の最速自転記録のうち、28位までは2020年に起こった。

1日平均で見ても、2020年に地球は2019年よりもより速く自転していた。

地球の自転速度を観測している科学者は、2021年は2020年よりもさらに速くなると考えている。

もしそうなると、1年から1秒を差し引く必要があるかもしれない。と。

 

直ぐにどう生活には関わることはないけれど

たまにはこの大地を意識して見ることで

今を生かされていることに気づかされる。

月も少しずつ離れている。

 

⑥きょう午後、緊急事態宣言に7府県追加 大阪、京都、兵庫など

政府は13日午後、新型コロナウイルスの感染が拡大している大阪、京都、兵庫の関西3府県と愛知、岐阜、福岡、栃木各県について、新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づき緊急事態宣言の対象に加える。

発令済みの首都圏4都県と合わせて対象地域は11都府県となる。期限はいずれも2月7日まで。

仕方ないね。

しばらくの感染対策で辛抱自粛かと。

 

⑤第3のビールの増税に憤り「政策で庶民を疲弊させ、増税で殺すのか」

せっかく給料を稼いでも、税金でごっそり持って行かれるとガッカリしてしまう。

キャリコネニュース読者からも、高すぎる税金に対する不満の声が寄せられている。

ほんとにこんなに税金がいるの?と疑いたくなるほどの増税。

消費税もほとんどが福祉にも回っていなかったとか呆れるし。

生き甲斐が持てる税にして欲しいね。

④国内コロナ感染が4900人超、最多更新

国内で5日、新たに4900人超の新型コロナウイルス感染者が確認され、1日当たりの最多を更新した。

この状況でもオリンピック開催を唱えている幹事長がいるとは驚きだ。

新型コロナウイルスはインフルエンザウイルスやHIVウイルスと同じように、『DNA』ではなく、『RNA』を遺伝子に持つウイルス。

RNAはその構造が不安定で、遺伝子が変異しやすいし効果的なワクチンを作るのは難しいという。

しかしウイルスは自らは動かないのだから感染拡大は防げる。

でも現状は中途半端な対策で人が動回っている。

高齢者は亡くなって助かるのかなこの社会は。

一部の経済だけに走る社会。

①「完全に降りてる」「なんて神々しい」 出雲大社近くにかかった虹が見事すぎる。

島根県出雲市に住むツイッターユーザーが撮影した写真が、SNSで大きな注目を集めた。

「さすが神在月」と。

「出雲大社というか、山陰では、この時期、雨と晴れ間が出ることがあるので、今の時期と夏は、たくさん虹が見えます」とも。

自然の現象だけどもこの年末に迎えての時期は何か感じさせられる。

この世が自由に早く生きられやすい環境になればと思う。

②31日の国内の新型コロナ新規感染者数が4000人超 過去最多を更新。

国内の新型コロナウイルスの新規感染者は31日午後6時時点で、初めて4000人を超えて4515人となり、過去最多を更新した。

今年も終わりだけど凄い感染数字が出た。

分かっていたとはいえ人が多く動いたからねえGO TOで。

コロナも分身コピーの中かで失敗コピーで変異を繰り返す。

多くが自粛でTV ネットで年を越すしかないのかと。

 

③“月光仮面”から今年もお年玉 「交通遺児へ」48回目 佐渡の交番

佐和田交番では30日午前8時ごろ、新聞販売店従業員が入り口で1万2600円分の硬貨が入ったビニール袋を発見し交番に連絡した。

「一年間財布の中の小銭を集めたものです。

わずかですが交通遺児のために使ってください」とのメモが添えてあった。

同交番には1987年から毎年届けられているという。

今回で48回目になるという。

ほんとに

こういう時期に思いやりの行動は気持ちが暖かくなる。

与える 渡す ということは素晴らしい人間のひとつの特性だもの。

この時代は助け合いが一番かと。

 


人気ブログランキング



テキストのコピーはできません。