器量は当座の花~容姿・外見的な美しさは、長い人生のなかの一部分

名言
スポンサーリンク

10月の気候の良い日々。

南のかなたには大渦巻きが発生したとか。

週末から来週は天候が変わりそう。

 

今日は休みで久々電車に乗ったけど凄いねこの混雑ぶりは。

もうコロナは無いかのようなぎゅうぎゅうぶり。

車内には子供連れもいたけど外が見えないと泣きべそ聞いて可哀そうになった。

 

街中はそんなに人は多くないけど平常に戻りつつあるのを肌で感じる。それにしてもいい天気だ。

もう少しだろうね我慢もみな。

器量は当座の花

容姿・外見的な美しさは、長い人生のなかの一部分でしかないのだから、そこだけに囚われるのはよくない、という意味。

そこだけで判断してしまったり重視しがちだが、それよりも中身の素敵な部分を意識して生きていくことが大切であるという意味。

ほんとにそう思うよ。

よく年相応とか言うけど

年齢に似つかわしいさま。

若作りでもなく、年寄り臭くもない様子とか。

 

その年代で自身がやりたいことやって輝いていれば年老いても容姿も笑顔で美しく見えるもの。

いくら

外見ばかり取り繕っても人としてのやさしさや思いやりがなければ浮いて見えてしまうもんね。

信頼おけない軽い人間みたいに。

 

内面を輝かせるには

何でも興味持って

自身が信じる好きなことをやるのが一番かと。

 

この季節は

特にサイクリングするのもいいね。

川沿いの道を走ると気持ちいいし最後のコンビニでの飲水は格別だもの。

土日の

いい運動にもなるしね。

ストレス発散にもね。


人気ブログランキング

 



テキストのコピーはできません。