これ以上の誰も通ったことがない自身の尊い息道がある。 | 生きている時代のブログ

これ以上の誰も通ったことがない自身の尊い息道がある。

名言

今この瞬間にあなたが無常の喜びを感じていないとしたら、 理由は一つしかない。 自分が持っていないもののことを考えているからだ。 喜びを感じられるものは、全てあなたの手の中にあるというのに。

昨日も暑かったけど朝からの一斉の蝉鳴きでよけいに暑く感じる朝。

クーラーは当たり前だけど朝は自然の空気がいい。

窓を開けてやかましいけど室内から扇風機で外に向けて当たる風は心地よい。

でももっと夏は暑かったような気がする子供時代は。



喜びを感じられるものは、全てあなたの手の中にあるというのに。

ホントにそうだと思う。

目のというのは外を見たがるもんね。

そして

この生きものはすぐに飽きてしまうし刺激もとめる傾向にある。

どんなに素晴らしいものが手に入っても日が経てばまた次の物に目移りする。

まあ車とか物欲ならまだいいけど・・・

 

だけど

自身の想いだけは心変わりはしたくはないもんね。

 

それには

スマホばかりの人間が故意に作った世界ではなく

自然を見つめるのが一番だと思うよ。




山に行っても見ても 海に行っても見ても 滝に行っても見ても

どこに行ってもいつもこころは蘇る。

 

きっと幸せを想うときは

もうたいがいの幸せをつかんでいるのだから。

 

この命はたった一つ

この一秒 一秒が 生きている証。

電車から見える風景も

こころして見れば

この空間を走り去る自然を感じれる。

 

自分が生きてきた過去からを蘇らせる。

この実感が大切。

これ以上の誰も通ったことがない自身の尊い息道がある。

 

過去も今も未来も幸せなのかと。

正直に

生きている限りは。

 



テキストのコピーはできません。