Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

パチンコで借金300万円…生活保護で3畳一間暮らしの29歳は自立できるのか

 

10月最後の日は寒い。

 

どんどん季節は寒い方へ移行中。

 

夕刻の暮れも一段とつるべ落とし。

 

電灯の光をみてみなわが家へ急ぐのかと。

 

パチンコで借金300万円…生活保護で3畳一間暮らしの29歳は自立できるのか

 

貧困に抗う若者たちの「再出発」に密着。家や職を求めて、貧困から抜け出そうとしている若者たちを、どのようなハードルが待ち受けているのか。再起を願う彼らに同行し、その姿を追った。

 

「パチンコで300万円の借金をつくってしまい、自己破産しました。派遣バイトはしていたのですが、返済などでほぼ無一文。無料で泊まれる生活困窮者の自立支援施設に3か月滞在し、そこからはこの3畳一間の簡易宿泊所で暮らしながら生活保護を受けています。今は週6でギャンブル依存症を治すクリニックに通う毎日。

 

月額13万円ほどの保護費からは宿泊代金が差し引かれ、残った額が生活費となる。ただし、ギャンブル依存症の河合さんは、その受給費を自由に使えない。

「使い込み防止のため、一日1000円分の生活費を週払いで支給されています。ですが、クリニックに通い始めて2日目にパチンコに行ってしまい……。入店してから30分で全財産を失いました」

そこから数日はクリニックで支給される1日1食でしのぐ生活に。あまりの空腹で、「部屋から徒歩1時間ほどにあるスーパーまでカップ麺が当たるくじを引きに行ったこともあった」という。

 

周りの住人からはいぶかしむ目で見られ、部屋にはゴキブリが大量発生している。それでも「最近はこの生活に慣れてきた」と話す。

時折、酔っぱらった住人の奇声が聞こえる簡易宿泊所の一角で、今日も彼は自立までの日々をブログに上げ続けている。と。

まあ甘ったれた青年とも言われようがギャンブル依存症は本当に怖いとも思う。

 

脳の病気、刺激を求めその為には今の見合った生活をも崩す。

 

覚醒剤とか薬物使用者もよく言うね、どんなに断薬していても目の前にあれば直ぐに使うと。
脳のシナプスがその刺激を忘れられないと。

 

まあ個人の責任とも言われる社会だけど、巷には駅前から学校の近くまでどこにでもあるパチンコ屋。

TVのCMでも朝から流れる煽りまくるギャンブル映像と音。

 

タレントまで使い誘惑ばかりの実像と虚像の社会ではますます依存症が増えるだろうね。個人責任扱いで。

 

おかしいことはみな承知でこの国は税収ばかりの頭で個人の不幸せなど関与しないのだから。

 

ホントに街中にごきぶりホイホイでも置いてあるようだこの国は。

 

この青年も汗水たらして働かなければ逃げてばかりでは自身の息道も迷い道に閉ざされるのかと。

 

人は何よりまずは汗水たらさなければ。

そこからかと。

マラソンの元日本代表・被告(36)は今年2月、群馬県内のスーパーで菓子を万引きした罪

 

継続は力なり

帰りの交差点で会った人見て本心で思えた強さ。

 

最初は脆い力でも継続することで本当の力となる。

 

例え最初は弱くても。

 

目の前の人見て強く感じた夕刻。

元日本代表「二度としません」 執行猶予中に万引き

マラソンの元日本代表・被告(36)は今年2月、群馬県内のスーパーで菓子を万引きした罪に問われている。

当時は、別の万引き事件で有罪判決を受けて執行猶予中でした。29日の裁判で裁判官から「次は刑務所に行くという実感はあったか?」と聞かれると、原被告は「あったが、自然に手が出てしまった」と答えた。

検察側は「常習性がある」として懲役1年を求刑した。

これに対し、原被告は「もう二度としません」と泣きながら猶予付き判決を求めた。

 

今や、検挙されている万引き被害は年間7万件以上とも。

 

書店の事例では、1冊の万引きの穴埋めするために5冊の販売が必要。書店の事例では、多い年で年間500万円以上もの万引き被害が出る。

 

単価の安いスーパーでは万引きで営業継続が出来なくなり周囲の人々も困ることになる。

 

万引きはお金を持っている人間も多く検挙されている。

 

軽い気持ちでとか、お金を減らすのが勿体ないからとか、自己都合の面々も多いと聞く。

 

人間がこの大地で生きていくうえで守らなければならない最低のルールは必ず守らねば自身も安全な恩恵は受けられなくなる。

 

このケジメはしっかり小さい内から意識させないとこんなでたらめな社会になってしまう。

万引きはだめですよ、犯罪ですよ、だけでは盗る人格の人間には効かない。

 

このマラソンの元日本代表・被告も根底には自分のものと他人の物の区別がつかないでいると思う。

 

赤ちゃんではないのだから

欲しいと思ったら手が出たでは済まされないよ。

 

お店の人やお客さんのことをもっと想ってみな正しく生きあおうよ。

 

 

交通違反で検挙された経験がある人の割合はどれくらい?

 

待てば何とかの便りとかあるけれど

こころの片隅のどこかにあったよう

 

現実に起きたものにこころ動かされた日。

想いは叶うのか。

交通違反で検挙された経験がある人の割合はどれくらい?

 

Twitter上で、交通違反で検挙された経験についてアンケートを取ってみた。

◆検挙されたことがある:46%
◆検挙されたことがない:54%
(回答数:264票)

回答いただいた皆さんの声
・10km/hオーバー程度のスピード違反だったのですが上手く計測できなかったらしく、その際マフラーの違法改造で取り締まられました。車検適用マフラーだったのに……。あとコンビニの駐車場からバックで道路に出て、走り出した次の交差点で、シートベルト違反を取られました。

・今まで色々ありますが、一番納得いかなかったのが高速道路での車間距離違反。スピードも出してなく、車間も詰めていなかったので抗議したのですが、後日他県の警察署に出頭だったので、罰金を払って諦めました。

 

2人に1人が検挙されたことがあるというのは、割合としては結構高いということもできます。

交通ルールは本来、事故を防いで道路の安全を守るためにあります。煩雑な交通ルールや警察官が重点的に目を光らせている地域には、それ相応の理由があると考えてよいでしょう。
今一度初心に立ち返り、交通ルールを遵守した運転を心がけるようにしましょう。と。

 

これだけ家のすぐそばを鉄の塊りがスピード出して行き交うのだから危険なのは当たり前だ。

 

特に朝の通勤通学の時間帯とかでも携帯片手に赤になっても突っ走る良識ない人間も数多くいるからね。

 

でも時々おまわりさんどうしてそんな所で隠れて取り締まっているの?と思うこともある。

 

一方通行の道とか入口に姿を見せるだけでいいと思うけど出口でしっかり待っている検挙。

また、交差点の前の家の細い奥道でこっそり白バイに乗っている。

スピードも出せない所なので携帯とか一端停止違反とかシートベルト違反とか取り締まっているのか。

 

高速道路では料金所入口で走って駆けてくる。

後部座席に座っていた自分がシートベルトをしていないように見えたんだろうと思う。

窓まで顔のぞかせ、がっかりした表情。

一度交差点で真近で黄色になり後続車も近かったので急ブレーキは危ないので走ったら、うぉ~んと「前の車止りなさい」と。

 

片側2車線だったので横の車も数台行ったのに自分だけ止められた。

 

状況説明するも全然 ぬかに釘状態。納得いかなかったけれど罰金と。

なかなか平等にはならないね、各々の価値観での取り締まり。

 

でもほとんどの警察官はよく働いていると思う。

 

この社会の安全が保たれているのもこの人たちの力あってこそ。

 

日本の警察官は少し優しすぎるとも思う。

 

今の渋谷の夜の状況とか祭りなのか浮かれた輩が無法地帯に。

ゴミは散らかし物は壊し集団でしか虚勢を張れない弱き輩の面々。

 

こんなの0時以降でも騒いで迷惑かけている輩達は水放水でもやればいいのに。

 

やっていいこととやってはいけないことの判断がつかない者にはしっかりその場でお灸をすべきかと。

 

 

 

NMB・山本彩 笑顔でさよなら「本当に、最高でした」“さやみるきー”も復活

 

朝食、もらった梅干しがとても美味しかった。

いつも食べているのと違ってなめらかというか上品な味。

豚汁といっしょに食して朝から元気になる。

でも人間はよく食べるね、昼は昼で美味しい近くのハンバーグ屋さん。

サラダもたくさん食べてgood。

この大地の自然の食に感謝かと。

NMB・山本彩 笑顔でさよなら「本当に、最高でした」“さやみるきー”も復活

 

NMB48の山本彩(25)が27日、大阪・万博公園東の広場で卒業コンサート「SAYAKA SONIC~さやか、ささやか、さよなら、さやか~」を開催した。約3万人を前にデビュー曲「絶滅黒髪少女」、「365日の紙飛行機」など全36曲を披露。

 

山本は「NMB48は私の青春でした!」「8年間、本当に、最高でした!」とファンに感謝。最後まで涙は見せず、笑顔でステージを締めくくった。

 

「メンバーの道しるべになれるよう精進します。自分に厳しく、皆さんを幸せにできるよう頑張っていきます」-。1人で歩く新たな道へ、揺るぎない1歩を踏み出した。

 

本当に彼女は人への想いが美しく素晴らしい人だと感じる。

 

自身に厳しく人へはいつも思いやり、誰からも頼られ光を灯す人かと。

 

自身も以前友人からもらったクオカードを使わずにもっている。

見ていて美しいし声もいいし何より人間性を感じる。

 

今の社会、自分が 自分が と見せたがるけど ほっと落ち着く彼女。

 

これから先も先を行く人としてファンをみなを優しい光で導いてかと。

 

さて、今日は日曜、西郷どんを観ましょうか。

休みの最後の楽しみかと。



女子高校生にわいせつ行為か 京都の現職警察官逮捕

 

朝から寒いのは気のせいではないよう。

1日の業を終えての帰り道は薄暗く寒い。

 

