将来10万円一律給付」後悔する使い道とは

申請していた給付金10万円が振り込まれた。

まだどうするのかも考えは及ばないのでそのままに。

外は雨

道の駅に買い物に行くけど物もそんなに多くはないなか人は多くて直ぐに引き上げる。

まだまだ元には戻らない世の中で何か変な心地。

みな疑心暗鬼の視線を買い物の中で感じて。

10万円一律給付」後悔する、やってはいけない使い方とは?

「’08年、リーマンショックのときも、一人当たり1万2000円の現金給付がありました。非常に中途半端な金額だったこともあり、受け取ったことすら、忘れてしまった人も多いのではないでしょうか。

それに比べ、今回は10万円と桁違いの金額。

夫婦と子ども2人の世帯なら、総額40万円が世帯主の口座に振り込まれます。

なぜ、国がこんな大盤振舞いをするのか。

ようするに、この先、日本経済が未曽有の大不況を迎えることを想定した一時金の意味合いでしょう。

給付金の額から推測するに、リーマンショックの数十倍の大恐慌が目前に迫っていることは間違いありません」

【1】貯金「今の生活」に使うべし!
【2】投資「いまは損するばかり」と心得るべし!
【3】外食「家族でぜいたく」している場合にあらず!
【4】自分へのごほうび「のんきな考え」は捨て、まだ先にせよ!
【5】家電の買い換え「優先順位」を間違えるべからず!
【6】ネット通販「ポチする誘惑」に勝つべし!
【7】ギャンブル「あぶく銭」と考えるべからず!

3カ月後の生活苦を見据えると、この給付金は一家にとって、本当に大切なお金です」

この10万円の使い方が、あなたの家計の明暗を分けるかもしれない。ぜひ賢い使い方を。と。

 

ほんとにこの先の経済は見えないもんね。

投資とか今が安いと煽られて素人が手を出すと

最後は全部持っていかれるだろうね一部に。

仕事をなくした人も多く

給料が8月からとか聞いたけど

どうなるんだろうねこの社会。

 

でも今言えることは

このコロナもワクチンが出来て安心するまでは

しっかり経済の方は隅々まで廻してもらわなければ。

 

もう保証できるお金が無いので

3密を解除して無理に経済回して

あとは危険からは自身で守ってくださいとか

曖昧な政策では崩れてしまうよこの国も。

しっかり最後までかと。

 

テキストのコピーはできません。