本当に恐ろしい自転車事故の話~初めての口座は「ゆうちょ銀行」が半数に。 | 生きている時代のブログ

本当に恐ろしい自転車事故の話~初めての口座は「ゆうちょ銀行」が半数に。

中高生に賠償金1億円・禁錮刑・一家離散のケースも!

本当に恐ろしい自転車事故の話

自転車は乗り物の中ではいちばん安全なはずなのだが、「乗る人の意識が甘い」

移動手段として手軽なうえ、昨今の健康志向や新型コロナウイルスの影響で公共交通機関を避けるための利用、デリバリーサービスの自転車も見かけることが増えた。

しかし、同時に危険な運転を目にするのも日常茶飯事だ。

「危険な運転として信号無視や一時停止場所での不停止、スピードの出しすぎ、スマホを操作しながら周囲の安全に気を配らない状況での運転、飲酒運転など。

自転車運転者講習の対象となる危険行為として規定した「改定道路交通法令施行令」を公布、6月30日より施行される。

危険行為で3年間に2回以上、摘発された14歳以上の自転車運転者は安全講習の受講命令を受ける。それに背けば5万円以下の罰金が科せられる。

「過失があって事故を起こした場合、民法上の『不法行為責任』に該当し、損害賠償を請求される。

子どもでも損害賠償が高額になりえる。

「14歳以上ですと本人、14歳以下だと親が支払いの責任を負うことになる。」

兵庫県では2013年に判決が出た自転車事故の裁判で、神戸地裁は加害者だった男児(事故当時小学5年)に対して9000万円超の支払いを命じた。

ほかにも6千万円、7千万円クラスの支払いが命ぜられている判例はいくつもある。

「支払うために家財を売り払った、自己破産をしたケースも耳にします。一家離散したご家庭もある。」

しかし、未成年者は資力がないため、支払いができず被害者が泣き寝入りするケースも後を絶たない。

だが、自己破産をしたからといって損害賠償額がゼロになるわけではなく、一生つきまとう。
「支払いから逃げ続けた結果、被害者から裁判を起こされて、新たな賠償命令や銀行口座の凍結命令が出た判例もある。」

「賠償額がいちばん大きいのは命は助かったが重い後遺障害が残った場合。

「ほかにも生涯働いて得るはずだったお金、労働の対価の賠償。非常に重い後遺症のための慰謝料。

それらの総額が1億、2億と請求される。」

そこで、万が一のために自転車保険への加入が必須。

加入率は5、6割程度とまだまだ低いのが現状という。

刑事処罰では

「一般的には18歳未満は家庭裁判所に送られ、18歳以上は成人と同じように裁判で刑事処罰を受ける可能性がある。」

被害者に自転車をぶつけ、逃げれば車のひき逃げと同様の処罰が科せられる。

「何千万円もの損害賠償の支払いだけでなく、成人なら前科、前歴として残る。少年でも前科や事故の内容により、少年院に入る可能性もある。」と。

軽い気持ちで乗る自転車は最悪

死亡事故となりえるのをどのくらいの人が認識しているだろうか?。

スマホ片手に音楽聞きながらスピード出しどこでも突っ込んでくる人間もいる。

無燈で信号無視も当たり前の様な交差点では歩行者はたまったもんじゃない。

自分の経験でも交差点で待っているとき

まだ赤なのに後ろから背に自転車がぶつかり

そのまま逃げるように走っていく20代くらいの男のことを思い出す。あれが高齢者だったり子供だったら転倒して怪我していたと思う。

これからは自転車ぐらいと甘い考えではすまないことを認識すべき。

厳しく取り締まってほしい。

初めての口座は「ゆうちょ銀行」が半数に、LINEが調査

「LINEリサーチ」が、全国の15~59歳の男女を対象に実施した。

初めての銀行口座について調査結果を6月24日に発表した。

調査は、5月18~20日の期間に行われ、5252人から有効回答を得ている。

調査対象者に、初めて作ってもらった自分名義の預金口座はどこかを尋ねたところ、「ゆうちょ銀行」が最多となった。

以下、「地方銀行」「都市銀行」が続いている。

10代では、「ゆうちょ銀行」が3割超で最多だったが、20代以降で「都市銀行」「地方銀行」の割合が高い。

・引き出し手数料いつでも掛からないから金ないうちはゆうちょ銀行でした。

・国内どこでもATMがある郵貯が1番べんりです。 などと。

やっぱり昔からどこの町にもある郵便局が親しみやすかったもんね。

郵便配達で親しみがあるのだから。

しかしゆうちょ銀行

4月からは定期貯金の金利引き下げで民営化後で最低になったもんね。

いずれも預入期間にかかわらず、0.01%だった金利を0.002%に。

タンス貯金は怖いので

ほとんど預けているだけの貯金。

増やすには厳しい現状かと。

 

 



テキストのコピーはできません。