帰りのスーパーもお客も少なくレジ待ちの店員さんが少し暇そうな表情。

 

足早に買い物済ませた。

 

寒い時はやっぱり鍋がいいね、身もこころも暖まる。

あ~遅くも今週もやっと自由な空間がやってきたと何かと頭の中は忙しい明日の事で。

・女子高生痴漢容疑で逮捕、不起訴の男性技師を停職4カ月 千葉市

千葉市は26日、電車内で女子高校生の尻を触ったとして、千葉県迷惑防止条例違反(痴漢)容疑で同県警船橋東署に逮捕された同市建築管理課の男性主任技師(35)を停職4カ月の懲戒処分にした。

 

・女子高校生にわいせつ行為か 京都の現職警察官逮捕

強制わいせつ致傷の疑いで逮捕されたのは、京都府向日町警察署・交通課の警部補、容疑者(34)です。

京都市北区の路上で帰宅途中だった女子高校生(16)の下半身などを触り、倒してけがをさせた疑いがもたれている。

 

・セクハラ疑惑の前町長 強制わいせつ容疑で書類送検

女性に無理やりキスしたなどとして、セクハラ疑惑で不信任決議を受けて失職した群馬県みなかみ前町長が強制わいせつの疑いで書類送検された。

・酔った町議がセクハラか 叱責されガスメーター破壊

議員は19歳の女性アルバイト従業員の腰の辺りを何度も触ったとされている。磯貝議員は妻子ある43歳。

 

・「何年生?」と声掛け 女子児童の胸を…45歳男逮捕

容疑者は1日、葛飾区のマンションの階段でこのマンションに住む小学校高学年の女子児童に「何年生?」と声を掛け、服の上から胸や尻を触るなどわいせつな行為をした。

 

毎日、毎日のようにばかなハレンチ男が報道に。

 

どうしてそこまでなるのか性癖の問題だけなのか信じがたい内容。

 

こんなに毎日有識者までもがハレンチ行動に出るともはや男という生き物は全てが野獣かと思わせられる。

 

こんなんでは小さい子はたまらないよ、気持ち悪くて。

 

変な本能だけが優先してしまう男性はもうこの先の息道は寂しいものになることを強く自覚せねば。

 

できないのなら塀の中か治療を受けなければ。

 

人間は愚かな部分もあるけれど 先を想像し 想い描いていくことのできる賢い部分もあることをくれぐれも忘れないように。

 

変なネットばかりに浸っていると現実も仮想の境界線もあやふやで分からなくなるよ。

 

もったいないよこれから先、自分が壊れていくよ。

 

よくよく考えねば、被害に遭う女性が自分の家族だったらどう思う?、痴漢とかばかな行為は出来るはずないし気持ち悪いよ 人として。

 

しかし猛烈な台風26号は凄い勢いで進んでいる。

被害が少ないことを祈るしかないのかと。

性的暴行で逮捕された東大生の言動 「税金使わせてもらって…」

 

週末なのに半分の喜び。

 

明日も業が続く。こういう立場の人も多いのでは。

見ていて情けなくなる人間。

性的暴行で逮捕された東大生の言動 「税金使わせてもらって…」

「ミスター慶応」に続き、「ミスター東大」がレイプで逮捕された。しかも今回、パクられた「ミスター東大」も「ミスター慶応」同様、グランプリではなく、ファイナリストの「なんちゃってミスター」だ。SNSに自撮り画像を投稿する「ナルシシストぶり」も共通している。

 

ユーチューブでは平然と「東大以下は下界の住民、稲井大輝です」と言い放つ。さらに実話ナックルズの昨年のインタビューでは「(経験人数は)600人とかですね。一生モテてたいですね。大学が今、3年生で5年目なんで、東京五輪が終わったら卒業しようかなって。それまで皆さんの税金使わせてもらって。ホント、自分、偏差値高過ぎで申し訳ないです」と言いたい放題。

 

よくもこんなのがこの大地の上で生き育って情けないね。

 

偏った本能を必死に悪知恵働かせてバカな行動する生き物。

 

認知の歪みがあるんだろうね、哀れなぐらい。

 

まあ堀の中で少しは自分を見つめられるのかな、ほぼ無理だろうけど、先も見れず危ない。

最近、こういう輩がよく出てくるね。

やっていいことと、やってはいけないことの判断も出来ないおこちゃまアダルト人間。

別の患者にインスリン投与 同姓勘違い、函館市の共愛会病院

 

北海道函館市の共愛会病院で8月下旬、糖尿病患者向けのインスリンが同じ名字の別の女性患者=当時(91)=に誤って投与され、低血糖で一時、意識不明になった。

 

2人の担当である60代男性医師が糖尿病患者のインスリンを注文する際に名前を間違えたため、同23日以降女性に1日1回0.14ミリリットルを3日間にわたり投与した。
女性は同25日、低血糖発作で意識不明になり、病院に駆け付けた家族が医師の勘違いを指摘して発覚。

 

ホントにこういう医療事故は起きてはいけないはずなのに勘違いや思い込みによるヒューマンエラーは今のままでは絶対になくならない。

 

事故は 氷山の一角。

 

病気を良くなすために入院するのにミスで命をとられるのではたまらない。

 

自分も以前入院した時に点滴を間違えられた。

あの時の慌てた看護師の行動にはびっくり、謝罪も無かったな、いきなり半分ぐらいの点滴を引き抜けれただけ。

 

入院する時は病気もだけど人災に覚悟も必要かと。

これが今の医療の現実。

出来るだけ病気は自己免疫で乗り切りましょうかと。

 

 

 

 

全国の小中学校などが2017年度に認知した「いじめ」の件数が、前年度比9万1235件増の41万4378件

 

もうシャツの上の上着が必要な深い秋。

 

しかし南の彼方には今世紀最大という大渦巻きが動く。

 

フィリピンとかこの間も大変な被害だったのに心配だ。

 

どんどん自然の驚異も大きくなるばかり

来年はもっと大きな災害が起きそうで気を付けるだけでは済まなそう。

TVからは、プロ野球ドラフト会議。

当たり前のことかもしれないけれど新人が入れば戦力外通告される選手も多いと聞く。

まだ自身はやれるのにと思っても遠慮なく戦力外。

 

明日からの道しるべが揺らぐ。

 

悲しいかな輝かしいかな夢のそれが宿命のプロ軍団。

だからみな必死、だからファンも応援に気が入るのかと。

厳しさの中で。

いじめ認知41万件に=最多更新、小学低学年で急増―17年度問題行動調査・文科省

 

全国の小中学校などが2017年度に認知した「いじめ」の件数が、前年度比9万1235件増の41万4378件だったことが25日、文部科学省の「問題行動・不登校調査」で分かった。

過去最多を更新。特に、小学校の低学年での増加傾向が顕著だった。

 

認知件数は、小学校が7万9865件増の31万7121件、中学校が9115件増の8万424件、高校は1915件増の1万4789件。小学校1~4年で各1万4000件以上増えた。

 

いじめの内容(複数回答)では「冷やかしやからかい、悪口」の割合が62.3%を占め、最も高かった。「軽くぶつかられたり、遊ぶふりをしてたたかれたり、蹴られたりする」が21.0%。インターネット交流サイト(SNS)を含む「パソコンや携帯電話などでの誹謗(ひぼう)、中傷」は3.0%の1万2632件で過去最多となり、高校ではいじめの内容で2番目に多かった。

小中高校から報告があった児童生徒の自殺は250人で、前年度から5人増。このうち、いじめの問題が要因とされたのは10人だった。

30日以上欠席した不登校は、小学校が4584人増の3万5032人、中学校が5764人増の10万8999人、高校は1078人増の4万9643人だった。暴力行為の発生件数は、小学校が5474件増の2万8315件だった。

 

いじめの多さと今の社会状況は似ているね。

 

仮想化ネット社会がいじめをも簡単に拡散させているよう。

 

いつも比べたがる本質を持つ人間という生き物。

 

可笑しなことで小さいころから点数比べたり体のつくり比べたり話し方比べたり性格比べたり貧富の差比べたり持ち物比べたり・・・・・。

比べながら自身を形成しようとする、その他大勢の中に入ろうと自己防衛に必死な姿。

 

本来の幸せ探しの旅とはかけ離れた道を選び苦しむ人間模様。

 

そうなれば中にはこの息道の途中挫折し死を選ぶ人も出てくる。

 

本来は他ではなく自身という内とこの大自然の中で生きる数十年の想いの幸せ生き証ということなのに。

 

集団のなか 不満が 不満を呼び いじめを加速させている。

 

いじめを受けている側は辛い環境で過ぎ行く日々を今日もじっと耐えている。

 

人間の愚かな部分は思考ひとつで想いに変えられるのにね。

 

これを教えるよりも点数とる方に重点が置かれている学校という小さな社会だから加速するいじめ。

 

まだまだ続くと思うよ、強く うまく 上手に 生き抜くことを目指す人間集団。

 

でも多くの人はそんな生き方は毎日できない、誰のために何のために、意に反してとは

 

人は、

奇跡的にこの大地に生まれ

今を生きているという意味をもっと想うべきかと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

女子マラソンの元五輪代表・真木和さんが49歳で死去 乳がん患う

 

毎日仕事は忙しい。当たり前かい?。

 

ゆっくりできないというのが仕事というみそ。

TVからは

フリージャーナリストの安田純平さんが保護されたと。

在トルコ日本大使館員が安田さんと施設で面会した。

奥さんも喜びの会見をされる。

 

助かって良かったね、でも また仕事柄行きたくなろうけど

もう自分一人の責任では済まなくなる世界情勢。

国の問題にまで発展するのだから。

 

今後は、よく よく 考えて行動されるだろうと思う。

 

犠牲となった女性、目から流れていた涙 4人死亡事故

 

青森県つがる市の国道101号で車4台が絡んで4人が死亡した事故。

 

飲酒運転の上に時速約130キロで暴走し、他の車に次々にぶつかって死亡させた輩の殺人所業。

30代の男3人の輩。

前日から運転者の自宅でバーベキューをして飲酒。さらに酒を飲もうと別の場所に移動する際にスピード出し追突殺人事故。

いったい人間としてどうやって育ったんだろうね、腐った未熟な自我脳の持ち主達。

 

