いつになったら人間はただ知性のみを追って進むようになるのであろうか。 | 生きている時代のブログ

いつになったら人間はただ知性のみを追って進むようになるのであろうか。

名言

10歳にして菓子に動かされ、20歳にしては恋人に、30歳にして快楽に、40歳にしては野心に、50歳にしては貪欲に動かされる。
いつになったら人間はただ知性のみを追って進むようになるのであろうか。

知性とは物事を知り、考え、判断する能力のこと。

意思や感情などの理性や感性とは区別され、より概念的に物事を理解すること。

 

でも感情で生きる人間だもの生きていくうえでその時の感情は大切な今を生きる証。

ロボットみたいに無感情では進めないからね人は。

その時代に何かを目標にして今を生きたがる人という生きものも。

まあその時々のいかに迷わない判断ができるためには感情だけでなく様々な物事の知識があればより後悔もないだろうけどね。

 

SNSやTVからの偏った情報だけでなく

やっぱりいろんなジャンルの読書が肝心。

この世の物事の仕組みを知らなければ間違えた判断でも進んでしまう。

 

でも最初にもどるけど

知識では分かっていても損得は分かっていても自信を殺さずに生き抜くためにも信じるこころ感情は一番大切なもの。

10代 20代 30代 40代 50代 60代 70代・・・

みなその時々の想いの中で生きていく。

そういう生きものだと思うよ人も。

そのためにももっと想える人になりたい。

 

11月になって今年もあと2ヵ月もなく2020年も過ぎようとしている。

コロナ コロナで始まりまだ先が見えない時代。

今年の冬も寒くなりコロナも威力増すだろうね。

そのなかでも生きていくしかない日常生活。

部屋には新しいホットカーペットを敷きファンヒーターを準備寒さへの準備も万全とした。

 

そういえば昨日電車で待っていると

隣の列におじいさんが並ばずに電車が止まると横から悪気も無い様子で入ろうとしている。

誰も注意することなく車内に入り座っている。

横着そうな表情で周囲を見ている。

いつもこんな風に生きてきたんだろうね。

子供たちからも見下げられた行動。

恥を知らない人生で哀れかと。

 

日曜の朝は

暖かいコーヒーでふ~っと落ち着く。

 

窓から見上げる空は青く気持ちがいい。

髪も伸びたし切りに行こうかと感じた。

日曜の今日は思いのままの行動で過ごそうか。

 

 

 

 

 

 

 



テキストのコピーはできません。