次回予告の代わりに今後の展望「本当に麒麟はくるのか?」 | 生きている時代のブログ

次回予告の代わりに今後の展望「本当に麒麟はくるのか?」

随分と街中は混雑するようになった。

道も渋滞

飲食店の駐車場もいっぱい

量販店でも大勢が並んでいる状況。

ついこの前までは自粛としていた人々がはじけているよう。

でもまだまだ感染は終わっていない。

夜の繁華街での感染が続いている。

【大河ドラマ】「麒麟がくる」テロップで放送一時休止を告知 次回予告の代わりに今後の展望「本当に麒麟はくるのか?」

この夜は中盤最大のヤマ場「桶狭間の戦い」(1560年、永禄3年)が描かれ、次回予告の代わりは「これからの麒麟がくる」。

足利義昭役・滝藤賢一(43)近衛前久役・本郷奏多(29)らの映像とともに「将軍暗殺計画」「若き破天荒関白 近衛前久」「新将軍擁立」「室町最後の将軍 足利義昭」「宿敵の台頭」「更なる混沌が待ち受ける」「本当に麒麟はくるのか?」と次々にテロップ。

最後は馬上の光秀の映像。「本当に麒麟はくるのか?」のテロップに「のう、十兵衛(明智光秀)。

わしに仕える気はないか?」という織田信長(染谷将太)の声が重なり、期待を高めた。

ドラマの当初の予定通り全44話の方向。

6月末から7月初旬の収録再開に向け、ロケ地などの調整に入る。放送再開は8月下旬となる予定で、最終回が来年になることは決定的。

視聴者のニーズに応えるためにも、制作陣は越年覚悟で撮影再開を準備している。と。

今夜の桶狭間の決戦はぞくぞくした。

やっぱり役者さんたちは凄いね。

あの時代

人はいつかは誰でも死ぬものと

今を真剣に生きぬいていたことがよく分かる。

 

今の時代

生死を覚悟して戦うものは未知のウイルス群と人間。

でも

あの時代の時ほどの覚悟ができている人間はいるのだろうか?

まだまだ先を優先する余裕がある現代に生きている人間には。

覚悟が無いのが街中見ても。

 

厳しい時代を振り返るとDNAが動く。

だから感動するのかも。

これからの

「麒麟がくる」に大期待したい!

待ち遠しい真夏の8月かと。

 

 

 

 



テキストのコピーはできません。