本当に亡くなられた方たちは何も罪なく平和に過ごされていたのにこんな社会のルール一つ守れないバカたちに殺されて無念だったとろう。

 

目から涙と、悲しいよね、今の瞬間が暗闇では。

 

この3人の馬鹿者達は今後それなりの辛くて暗い息道を歩く運命が待ち受けている。先を考える脳も持ち合わせていないのだから。

 

女子マラソンの元五輪代表・真木和さんが49歳で死去 乳がん患う

1996年アトランタ五輪女子マラソン代表の真木和さんが18日、乳がんのため49歳で死去された。

 

アトランタ12位、1992年に陸上女子1万メートルの日本記録を樹立された彼女。

 

「1、2年前から闘病」されており、入退院を繰り返えされていた。最近はもちろん走ることは出来ず、病と闘かわれていたという。

 

この2年間は懸命に病魔と闘われたと思う。

 

まだまだ後輩の育成とか夢があっただろうにこの世で。

 

早く 早く もっと早く 医学は先を急がねばと思う。

 

ガン克服にもう少しのところまできているのにまだ若くして悲しみながら亡くなる人が多すぎる。

 

自身のなかでの時限爆弾とかは要らないよ。

 

この息道 誰でも80年ぐらいは平等にと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本当に危険! 傘の持ち方がダメな人を描くイラスト「駅に貼って」「先は下に」と反響

 

近頃、じわじわと上がり続ける ガソリン価格。

 

まだまだ価格上昇中、リッター180円とかくるかも。

 

満タンとか一度に入れる気がしないな、3000円が限度。

本当に危険! 傘の持ち方がダメな人を描くイラスト「駅に貼って」「先は下に」と反響

この2コマの漫画ですべてが分かる。

 

実際、駅とかでもこういう持ち方している人間は何も考えないで生きているんだろうね。

 

自分が実際に階段とかで前でされたら憤慨するだろうに。

 

想像できないおこちゃま大人があちこちにいる現代。

 

この前、スーツ着て立派そうにしているおじさんもタバコポイ捨て、傘は刀みたいに持って歩いていたけどやっぱり中身は乏しんだろうと。

 

人までは立派な事 言ってても

 

飲酒運転さえなくならない情けない大人という生き物社会。

 


 

蛭子能収71歳。「キャリア45年」なのに“大御所扱い”されないフシギ。

 

10月22日

まだ小さな台風が動いている模様。

蛭子能収71歳。「キャリア45年」なのに“大御所扱い”されないフシギ。

 

長らく絶版となっていた蛭子能収の初期のマンガをまとめた『私はバカになりたい』が、最近、青林工藝舎より復刻された。ノンフィクション作家の立花隆は、同作および先に復刻された『地獄に堕ちた教師ども』について《これだけのメチャクチャなナンセンス漫画は日本の漫画の歴史でも珍しいものだから、ぜひ一読しておくことをおすすめする》と高く評価している。

 

なぜか大御所扱いされる気配がほとんどない……
きょう10月21日は、その蛭子能収の71歳の誕生日だ。年齢からいえば、また今年45年を迎えたマンガ家としてのキャリアからいっても、もはや大御所扱いされてもいいはずなのに、その気配はほとんどない。それもテレビタレントとしてのイメージからだろう。

 

70歳を迎えて徐々に“変節”しながらも、仕事はできるだけ断らず、稼ぐことにはあいかわらず貪欲だ。ある雑誌のインタビューでは、《こういう雑誌の仕事だって、ギャラが高ければ高いほど嬉しいです》と正直に語っている(『プレジデント』2016年11月14日号)。そんなふうに空気を読まず、顰蹙を買いそうなことをつい口にしてしまう彼の態度こそ、人間関係に疲れがちな現代人が憧れるところなのかもしれない。

 

多くの人が笑顔になるというかほっとする蛭子さんの背中。

 

いつも型に嵌まった生き方している現代人にとっては蛭子さんは気ままで好きな事ばかりして羨ましいと思うはず。

 

もう71歳にもなられるのか蛭子さん。

 

いつも気ままで元気だ。

 

でも芸は身を助けるね、もとは漫画で世に出たのだから。

 

何回か見たことがあるけどハチャメチャな漫画だけれど他にはまねのできない展開につい食いついてしまう。

ふざけているようで真面目な蛭子さんの漫画はやはり人間の本質を描いているのだと思う。

 

泥臭く 汗臭く 本音で 自身の叫び

 

蛭子さんは、80歳ぐらいまではまだまだこのまま元気なのかと思う。

 

人に迷惑かけないのならいろんな人がいて楽しいこの社会。

 

 

 

 

 

祖母「死ぬ前にトイレへ」、応じた少年 恨みなかった?

 

日中の車内は窓を開いても暑いぐらい。

 

奇麗な大空で気持ちがいい。

 

今日は日曜日のせいか車道にもバイクや自転車も多い。

 

高齢の男性、バイクでも少しヨロヨロで抜こうにも危ない。

 

長い橋の車道も広くない上り坂を高齢の男性が自転車を押し登ってくる。

 

結構飛ばしている車たちの中では非常に危ない気がする。

 

もっと道が広ければ安全なんだけれど狭い道が多い日本。

 

縦長の島国の中に道があるからしょうがないけれど基本の安全は個人責任と暗黙の了解の国だもの。

 

みな奇跡のなかで生きているようにも見えたいろんな場所で。

 

車内のバックミラーに自身の髪の毛がなびいているのが見える。

 

もう5ヵ月ぐらい床屋に行っていないな、6月の初め安いところで左右失敗されて虎狩りのようになってからは床屋には足が進まなくなった。

 

でも不思議なものでそう髪は伸びないね、ふあふあとしているぐらい、たまには前髪とかは切るけれどまあいい感じかと。

 

気持ちのよい休みの自由な日がずっと続けばいいのにね。

 

ラジオからは世界の人口は60億人とか話しているけど実際はもう75億人超えたと聞いたことがある。今世紀末には100億人突破で厳しい環境世界と。凄いね、50~60年前はまだ30億とかだったのにね。

この数十年で倍以上の人口とは自然なのかな?とも感じてしまう。

記事には、

祖母「死ぬ前にトイレへ」、応じた少年 恨みなかった?

 

埼玉県和光市のマンションの一室で80代夫婦が殺傷され、同市に住む孫の中学3年の少年(15)が祖母への殺人未遂容疑で逮捕された事件で、祖母が「トイレに行きたい」と求め、少年が応じていたことが、捜査関係者への取材でわかった。祖母はトイレ内から少年の母である娘に電話して来宅を求め、事件発覚につながったという。

 

また、捜査関係者によると、少年が「学校に許せない生徒がいて殺そうと思っていた。家族に迷惑をかけたくないと思い、まず家族を全員殺してからにしようと思った」という趣旨の供述をしているという。少年が通う私立中学校は、友人関係のトラブルはなかったと説明しているが、県警は少年が祖母の求めに応じていることも含め、動機が祖父母への直接的な恨みなどではなかった可能性があるとみて慎重に調べている。

 

事件は18日夕に発生。無職男性(87)が自宅で刃物で殺害され、妻(82)も重傷を負った。捜査関係者によると、祖父母が刃物で切りつけられた際、祖母が少年に「死ぬ前にトイレに行きたい」と告げた。少年は求めに応じ、祖母は午後6時50分ごろ、トイレの中から少年の母親である娘に「早く来て」と留守番電話を入れたという。と。

何がこの少年をここまで追い詰めたんだろうね。

 

被害に遭われた祖父も祖母もまさかの無念だったろう。

 

恨みを晴らすためにまずは迷惑がかかるから家族から殺すとかの思考はどこから生まれたんだろう。

 

最近アメリカでも学校で銃乱射をし同級生など数十人殺傷する事件もあっている。

 

今の現実の生の社会に生きているのにまるで怒ったらゲームのなかの一部を消去することのような事件。

 

みな1.6mmほどの皮膚に覆われた体で血潮巡らせて奇跡的に生きている生き物なのに、衝撃で簡単に消えうせる生き物なのに。

 

武器は近くに手あたり次第な社会。

 

やっていいことと、絶対にやってはいけないことの認識は小さい子のうちに植え付けなければ、取り返しのつかないこととなる。

 

各々の価値観ではすまないこのなのだから。

 

さて、日曜の楽園の刻も

少しずつ過ぎ去ろうと深く。

 

日本の携帯料金、パリの4倍…月額7562円

 

朝からスーパーに出かけると凄い光景だった。

 

100円、200円とパックに入れ放題に多くが群がっている。

 

へ~っと見ていると必死の女性たちの一人に目が合って知った人かなとお互い思ったんだろう直ぐに違うと思い目を離した。

 

自分もポテト揚げたてを一つ詰める、満足していたら友人に「もっと!」と言われさらに山盛り状態まで詰まって落ちそうで焦る。

 

ふと横の奥の窓からは店のおばちゃんたちの強い視線を感じた。

 

ポテトが足りなくなったので急いで準備が必要なのだろう。

 

凄いね特に食に関してはみな子供から老人までみな目がすわる。

 

スーパーはある意味人の戦場かと。

 

でも空は青く気持ちよい、ゆっくり久々の散歩。

 

記事には、

日本の携帯料金、パリの4倍…月額7562円

 

総務省が18日に開いた携帯電話料金引き下げの具体策を検討する研究会では、消費者団体から、国際的に割高な日本の携帯料金の是正を求める声が噴出した。

総務省が9月に発表した携帯電話の通信サービス料金に関する国際比較(2017年度)では、ニューヨークやロンドンなど世界6都市の中で、東京が月額7562円と最も高く、最も安いパリ(1783円)の4・2倍に達した。

総務省は消費者の不満を背景に携帯大手3社に値下げを迫りたいのが本音だ。サービスなどの品質の高さが料金に反映されていると主張してきた大手3社だが、苦しい対応を迫られそうだ。

