お金とは この数十年を生きるなかで自由を与えてくれるもの。 | 生きている時代のブログ

お金とは この数十年を生きるなかで自由を与えてくれるもの。

名言

金は借りてもならず、貸してもならない。 貸せば金を失うし、友も失う。 借りれば倹約が馬鹿らしくなる。

暑い夏には火照った体を冷やしたい。

アイスコーヒーの氷がまた美味しい。

帰りの道ではスーパーでついアイスの箱入りを買ってしまう。

冷蔵庫の中には黄色のスイカが見える。

食事は蕎麦だしいったいどのくらいこの体を冷やすのかと思う。

胃には悪いだろうけど幾分と涼しくなるから気持ちが良い。

でも凄いねこの体

いつも37度近くを保ってくれているもんね。

この体

30度も無ければ死んでしまう。

ありがたい体温と。


お金はこの社会で生きる人間の便利なツール。

生きる上で誰だって最低限のお金が必要。

この空気中の吸い込む20%の酸素以外はほとんどお金が必要なのだから。

 

生活のための衣食住以外にも家や車にも自分が欲しいものはすべてお金と交換システム。

お金を得るためにみな耐えを乗り越えている日常。

 

その苦労が分かっている人は簡単にお金は借りないし貸さない。

お金の大切さが分かっているからね。

大切にするし欲しいものもぐっと我慢したりする。

今自分に必要なものを受け入れているこころ。



もし

友人に頼まれて

どうしてもお金を貸す場合はそのお金はたいがいいつ迄待っても戻っては来ないからあげる覚悟が必要だ。

きっと遠のいていく友人関係。

 

お金を甘く見る人間は

欲が欲を呼び自身をコントロール出来なくなる。

簡単に手に入れようと浅知恵ばかりでその先は苦労ばかりの息道となる。

こうなると辛いよ。

お金のありがたさも忘れただ必死にそれだけをも求める貧しいこころ。

 

お金とは

この数十年を生きるなかで自由を与えてくれるもの。

物だけでなく愛することや旅することまで叶えてくれる。

 

お金を大切に

倹約して耐えの業の交換で日々頑張っていれば

ある程度のお金は溜まっていく。

 

継続していけばかなりの大金となる。

 

自身の夢のためや愛するひとのために必ず役立ってくれる。

 

無駄な浪費ばかりの息道では不安ばかりとなるのは当然の報い。

 

お金の先を想えるように。

ありがたい

ありがたい

自身を守ってくれているのだから。

まずは財布のお札をきちんと並べて感謝かと。





 



テキストのコピーはできません。