一生に何回かは生きていて良かったと思える日がくるぐらい。

名言

我々は泣きながら生まれて、文句を言いながら生きて、 失望しながら死ぬ。

8月になりもう10日も過ぎようとしている。

今年は花火も無かったし夜店にも行っていないし寂しい夏。

季節の行事を味わっていないもんねこの半年は。

昨年の自由な行動を羨ましく感じる。

しかしこのマスクはどうにかならないかなとにかく暑過ぎる。

仕事はまだまだ終わらない今週も。



我々は泣きながら生まれて、文句を言いながら生きて、 失望しながら死ぬ。とか人間の本性丸出しだね。

なにせ喜怒哀楽の生きものだから。

 

楽しいことはほんの少ししかない日々。

一生に何回かは生きていて良かったと思える日がくるぐらい。

それを楽しみに生きている人々。

そのくらいが本来の人間の息道。

 

耐えに対しては防衛反応で多少の文句も出る。

でもそれは息抜きと同じで

小声でも文句を言ったらその倍を頑張る人。

そうやって長い年月を頑張る。

 

そうやっていつもの様に当たり前の今日がある。


しかし

最後の空間は

突然にやってきたりする。

 

病気以外でも

青の横断歩道歩いていても

車が突っ込んできて死んだりする事故は年間何千件もある。

 

外を歩いていて

物が頭上に落ちてくるかもしれない。

崖から落ちるかもしれない。

海で川で溺れて死ぬかもしれない。

 

奇跡的に生かされてるのが分かる。

 

まあそんなに立派に生きてはいないけれど

この世を恨んだりするけど

この世に未練のあるように最後は失望して死ぬと。

 

それが本来の嘘偽りのない人間というもの。

 

そのぐらいが本来の生き方なんだから

あまり肩に力を入れずに

自身のままに ままに生きるのがいいね。

 

自然と溶け込むぐらいが調度よいのかも。





 

 

 

 

 

 

 



テキストのコピーはできません。