 

また

格安スマホ会社が携帯大手の契約手法を批判「乗り換えを妨げている」

 

格安スマホ会社が、携帯大手が設定する回線の「接続料」や契約手法を批判

研究会は携帯大手などから聞き取りをし、料金値下げへの具体策を検討する。と。

ホントに、パリの4倍…月額7562円は異常だと思うよ。

 

時代のアイテムとして当たり前のように次々に商品出してそれしか使えない通信手段のようにしてネットも無理やり繋いで便利便利と謳い子供からも使うようにさせてゲーム三昧依存にさせこの金額を取るというのは虫がよすぎるのかと。

 

裏表のネット、人が使う上で不要なものも多い情報。

 

個人の判断でとか何かあれば便利な逃げ口をもつ仕組みで儲けばかり。

 

この社会からの個人の選択肢をさせないような現状。

 

もうこれだけ当たり前のようなネット社会になったんだから適正価格にすべきだと思う。

 

良いも悪いも使わせられているのだからね。

 

このまま世界中からかけ離れた価格ではいけない。

 

1ヵ月 2000円ぐらいで調度よいのかと。

 

さて、明日は日曜、まだまだ今宵はゆっくりできる自由な刻。

 

 

「どこで吸えばいいの」ベランダ喫煙トラブル、解決に限界 受動喫煙でうつ病リスクも

 

一枚上着を羽織る。

 

寒くなってきた朝。

 

歩く人たちもやや暗めの服装で動いている朝。

 

気持ちのいい自然だけど気はあまり晴れずに進む。

 

ふ~っと吐き出す息。

 

今は予定を想像するのも気が重い感じがする。

 

でもなんとか週末で

 

癒しの夕刻は平等な暗闇に。

記事には、

「どこで吸えばいいの」ベランダ喫煙トラブル、解決に限界 受動喫煙でうつ病リスクも

 

「隣人がベランダでたばこを吸っていて、臭いが家の中まで入ってくる。やめてほしいと手紙や口頭で訴えたが効果がない」。ベランダで喫煙する“ホタル族”に悩まされているとの声が寄せられている。

 

2020年の東京五輪・パラリンピックを前に禁煙の動きが広がる中、集合住宅での喫煙問題を取材した。

 

ホタル族による煙害を巡っては、名古屋地裁が12年、ベランダで吸わないようマンション上階の住人から何度も申し入れられたのにやめず、住人に精神的損害を与えたとして、喫煙者に5万円の賠償を命じた。全国の約1700人でつくる「近隣住宅受動喫煙被害者の会」も昨年5月に結成された。ベランダ喫煙を禁止する条例の制定を各自治体に求めていくという。

 

20年4月施行の改正健康増進法で、原則禁煙となるのは飲食店や職場やホテルロビー、遊興施設など多くの人が集まる場所だけ。ベランダや室内は「周囲の状況に配慮しなければならない」としながら、喫煙自体は認めている。

打開策として、ベランダや室内も含め「敷地内全面禁煙」をうたうマンションが登場し始めた。

 

国立がん研究センター(東京)は、受動喫煙による肺がんや心疾患などの死者は年1万5千人に上ると推計する。

 

集合住宅の1階ベランダで喫煙してもらい、隣室と上階それぞれのベランダと室内、計4カ所で、肺がんや呼吸器系、循環器系疾患を引き起こす恐れのある微小粒子状物質(PM2・5)の濃度を測ったところ、いずれも平時より高濃度を示した。受動喫煙でうつ病のリスクも高くなるとの調査結果もある。

家庭で嫌われ、ベランダや屋外でも苦情が寄せられ、「じゃあどこで吸えばいいの」との嘆きが喫煙者から聞こえてきそうだ。と。

 

しかし、ここまで受動喫煙問題が科学的にも言われているのにベランダの喫煙はダメだと思うよ。

 

ニコチンが喫う人だけの体にたまるのなら問題ないけれど周りの子供にまで入ってしまう、洋服に着いてもそれがいずれ受動喫煙になるという。

 

やっぱりどうしても喫いたい人はニコチンガムとかで我慢できないだろうかな、現代では喫煙場面は何か恥ずかしい人の場に映る。

 

依存の問題もあるしパチンコとかギャンブル好きには付きものの一つなのかとも。

 

悪いのが分かっていても止めれない闇のひとつ。

 

この時代、ぐっと根性出して

 

周りに迷惑をかけない生き方も必要なのかと。

沢田研二さんは「土下座」されてもイヤだった ライブ突然中止で説明した理由。

 

今日 失敗 失敗 失敗 最後に限って。

 

どうしてかなあと思うけど、取り返しのつかない失敗。

 

真面目に想ってみてもうまくいかない。

 

頑張っているけどどうしょうもない結果がすべてだもの。

 

久々こころも折れたやっぱり難しい今のままの現状。

 

努力とか継続とかそんな生易しいことでもなく、合っていないんだろうな今の業。分かってはいたけどつい長く続けてきた業、信頼もガラガラと崩壊。

 

くやしいけれど

向き不向きがあるもんね、どんなに真剣に取り組んでもうまくできない業は諦めるしかない長期間耐えてきたけれど。

 

この息道、少し遠くからながめてみるのもいいのかも。

 

この年末ぐらいでいいかなと。

記事には、

沢田研二さんは「土下座」されてもイヤだった ライブ突然中止で説明した理由。

 

歌手の沢田研二さん(70)のライブが「契約上の問題」で突如中止になり、ネット上で運営への疑問が相次いでいる。

 

ファンらのツイートによると、直前になって、「契約上の問題」から中止が会場でアナウンスされ、入口には貼り紙も貼られて、来場者らの間で戸惑いが広がった。

 

18日になって、沢田さんの公式サイト上で、貼り紙と同様の内容のお詫び文が掲載された。チケットの払い戻しを行うとし、その方法などは、「決定次第、速やかにご案内させていただきます」としている。

 

集客不足で「僕にも意地」と説明も、責任認めて謝罪。

 

沢田さん自身が10月18日夕になって、横浜市内の自宅近くで各メディアの取材に応じた。その報道によると、集客不足から中止したと説明し、9000人と聞いていたのに7000人だったことに沢田さんが腹を立て、事務所スタッフなどから土下座で懇願されたものの断って帰ったという。

沢田さんは、「僕にも意地がある」などと説明したが、「ファンに申し訳なく思ってます。責任は僕にあります」と頭を下げて謝罪した。17日のライブは、振り替えも検討しているという。

 

しかし、開演1時間前に中止とかひどいと思うよ。

 

ファンは各地から7000人も集まり待っているのにね。

 

いろんな予定や休みをとったり都合つけやっときたのに楽しみに。

 

こんなファンの気持ちを思ったらこの仕打ちはできないよ。

 

いろんな喜怒哀楽とらしさの葛藤があったろうけど

 

これでは人は離れていくと思うよ。

 

例え500人でも自身の生き様の歌を伝えてほしいと思う。

 

生きる道知るべ。

 

スポットライトの当たる人はみなのこころの道しるべになるべきかと。

ドコモ、電子ペーパー採用の超コンパクトな携帯電話「カードケータイ」

 

朝の電車のラッシュは凄い。

 

久々のこの朝の時刻での電車に乗ったけど半端ない。

 

みなみな毎朝ご苦労様と言いたい。

 

どんどん端に押されたうえに後ろからの咳にはつらい。

 

仕事でも大変なのに通勤でもこの混雑では疲れるだろう。

 

その点、日々、自身はペダル踏むだけなので楽な方かと。

 

まあ雨の時は大変なんだけど。

記事には、

ドコモ、電子ペーパー採用の超コンパクトな携帯電話「カードケータイ」

 

NTTドコモは17日、2018-19年冬の新モデルとして、これまでのカテゴリにないカードサイズの携帯電話「カードケータイ KY-01L」(京セラ製)を発表した。発売日は11月下旬で、端末の実質負担額は10,000円程度(各割引サービス適用時)。

薄さ5.3mm、重量約47gの“カードサイズ”を実現した「カードケータイ KY-01L」は、従来のカテゴリにはない意欲的な4Gケータイ端末となる。

衣服のポケットはもちろん、カードケースや手帳などに入れて持ち運ぶことができ、アクセサリー感覚でデバイスを活用することが可能だ。ディスプレイには480×600ピクセルの電子ペーパーを採用し、高い視認性と低消費電力を実現。SNSや、テキストベースのWebブラウジングも楽しめる。

VoLTEにも対応し音声通話の品質も高く、Wi-Fiテザリングにも対応。スマートフォンやタブレットとの2台持ちのとき、“音声通話”を担うというコンセプトで、ビジネスでの活用からファッションとして魅せる用途まで、さまざまなユーザーの要望に応えるという。ボディカラーはInk Black。サイズ: W55×H91×D5.3mm と。

 

もう、10万円もするスマホは要らないと思う。

 

2年ほど前に買ったスマホはたしか9万円ぐらいしたけど使用はほとんどメールか電話、たまに天気を見るくらいだもの。

 

近頃は充電後も直ぐに可能電力が落ちてしまう。

 

1万円ならまだ壊れても安心だしシンプルでいいね。

 

もう直ぐ切り替えの時期なので見に行こうかな。

また、

自宅に「ズドン」と石…46億年前の隕石だった。

 

愛知県小牧市の民家で9月下旬に見つかった石が隕石(いんせき)だったことが、国立科学博物館の鑑定で分かった。同博物館は今後、発見場所にちなんで「小牧隕石」と命名。

隕石は9月26日午後10時20分頃、「ズドン」という大きな音とともに、小牧市小松寺の内藤さん方を直撃。翌朝、内藤さんが確認すると、自宅駐車場の屋根に穴があき、焼け焦げたようなこぶし大の石が落ちていた。隣家の屋根もえぐれ、石の破片のようなものがあったという。

 

ホントに驚くし、やっぱりこの大宇宙のなかで生きているのが分かる現象。

 

でもよかったね、屋根は少し壊れたけど人に当たらなくて。

結構大きかったからね、大気圏で燃え尽きなかったんだろう。

 

