来年大河「麒麟がくる」沢尻容疑者の代役 決まって良かった | 生きている時代のブログ

来年大河「麒麟がくる」沢尻容疑者の代役 決まって良かった

来年大河麒麟がくる」沢尻容疑者の代役は川口春奈さん

NHKは21日、合成麻薬MDMA所持容疑で16日に逮捕された女優の沢尻エリカ容疑者(33)が帰蝶(濃姫)役を務める予定だった来年の大河ドラマ「麒麟がくる」

この代役を女優の川口春奈(24)が務めると発表した。川口は大河ドラマ初出演となる。

逮捕後、NHKは「今後の対応は検討中」と繰り返していた。

沢尻容疑者は主人公・明智光秀の主君・斎藤道三の娘で、後の織田信長の正妻・濃姫役。

今年6月にクランクインし、来年3月放送分の第10話まで撮り終えていた。

中でも放送スタート間もない第3話は濃姫がメインの物語。

制作側は局内で「12月の1カ月で撮り直すことができれば1月5日の放送開始に間に合う」と強気に説明しているが、物理的に無理とみる関係者もいる。

 

代役探しは難航するものと予想されたが、早々に候補が数人にまで絞られ、川口に決まった。

3月に麻薬取締法違反容疑で逮捕されたピエール瀧(52)が今年の大河「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」に出演していたため、撮り直しは2作連続。局内では「呪われているのか」との恨み節まで飛び出した。と。




しかし何とか放送の一月半前で代役が見つかって良かった。

 

ホントに良かったと思う。

 

今年の大河はあまり見なかったので 来年の明智光秀の 麒麟がくるは楽しみにしていた。

 

大河は多くの役者さんたちで作り上げていくのだから一人一人の責任は重いはず。

 

どんなに辛くとも気持ちを一つにして熱のあるいい作品にして欲しい。

 

NHK受信料の問題とかもあるけど

とにかく素晴らしい番組を作ってもらえたら気持ち的には納得も出来るはず。

 

さあ 来年が楽しみだ。

 

明るい令和2年にかと。