早く気付いて、早く始める人が、快適な人生を歩むことができる。と。

5000万~1億円という貯蓄も夢ではない

この国で、老後の生活設計を始める平均年齢は50代だそう。

しかし、それは公的年金と退職金に老後生活が守られていた時代の過去の話。

 

今でも、子育てが終わったら貯蓄始めようとする人が多いが、それでは豊かな老後を送ることがむずかしい時代となった。

なぜなら、公的年金も退職金も先細りが否めない。

老後を支える柱としては、なんとも頼りないのだ。

 

通常なら子育てが終わる歳というのは、親は50歳前後に到達しているが

それでは 定年、リタイアまで、10年か15年くらいしか時間が残されていない。

しかし、そのくらいの運用期間では、貯蓄をつくるには時間が短する。



お金は運用期間が30年間くらいあると、驚くほど増える。

 

40歳までに1000万円つくるということを目標にしてみる。

 

金利がほとんどゼロの預貯金で40歳までに1000万円を作ろうとすれば、25歳から毎月55000円の積立が必要。

しかし、毎月5万円の積立というのは、そもそも楽ではないはず。

 

たとえば、保険商品(変額年金)や投資信託で、年7.6%で回るような複利運用をすれば、25歳から毎月3万円のつみたて型投資で、15年間で1000万円が出来る。

 

結婚祝いでもらった100万円を25歳で一括投資すれば、その後の15年間で1000万円をつくるには、年7.7%の期待収益率で毎月2万円で済む計算。

 

これなら、かなりハードルが下がりませんか?

 

40歳で1000万円をつくることは、プランさえ考えつけば、だれでにも可能なこと。

それができれば、リタイアまでに5000万~1億円という貯蓄も夢ではい。

 

早く気付いて、早く始める人が、快適な人生を歩むことができる。と。



 

やっぱりこの社会

お金だけではないけれど

この人生 お金というアイテムも生きていくうえでは重要だ。

 

20代 30代とまだ先があると思って散財していると貯金もそれほど出来ない。

 

もっと意識すれば30年で相当額が貯まるはず。

 

自分の知人ではまだ20代前半なのにすでに一千万近く貯蓄しているのがいる。

 

そんなに給料はもらっていないのにね。

 

彼の持論としては

入ってきたお金は極力 ムダ金にしないのが鉄則なのだそうだ。

 

彼の行動見ればやっぱり浪費は見られないな。

衣食に関しても会う限りでは質素。

旅行もしているけれど格安飛行機での旅 それも格安の宿でとか。

 

車とかも持たないしね。

 

それでも趣味のビリヤードとかカラオケとか旅とか楽しそう。

 

 

お金は無理やり増やそうとするとリスクもあるからやっぱりコツコツがいいと自分は思う。

 

自身も今月は無駄遣いしないと意識しただけで10万近くは余った。

 

いっも様に意識しないより倍近くは貯められるから凄い。

 

この数十年の息道を楽しむためには たった一つの命とお金というチケットは不可欠。

 

こういう社会の仕組みでは少しでも安心が必要かとも。




テキストのコピーはできません。