いつも空を見上げているけどまさか隕石が落ちてくるとは思わないもんね、でも時々火球とかニュースとかで報道されているから結構あるのかもしれないね。

 

天が気になる。

 

自然だもの、出来ることは、

 

人めがけて落ちてこないようにと思うしかないのかと。

 

がん闘病中の古村比呂「動揺」するほどの鼻血止まらず…助言求める。

 

久々の要件で手紙を送った。

 

ポストに投函、何か懐かしい。

 

今ではいつも電子文字だもんね 個性もない文字。

 

これが当たり前の時代の流れとみなスマホを素早く押す。

 

でも久々の縦書きの手紙は手先が緊張するほど。

 

でも下手でもこころが通じそうな気がした。

 

もう夕刻は寒いね、季節は秋の深まり、10月も半ばを通り過ぎようとやや速足に。

 

記事には、

がん闘病中の古村比呂「動揺」するほどの鼻血止まらず…助言求める。

 

がんの再々発を公表し、闘病している女優・古村比呂(52)が16日、ブログを更新。最近、鼻血が出ることが多く、困っていることを明かした。

 

古村は2012年3月に子宮頸がんの手術を受けたが、17年3月に再発。今年2月のイベントで、昨年11月に肺とリンパ節のがんが見つかったことを公表した。同じようにがんと闘う人たちのためにも、とブログでは赤裸々に自身の体験をつづっている。

 

この日は「実は先日 外出先にて こんなにも鼻血が出るんだ~と動揺気味の鼻血が出て しかも 副作用で 中々血は止まらず」だったことを明かした。

その2日後にも自宅で鼻血が出てしまい、「今朝も洗面後 チョロりと鼻血が」と最近、「動揺」するほどの鼻血が出てしまうことを明かし、「今の私は鼻血が出やすいようで」と心配。今後、また外出先で鼻血が出た時どうしたらいいのか、携帯すべきものは、など、「皆さまは如何されていますか?」と体験談、助言を求めていた。

 

古村は6月4日にも治療の副作用で「手先 足先 足裏痺れ 鼻血 動悸」があることをブログで明かしていた。

 

医学はかなり進んだろうと思うけど病魔はまだ完全には治癒できていない現実の厳しさを知る。

 

悲しいよ、今を、病魔に集中ばかりでは。

 

副作用の鼻血でもどんなに不安で気分も滅入るだろうと。

 

同じようにガンと戦う人のためにブログで自身の状況をつづってある。

 

何も特別に体を痛めたわけでもないのに生活が悪かったわけでもないのに多くが自身の細胞から癌化し自身を攻撃する。

 

なぜ なぜ なぜ といつも理解に苦しむ この体の仕組み。

 

自身はまだこの世で歩きたいのに自身の体が先を閉ざそうとする。

 

これは絶対にいけないと思う、最後の空間は誰にでも急にだったり長い年月の末だったり人それぞれでも自身の内からの崩壊は無くさなければと思う。

 

老化でもないのに若くして進行早く体内に時限爆弾でもしかけるような仕組みは生き物には不要だと。

 

ガンは誰にでも毎日数十個も出来ていると聞いたことがある。

 

自身の熱上げて免疫で抑えているとも。

 

一刻も早く医学もここまできたのだから若い人の命を奪うガンはなくさなければと強く思う。

 

ガンに罹患された方へは、頑張ってというより今を日々をなんとか自身を信じて生き抜いてほしいと願う。

 

きっと医学は今も進んでいるから

免疫力上げるための食べ物、また体全体の代謝を上げたり 腸内細菌を善玉にしたり 気分良い事して発散したり とにかく今を らしさで乗り切ってと願う。

 

今日、明日へと、叶う息道へと。

 

朝でも多い「酒の事故」寝ても抜けずに二日酔い

 

空は青く 肌寒い朝。

 

一階まで新聞取りに行く。

 

1面に見えるのが来年10月1日より消費税10%に決定と。

 

ついに二桁になる消費税。

 

国は社会福祉に使うとか半分は還元すると今は述べている。

 

いずれ、消費税24%もあるデンマーク、スウェーデンのように福祉先進国として学費や医療費等がすべて無料になって国民が恩恵を感じれるようになればいいけどね。

 

偏りな所ばかりに使われてはたまらないもんね、この国。

 

始まりの月曜日はまだ頭もぼんやりで会議も浅く流れる。

 

集中半分でぼんやりと。

記事には、

朝でも多い「酒の事故」寝ても抜けずに二日酔い

 

二日酔いによる交通事故が相次いでいる。アイドルグループ「モーニング娘。」元リーダーの吉沢ひとみ(本名・川前ひとみ)被告(33)(道路交通法違反などで起訴)がひき逃げを起こしたほか、死亡事故も起きている。昨年、全国で朝の時間帯(午前5~10時)に摘発された飲酒運転4157件の多くは二日酔いとみられ、警察当局が注意を呼びかけている。

 

「朝でもお酒の事故が起きています」。目黒区の幹線道路で4日午前7時頃、警視庁碑文谷署員が、車の窓越しにドライバーにアルコールチェッカーを差し向け、数値を確認していた。

都内では月5~6回、朝の飲酒検問が行われている。昨年は計126件を摘発し、飲酒運転の摘発(879件)のうち約14%を占めた。今年も8月までに70件が摘発されているという。

警視庁が朝の飲酒取り締まりを強化しているのは、二日酔いによる飲酒事故が相次いでいるためだ。

 

大田区では7月20日午前7時半過ぎ、自転車の男性(74)が軽ワゴン車にひかれて死亡する事故が発生。運転していた男(23)(自動車運転死傷行為処罰法違反などで公判中)の呼気からは基準値を超えるアルコール分が検出された。

調べに対し、男は「午前2時頃まで焼酎のお茶割りを飲んだ」と供述しており、二日酔いだったとみられる。

先月6日、中野区で通行人2人が負傷するひき逃げを起こした吉沢被告も、二日酔いの状態だった。

捜査関係者によると、吉沢被告は調べに対し、「午前0時頃まで缶チューハイ3本と焼酎のソーダ割り2杯を飲んだ」と供述。その後、5時間ほど眠り、朝6時頃に起床したという。

午前7時頃、仕事に向かうため車を運転し、横断歩道を自転車で渡っていた女性ら2人をはねて逃走。約15分後に現場に戻った。酒を飲んでから約7時間たっていたが、呼気検査では、基準値の約4倍のアルコール分が検知された。と。

みな少し寝たらアルコールは残っていないと思っているんだろうか運転は大丈夫とでも思っているのだろうかね。

 

ビールを何本飲もうが、5〜6時間経てば体からアルコールは抜ける」と勘違いしているのでは。

 

個人差はあるだろうけど

70kgの人がビール500mlを2本飲んだ場合→ 40g÷7g/時=約5時間40分もかかる。

 

なかなかアルコールが分解する時間は思っているよりもかかるものなのですよ。

 

この間タクシーの運ちゃんに聞いた話だけれど

びっくりしたのはあるスナックに呼ばれて行くと結構飲んだようなお客さんを乗せたそう。

「どこまでですか?」

「行先は指示するから真っすぐ」と。

 

すると角を出ると直ぐに左 左 ともとの方角の駐車場に。

 

「ここでいい」と男性客は千鳥足で降りたそう。

 

すると駐車場の中の車に入ったと。

 

このお客、店にはタクシーで出たと安心させて直ぐに自分の車に乗った様子。

 

ホントにこんな時は通報すればよかったのにね、と思う。

 

また、コンビニの駐車場でも泥酔している男性が立ちしょん後にふらふらしながら車の運転席に入ったとのも見たと。

 

なかなか懲りない輩も多い社会。

 

事故を起こしてからでは済まないのにね

 

相手の家族まで、また自身の家族まで、路頭に迷わせるのに先を読めない頭の持ち主達。

 

飲んだら乗るなは当たり前な事。

 

車もアルコール濃度ではエンジンかからないように早くしなければ。

 

さて、秋の夜長はゆっくりと映画でも観ましょうかと。

飲酒運転は殺人行為だぜとねこも道に飛び出せずかと。

 

 

 

盗撮疑われ…新宿駅の線路へ 逃走の男確保

 

朝から清々しい気候。

肌寒い空気の中をみなで駅に向かう。

駅前ではかわいい「よろしくおねがいしま~す」の声。

見ると小学校1年生かな、可愛い女の子たちの募金活動。

みなで募金をする、「ありがとうございます。」と大きな声。

偉いね、こんなに小さいのに頑張って と感動する。

ミスドで食をする。

最近は温かいめん類も美味しい、野菜のを食する。

休みの日はのどかでいい。

ゆっくりと気ままな時間が過ぎるのかと。

記事には、

盗撮疑われ…新宿駅の線路へ 逃走の男確保

 

9日朝、東京のJR新宿駅で男がホームから線路に飛び降り逃走した。男は盗撮を疑われて逃走したとみられるが、その後、身柄を確保された。

9日午前10時頃、JR新宿駅で撮影された映像には、男が線路を走って逃げる様子が映っている。

警視庁によると、JR埼京線の電車内で女性が太ももに違和感を感じて振り返ったところ、後ろに立っていた男が、持っていたスマートフォンを隠そうとしたという。女性は「今撮ったでしょ」と訴え、男と電車を降りたが、男が線路に飛び降りたという。

およそ30分後、警察官が、新宿駅近くを歩く似た服装の男を発見し、身柄を確保した。男は調べに対し、女性を盗撮しようとしたことを認めているということで、警視庁は東京都迷惑防止条例違反の疑いで逮捕する方針。

 

何かと最近こんな性癖の犯罪が毎日のように報道されている。

 

取り締まる警察官のハレンチ行為もたびたびある社会。

 

性癖というものは外からは分からないもの。

 

こんなりっぱな先生がということもよく聞く。

 

こんな一部の男性のおかげで多くが迷惑している社会。

 

電車内でも駅でも商業施設でもみな緊張する環境になる。

 

駅のホームから飛び降りた男性のおかげで他の電車まで遅れて多くの人に迷惑もかかったという。

 

