天才とかいうけど脳の大きさは一緒ぐらい。

名言
スポンサーリンク

才能の差は小さいが、努力の差は大きい。
継続の差はもっと大きい。

『天才とは、ただ、努力の継続をできる人のことをいう』

実際の人間の脳では

体重の約2%の1400g しかないという。

しかもこの脳はたえずエネルギーを消費する。

体全体での約20パーセントものエネルギーを使っているらしい。

この司令塔の脳はいつも頑張るので直ぐに疲れる。



天才とかいうけど脳の大きさは一緒ぐらい。

グリア細胞やシナプスで伝達速度とかそんなに違わないと思う。

やっぱり天才と言われる人は人一倍の努力者。

他人の見えない所で努力している。

それに諦めないで継続する力を持っている人間。

 

人は

嫌いな事ややる気のしないことには継続は疲れるもんね。

直ぐに眠たいと脳は休んでしまう。



好きなTVとかはいきいき見ているのにね。

好きな事には

脳はひらめきまで与えてくれる。

そこらへんの意識の違いが天才と凡人の差かと。

 

面白くない押し込み勉強は辛く眠くなるけど

ちょっと意識を少し変えたら

興味あるようにクイズ的にしたり見方を変えたりして

脳を飽きさせないようにすれば継続力も出てくるもの。

 

そうやって継続が重なれば

夢も叶ったりする。

普通では到底叶わない夢の夢の実現。

 

他人を羨ましいと思うより

何か継続見つければ

自身が天才となるから不思議。

諦めなければ天才!

 

この世は目の前の現実だけでなく

発想 ひらめきの繰り返しが

一番の自身の価値あるものになるのかと。

 

 



テキストのコピーはできません。