鉄道関係者は払い戻しなど100万以上になる、事故など起こしたら億の支払いが生じるのだという。

 

安易な性癖の持ち主の行動だけでは済まされない。

 

どうか自身の欲情を抑えらえない持ち主はまずは神経の病院に行かなければ また警察も刑期が終えたら終わりでなくその辺の精神面の治療も考えなければなかなかこのような輩化した所業はなくならないよ。

 

せっかくの賢い頭が変な本能に惑わされないようにかと。

 

セブンで突然、5千円札くれた人…被災地で生まれる”恩送り” 「あなたの言うた通り、してますけえ」

 

日に日に秋が深まっていく。

 

今日は13日、3が付く日は自身にとって良い日が多い。

 

誰でも好きな数字とかある。

 

行きも帰りも電車は座れたし眠れたし要件もうまくいった日。

 

こんな日が多く続けばこの息道も気持ちいいだろうね。

 

でもそんな虫のいい事ばかりではないのは承知の上。

 

だから楽しみのためにみな耐えを日々頑張っているのだから。

記事には、

セブンで突然、5千円札くれた人…被災地で生まれる”恩送り” 「あなたの言うた通り、してますけえ」

 

災害の取材していると、被災地で生まれる「不思議な縁」をよく聞く。西日本豪雨で被災した広島県坂町小屋浦を取材していた時のこと。自宅が全壊した男性が、ポケットから大事そうに五千円札を取り出した。男性は「聞いてください」と、涙ぐみながらそのてん末を語りはじめた。

 

7月6日夜、自宅にいて山からの鉄砲水が壁を突き破り、腰まで水につまりながら必死で2階に逃げて助かった。

自宅は土砂で1.5メートル埋まり、翌日自衛隊に救出された。

近くのショッピングセンターに避難して3日間過ごし、7月9日夜、車と船を乗り継いで親類が迎えに来てくれた。

午後7時ごろ、25キロ西にある親類宅に近い、同県廿日市市平良のセブンイレブンに入る。「不思議な縁」は、そこで生まれた。

 

高下さんは、付近にある友人宅に泊めてもらおうと連絡しようとしたが、携帯の充電が切れそうだった。

セブンイレブンで充電器と電池を買い、残った充電で友人宅に電話し、これまでの苦労を泣きながら話していた。

突然、高下さんの横から手が伸びて、右手をつかまれた。その手は握っていた手の指を1本1本開き、5000円札を握らせた。
「今度は、あなたが人を助けてあげてください」
驚いて横を見ると、そこには30歳代くらいの女性がいた。白いティーシャツでジーンズ姿、近所からちょっと買い物に来たような軽装だった。

女性は言った。「これで元気を出してください」。横で事情を聞いていたようだった。

高下さんは「こんなお金は、もらえんけえ」と返そうとしたが、女性は受け取らない。

「今度は、あなたが人を助けてあげてください」と言い残して去った。追いかけたが、見失ったという。

 

その時、もらった5000円札は「お守り」として財布に大事にしまっている。「今でも思い出すと、ありがたくて涙が出る」という。

 

今、高下さんは、女性から言われた「恩送り」をしている。

遠方から自宅の土砂撤去に来てくれたボランティアを誘って食事をおごり、スーパー銭湯の回数券を渡したり。「作業で汚れただろう」と新しいTシャツを買い与えたりした。

「もう一度会って、ちゃんとお礼を言いたい。そして、あなたの言うた通り、してますけえ、と報告したい」と。

 

本当にこんなに素敵な話もあるのだと思う。

 

自身に余裕が無くてもその場で困っている人を見れば手を差し伸べれる人は見返りは求めないもの。

 

きっとこの女性も自身の今できること全てを託したんだろうと思う。

 

人の社会には募金という尊い気持ちのお金がある。

 

被災され家を失った方へなどに届く仕組み。

 

みなみなが100円でも一人簡単に送れる仕組みがもっとあればいいと思う。

 

コンビニとかでは小銭とかはするけれどもっと簡単にTVなど見える形でできるといい。

 

そしてその復興の形が結果がどこかで見れたらみな今後はもっと助けあうと思う。

 

今いくらの募金でどう使途さらましたと文字でもいいのでTV画面の下でもいいから。

 

お金はこの世で人を潤すアイテムなのだから不幸にも困っている人にはいち早く循環すべきもの。

 

それが本当の人間社会かと。

 

みな知らない人にも自身の業で

 

社会貢献という形でそれぞれに果たしている。

 

今日ももくもくと頑張っている。

サンシャイン池崎、最高の親孝行 超ボロ実家住む両親に新築プレゼント!

 

週末の1日はなんとなく早く感じる。

 

月曜からこんな気分になればいいのに。

 

終わりよければすべてよしかと。

 

夕のスーパーはとても混雑している。

 

みな前かがみで食材に目が食いついている。

 

自分も周りからはそう映っているんだろうか。

 

いや~人の事 気にする暇はないもんね。

 

衣食住は人らしさが特に出るもの。

サンシャイン池崎、最高の親孝行 超ボロ実家住む両親に新築プレゼント!

 

お笑いタレントのサンシャイン池崎(37)が11日放送のTBS系「櫻井・有吉THE夜会」に出演。予算500万円で両親にプレゼントした新築実家を披露した。

 

ブレーク後に幼少期の極貧エピソードも有名となった池崎。昨年、同番組では帰省する模様を放送したが、実家の衝撃的な姿が話題になった。ボロボロで雨漏りは当たり前、木材部分の屋根は腐敗していた。

 

池崎は芸能界で売れてから仕送りを続けているが、両親は金を使っていないという。母は「貯金している。子供が稼いだお金を使えるわけないでしょう。結婚はお金がかかるから(池崎が結婚したときのために)お金はとっとくよ」と明かした。そんな両親のために池崎は予算500万円で新築の家をプレゼントすることを決めた。

今年5月に家のプランを決めて着工開始から2カ月。防火性能も優れたピカピカの平屋が完成した。ボロボロの玄関はバリアフリー化。しっかりと施錠のできる玄関扉に。仮設の“ボットントイレ”はウォシュレット付き水洗トイレになった。

 

新築の家に引っ越した池崎の母は息子への手紙を読み上げ「去年は羽毛布団やヒノキ風呂をプレゼントしてくれましたね。今年、家を建てると聞いたときはビックリしました。夢のようです。これからは台風がきても心配しないで過ごせます。こんなにも良くしてくれてありがとう。感謝感謝です。これからも健康に気をつけてがんばってください」と感謝の思いを伝えた。と。

 

暖かい話だね、本当の意味での親孝行。

 

お母さんは送ってくれたお金は息子の為の貯金と。

 

これが親子の愛情、自身よりも子のためにとの想い。

 

息子が必死で稼いだ大切なお金、またいつどうなるか分からない芸能界でもあるのでその時のために子へ貯金とかぐっとくる。

 

でも良かったと思う、気持ちよく子の愛情感じながら奇麗な家で生活ができるのだから。

 

成功はなかなか難しい、むしろ 山より谷の方が多い 多くの人生。

 

裕福は人々のこころまで暖かく出来る。

 

しかし、たとえ裕福でなくてもやさしい愛情ある人は物資は少なくとも豊かに生活ができている。

 

だってみなそれぞれの価値観で生きているんだから。

 

花が空が山が美しいと思える人はそれだけで幸せな価値観で生きれている豊かな人。

 

自身に正直に生きている人は誰が何を言おうとも素晴らしい輝く息道だと思う。

 

豊かでないお年寄りでも笑顔が素敵な人も多いのだから。

 

幸せはちょっとした視点からやってくるもの。

 

みな自身の今を見つめ

ネガよりポジで楽しくかと。

「農業アイドル」の死、背景にパワハラと遺族が所属事務所を提訴へ

 

しんどい しんどかったな~ 今日。

 

久々、疲れて、電車でも眠り果てた。

 

でも駅や地下鉄でも疲れているサラリーマン風は何人も見かけた。

 

ベンチに座りみな顔を垂れながら下を向いている。

 

いろんな業がある人の社会。

 

意に合わない事も自信がない時でもかまわずすべき時は向かってくるもんね、うまく出来ないことだって必ずある。

 

自身に情けなくてこころも折れたりする。

 

でも打ち負けても一晩寝れば大切なもののためにまた頑張る。

 

そうやって乗り越えられなくても通過するのも大事な事。

 

また 頑張る 頑張る 誰かの為にかと。

「農業アイドル」の死、背景にパワハラと遺族が所属事務所を提訴へ

 

亡くなったのは、愛媛県で「農業アイドル」として活動していたグループ「愛の葉Girls」の大本萌景(おおもと・ほのか)さん。16歳だった2018年3月21日、死を選んだ。

 

萌景さんは2015年、愛媛県を拠点とし、農業の魅力を訴えるアイドルグループ「愛の葉Girls」のオーディションを受けて合格し、同年7月からグループのメンバーとなった。

グループは土日を中心に物販やライブなどのイベントなどで活動し、集合時間が早い時は午前4時半で、遅い時は解散が午前2時ごろになることもあった。イベントでの拘束時間は平均で12時間を超えていたという。このほか、週に3~4回のレッスンがあった。

 

学業との両立を求め、過労も覚えるようになった萌景さんは再三にわたり休暇を求めたが、「お前の感想はいらん」などという高圧的な言動を受けて相手にされなかったといい、周囲に「辞めたい」と口にするようになった。

 

2017年6月、萌景さんは辞意を伝えた。事務所側が「全日制の高校に行った方が休日のイベントにも出られる」「お金の心配はせんでええ」と持ちかけたことで、萌景さんは翻意し、2017年12月に通信制高校を退学。翌年度から全日制の私立高校に入り直すことを決めた。2018年2月、私立高の入学金3万円を事務所に借りて納入した。その後、制服代などとして約7万円を借りた。

萌景さんのことを心配した母親は同年3月17日、事務所側に「契約の満期となる2019年8月末で、御社との契約を終えたい」と伝えた。

そして3月20日、高校に納付しなければならない残りの12万円を借りるため萌景さんと母親が事務所に出向いたところ、貸し付けを拒否された。その夜、社長からLINEで萌景さんに通話があり、「辞めるなら違約金として1億円払え」と言われたという。萌景さんは翌日朝、周囲に「社長に裏切られた」などと話した。その後、自室で死を選んだ。

 

事務所側は

上記記事では、弊社の代表佐々木が故人に対して1億円を要求したかのように書かれておりますが、そのような事実はないことを断言させて頂きます。

故人に対しては高校入学に必要な入学金や制服代を貸し渡しましたが、ご遺族からその返金は受けておりません。

現在、亡くなった理由は弊社にあると決めつけた上で、ネット上に脅迫文言や誹謗中傷を書き込んだり、業務妨害を目的とする電話をかけ続けたりという例が相次いでおります。

脅迫・名誉毀損・業務妨害等の違法行為につきましては、現在、警察に相談し、弁護士を通して法的手続をとる様、進めております。
と。

 

双方のいろんな意見食い違いはあるだろうけど

 

一番大事なことを忘れている。

 

16歳の彼女が夢をみて懸命に生きていた彼女がなぜ死を選ぶことになったかということを。

 

まだ先の人生を歩き始めたばかりの彼女には荷が重すぎる環境。

 

大人の責任。

 

目いっぱいで しんどい しんどい その連続の中で 途方もないお金の問題とか 進路とか 一度に目の前に立ちふさがり
ついに息道の途中下車をした。

 

悲しいよね、夢の現実と、大人の儲けの社会のなかで生きるのは、まだ幼いのに。

 

今も多くの子たちが夢を求めスポットライトのもと集まる。

 

でも現実はそんなに甘くはないし多くが長くも続かない夢街道。

 

でもそれがその部分の真実。

 

光るものにはトゲがあり たいがい痛い目も合う、でも自身がどうしてもの夢ならトライもある。

 

結果がよくなくても自身の貫いた姿は らしさ づくりとなるはず。

 

だから ままに ままに 未来へとあるく自身らしさへと。

 

でも絶対にいつもこころには夢を終えた時の自身をどこかに描いて生きて。

 

かならずかならず また別の幸せな道は開くから。

 

絶対に途中下車はしてはいけない。

 

自身は今を生きるし未来を生きる価値があるのだから。

 

いつも らしく らしさ で。

「事故当日はトラの絶食日」 飼育員死亡、動物園会見

 

朝から夕まで過ごす範囲は2kmもない。

 

そういう中で、月から金と過ごす。

 

飽きたようでもどこかに旅行に行くと数日でも戻りたくなるこの辺り。

 

やっぱり通常はここら辺がいい慣れたところがと感じる。

 

風の香りがいい公園近く。

 

秋の夜長は時間もたっぷりだ。

 

夕は秋の炊き込みご飯を食す、

秋はいろいろ食べれて満足かと。

 

記事には、

「事故当日はトラの絶食日」 飼育員死亡、動物園会見

 

鹿児島市平川町の平川動物公園で8日、飼育していたホワイトタイガーに襲われたとみられる飼育員さん(40)が死亡した事故で、9日に記者会見した同園飼育展示課の課長は「事故当日の8日はトラの絶食日だった」と話した。

 

園では毎日食事ができるとは限らない野生のトラの生活に合わせて消化器官への過度な負担を避けるために、週に1度、トラにエサを与えない「絶食日」を設けているという。

園では毎週月曜日が「絶食日」で、襲ったとみられるホワイトタイガー「リク」を含むトラには8日もエサを与えていなかったという。

 

リクは2013年に園の中で生まれ、普段は食肉用に加工された馬肉や鶏肉を与えられていた。園は、「絶食日と今回の事故の因果関係はわからない」としている。

 

どういう状況でこんな事故が起きたのかは分からないけれど第一に安全対策を万全にすべきなはず。

 

誰も見ていないから分からないとか無謀の環境。

 

カメラを死角にも取り付け音センサーを付けたりドアの環境をきちんと整備したりと安全対策にこれ以上はないはず。

 

亡くなった飼育員さんは可哀そうだけれどこのリクも不幸だと感じる。

 

閉じこんられた環境で野生のようにでは虫が良すぎる。

 

断食で腹が減っていれば目の前の生き物を襲うのは当たり前ではないかと。

 

だって野生の生き物は食うか食われるかの厳しい掟の中で今を生きている。

人間みたいに後で食べようとか未来はないのだから。

 

動物園とか人間のための狭い見せ場の環境で過ごさせるのならなんとかそれなりに気分よく居てもらいたい。

 

人間がこの大地の上で全ての権利をもっているのではないのだから。

 

多くが必死に今を生きている現状。

 

人も

自然に感謝しながら

できるだけ自然にかと。

 

さて、明日は大忙し、準備を今から。

 

 

地震・津波の死者2000人超す=11日捜索打ち切り―インドネシア

 

ぴーっと。

頭がショートしそうだった今日の耐えの業。

 

午後からは同時に3本もの電話がはいり、それぞれの内容で全力で対応した。

 

聖徳太子ではないもんね、本当に疲れたけどなんとか夕までには対処できたと思う。

 

でも先が見えない時間に制約された結果を求められる内容はさすがに疲れた。

 

仕事だから泣き言はいわないけど一人の業では重すぎるよう。

 

でも2日後の大切な場は乗り切ろうと思う。

 

ままに ままに 真剣に進もうかと。

 

本当に人の作った仕組みは大変だと感じた、今日。

 

記事には、

地震・津波の死者2000人超す=11日捜索打ち切り―インドネシア

 

【ジャカルタ時事】インドネシアの中スラウェシ州を襲った大地震と津波で、国家災害対策庁は9日、死者数が2010人になったと発表した。

行方不明者が少なくとも671人おり、犠牲者数はさらに増える見通し。

 

同庁のストポ報道官は記者会見で、「捜索救助活動を11日で打ち切る」と明言した。遺体の腐敗が進み、身元確認作業が難航しているためという。

 

対策庁によると、負傷者は1万679人で、うち2549人が重傷。自宅を失うなどして避難場所に身を置く被災者は7万4000人超に上るほか、8700人以上が中スラウェシ州外へ避難している。 と。

 

この大地の自然の猛威で被災された多くの人々。

 

この画像見て驚き悲しくなる。

 

いつどこでどうなるのか分からないほどのこの大地の現状。

 

子どもたちは怖かっただろうね、津波まできて。

 

今も飢えや病気で泣いている子も多くいるだろうと思う。

 

親や兄弟と別れた子もいると思う。

 

何も悪いことしていないのに。

 

酷いね、この環境での息道は。

 

今は世界上の人が援助の手を差し伸べなければ、みな助けあう気持ちがなければいけない75億の人間社会。

 

力あるものは力で、お金あるものは資金で、物資あるものは物資で、何もないものは祈ろうこの子たちに。

 

命さえあればまた立ち上がれるこの息道。

 

どんなに辛い時も乗り越えていくのがこの大地に生まれし生き物の宿命。

 

今は被災の子たちに暖かい食事と暖かい眠りで休んでもらいたいと願う。

 

みなで みなで 世界中のみなで

 

論議は後からでいいから今は援助を全力でしよう!

 

未来ある子どもたちのために。

 

 

 

 

歯ブラシは濡らさない…うがいは1回…「歯みがきの新常識」

 

帰りの見上げる空は、うろこ雲。

 

正式名称を「巻積雲(けんせきうん)」と言うそう。

なにか見とれてしまう青空だ。

今日も朝から耐えの業だったけれど夕刻はほっとする。

 

ちっぽけな自身がこの大地から見上げているのを客観的に知るとなにか嬉しくなるね、この大地に影響もないこの小さな生き物が何かと細かいことなど気にすることもなく楽しいことだけに夢中になれる。

 

しかし秋の夜長はいいね、本読んだりゆっくりできる。

 

でもTVは見なくなったな、大河とニュース見るぐらいだもの。

 

それでもなんとなく居間には誰も見ないTVがついている。

 

秋の夜は寂しく

 

でももったいないのかと。

 

 

記事には、

歯ブラシは濡らさない…うがいは1回…「歯みがきの新常識」

 

『虫歯にならないために、毎食後3分以内に3分間以上、1日3度歯をみがこう(3・3・3運動)』というスローガン。

 

でも『口腔細菌学』の立場からすると、本当はよくないといわれている。

 

歯みがきに適しているのは本当は食後ではないんです。口の中の細菌をコントロールしているのは唾液。唾液がたくさん出ているときは細菌は減り、少なくなると増えます。食後というのは、消化を助けるために唾液が大量に分泌されています。つまり口腔内にとってはもっとも細菌が減っている状態。そのときに歯みがきをすると、唾液の分泌を抑えてしまうんです」

 

それから

歯ブラシはぬらしてから使うべからず

歯ブラシを一度ぬらしてから歯みがき粉をつけている人が大半だろう。じつはこれが落とし穴。
「本来、歯みがきの目的は歯ブラシで菌や歯間についた細菌を取り除くこと。ところがぬらしてから歯みがき粉をつけると、泡立ちがよくなり、そのせいで十分にみがけていないのにさっぱりした気分になりやすいといわれています」

なるべくゆっくり泡立たせるためには、歯ブラシはぬらさないほうがいい。歯みがき粉のせいで、十分なブラッシングができないのは本末転倒だ。

 

うがいは1~2回以上するべからず

歯みがき粉にフッ素が入ったものが販売されている。これは初期の虫歯を予防し、進行を抑えるのに有効とされる。

 

歯みがき後、何度もうがいをすると、フッ素が残らないので、うがいは1~2回にとどめるべきと指導している歯科医師もいる。

 

欧米では、虫歯予防の観点から、水道水にフッ素を添加している国もある。またフッ素には歯がまだらに変色するなどのリスクを指摘する声もあるが、一般の歯みがき粉の含有量なら問題はないという。

 

そのほかにも

歯ブラシは毛が寝てしまうので1カ月に1回は交換したほうがいいというのが定説。しかし3カ月くらい使って毛先が開いてきたほうが刷掃効果が高いと言う歯科医師がいるのも事実。

 

フロスですら、信頼性の高い臨床研究による効果は実証されていない。

まだまだ歯みがきにはわからないことばかりと。

 

つい、食後にゴシゴシやり過ぎるもんね。この歯磨き。

 

そして磨いた後は何回もうがいする、何回も。

 

その点、サメはいいよね、生きている間は何度も入れ替わる歯をもつ。

 

人間の歯はそうはいかない、大人になり抜けてしまえばそれで終わり、義歯や差し歯になり不自由するしかないもんね。

 

いつまでも大切にしたい歯だから、味はまずいけど2回のすすぎで今日から我慢しようかと。

でも気になるだろうな、すすぎ残し。

 

 

さて、今宵もハンバーグにサラダに焼き豆腐にばななヨーグルトでお腹いっぱい。

 

幸せな秋の夜長な月曜日かと。

 

 

 

<北海道地震>札幌の86歳男性、被災6市町に9億円寄付

 

午後からの買い物で量販店に向かう。

 

まだ内税で価格も安いので混雑している店内。

 

レジでも人が詰まっている状態でレジ打ちの高校生だろうか忙し過ぎで可哀そうにと思う。

 

長いレジ並びはみな沈黙の緊張感。

 

それでも丁寧に笑顔で挨拶する女性に頭が下がるよ。

 

みな頑張っている姿に感謝。

 

それにしても大渦巻きが通過した後は蒸し暑い自然。

 

もう10月もどんどん過ぎようと。

記事には、

<北海道地震>札幌の86歳男性、被災6市町に9億円寄付

 

9月6日の地震で被災した自治体の復興に役立ててもらおうと、札幌市豊平区の男性が6日、札幌市や北海道厚真町、安平町など6市町に総額9億円を寄付した。

男性は以前不動産業などに携わっていた札幌市在住の小竹正剛さん(86)。札幌市に5億円を、残る4億円は建物などの被害の状況に合わせて北広島市、厚真町、安平町、日高町、むかわ町に配分し、被災者支援に充てられるという。

札幌市中央区の市民交流プラザで感謝状の贈呈式があり、小竹さんは「お金は使って初めて価値が出る。被災した方が一日も早く元の生活に戻れるように使っていただきたい」と話した。市によると、小竹さんはこれまでも市に計12億円を寄付しており奨学基金などに使われている。

 

いいね、こういうニュースを聞くと暖かくなる社会。

 

人間社会がうまく循環するように作られたお金という仕組み。

 

一部のところに集まったお金はまたみなの生きるために循環させるのが当たり前の事。

 

でもこの社会、よく言われているのが1%のお金持ちと99%のそれ以外の人とか。

世界の最富裕層1%が富の99%を上回る、安倍政権の年収100億円でも税率10%企業と富裕層に優しいとか。

 

以前聞いた話では、アメリカでは裕福層だけの街があるとのこと。自分たちの払った税金は自分達富裕層で使いたいと街をつくり多くの警備員を雇いその中で豊かに暮らすと。

 

こんな自分達だけ発想ではいつかは崩れていくだろうね。

昔、フランス革命でもあったように。

 

この人の社会ではみなが安心して教育、病気の治療、生きる生活が受けられるような仕組みを作らねば。

 

儲けたもん勝ち、やったもん勝ちの区別社会では多くが未来を路頭を迷う。

 

少しずつ世界でもこの世で運よく手に入れた財産を最後は社会に還元する資産家もでてきているという。

 

人は、

最後の空間では手のひらからこの世の集めた形は解き放さなければ生きてきた自身の潔さがなくなってしまう。

 

この長くも短い息道の旅は十分楽しめたのだから。

 

そう息道を歩いている自分の子たちにもそんなに残さなくていいよ。

多額を残したばかりに

争いが起き

お金ばかりの執着でこの人の息道を間違って歩く子も多くいる社会にもなっているのだから。

 

さて、休みも今日まで。

今宵は、西郷どんを楽しもうかと。

 

 

 

 

 

 

新宿歌舞伎町で女性が飛び降り 後を絶たない自殺者の巻き添え事故…

 

まだまだ使用している今までのパソコン。

 

新しく買ったのはいいけれどまだ使えるし慣れているので古いアームがちぎれかかったパソコンを扱う。

 

やっぱり愛着があるので壊れるまでは使おうかと。

 

休みの日は頭がぼ~っとしていてもいいのでいいね。

 

空を見れば空、大地を見ればかなた、猫を見ればねこと何も意識せずの自由の今がある。

 

本来、生き物はこれが自然でいいのかもね。

 

でも多くの皆は食べていかなくてはならないもんね。

 

その為には耐えも必要なのかと。自身に問う。

 

記事には、

新宿歌舞伎町で女性が飛び降り 後を絶たない自殺者の巻き添え事故…

 

「女性がビルの上から落ちてきた」
2日午後7時過ぎ、東京・新宿の歌舞伎町で1本の110番通報が入った。
「女性がビルの上から落ちてきて、歩行者の男性を直撃した。」
警視庁の警察官と東京消防庁の職員が現場に駆け付け、救助活動が行われた。

 

警視庁はビル8階の外階段に女性の靴や鞄があったことや、目撃情報などから、女性が自ら飛び降り、路上を歩いていた男性が巻き添えになったものとみている。

 

実は飛び降り自殺をした際に歩行者などを巻き込んでしまう事故はけっして少なくはない。
警視庁管内だけでも2006年に東京・調布市の大学で当時55歳の女性が飛び降り、下を歩いていた20歳の女子学生が巻き込まれて重傷を負ったほか、2007年には東京・新宿区の雑居ビルから当時48歳の男性が飛び降り、下にいたバイク便の男性にぶつかり、男性が胸の骨を骨折する重傷を負う事故が起きている。
さらに2008年にも東京・立川市で、当時53歳の男性がマンションから転落し、自転車で通りかかった女性が巻き添えになり足の骨を折る重傷を負っている。

 

警視庁のある捜査員も「歩いている際にずっと上を見ている事なんて出来るわけがなく防ぎようがない…」と話している。

このように誰もが行き場のない怒りを感じる事故は、今後二度と起きてほしくないものである。と。

 

この大地で生きる生き物のなかで自ら死を決するのは人間のみ。

 

人間は前向きに行動するようでもいつも迷い悩みながら外の社会に合わせている。

 

内のこころは傷ついていても外では表情をひた隠す生き物。

 

つらい 辛い そうさせている社会。

 

顔で笑って心で泣いてとか言葉もある。

つらくて泣きたい心情を抑えて、顔だけは楽しそうに笑う。

 

これが美徳という常識のなかではみな疲れもする。

 

自殺する人が心が弱いとかダメだとか何があったの?とか世間は冷たくも苦笑いしながら。

 

でも人のこころは一人では強くなれないもの。

 

想える人たちとのめぐり逢いの中で自身のことだけでなく相手を思うことによって強くも生きられるもの。

 

こころとは誰かを思うためのもの。自身を追いつめるためのものではないのだから。

 

だから今、死にたい人に伝えたい。

 

この大地に生まれたということは奇跡なことなのだよ。

あなたは張り裂けるような苦しみを知る為に毎日辛く生きていく為に生まれたのじゃないということを知って。

 

この世に死を選ぶほどの限界はないんだって、死に値する大事なことは何もないということを知って。お金だって一部の人間が貧富の差をつくっているのだから。

 

何が偉いとかもないし、勝ち組負け組とか区別の社会も輩化した一部の人間が楽をしやすいように仕組みを作っているだけなのだから。

 

あなたが消えて何も解決することはないあなたのこころも。

この世ではあなたはあなたらしい自由な息旅を与えられた命の限りをまっとうするだけ、つまり暇つぶしの旅なのだからあなたらしくままに生きればいいだけ。

 

辛い時は悲しい時は声もでないときはただ黙って内なるこころに問う時間をつくればいい、そして大空見上げ自身のちっぽけさを知った時、この暇つぶしの与えられた時間の世を楽しもうと思えるはず。

 

決して外の事ばかりの価値観ではやまってはいけないよ。

 

だって、奇跡的にこの大地に生まれたんだから何かしら出逢いながら自然を感じながら楽しまなくちゃ大損。

 

いつかどこかですれ違うだけかもしれないけど

 

あなたらしい自身らしい息道でどこかで会おうかと。

 

 

休みの日は自然を感じてぼ~っとがちょうどいい。

 

 

 

 

<大麻所持容疑>「様子おかしい」と学校が通報 中学生逮捕

 

忘れる 忘れた 大事な事。

 

いつもと違うパターンのことをすると忘れた。

 

思う出したのがついさっきで、もうしょうがない。

 

まあいいかと来週で。

 

でも迷惑かけただろうな、また月曜日に謝ろう。

 

しかし、今週もいろいろ耐えたな、人の中のやりとりはやっぱり疲れるね。気も使うし、いろんな人間もいるいる顔も違うようにね。

 

帰りのコンビニの女子の店員さんは元気だった。つい嫌なことも忘れる。良い波動をもらった。

見上げる

大空はいつも変わらずこのちっぽけな自分をのみこむ。

 

それだけにそれだけのささやかな今があるのかと。

記事には、

<大麻所持容疑>「様子おかしい」と学校が通報 中学生逮捕

 

大麻草を所持していたとして、京都府警山科署は4日、京都市山科区の市立中学3年の男子生徒(15)を大麻取締法違反(所持)の疑いで現行犯逮捕した。容疑を認めているという。

 

山科署によると同日夕、中学校から「生徒の様子がおかしい」と連絡があった。署員が任意同行して署内で事情聴取したところ、生徒が乾燥大麻の入ったポリ袋(縦6センチ、横10センチ)を持っていることが判明したという。

京都市教委の生徒指導課長は「子どもたちの身近に迫る薬物に地域の皆さんと危機意識を持って取り組んできただけに極めて残念。取り組みの徹底を図りたい」とのコメントを出した。

 

しかし、薬物はなくならないね、もう子供たちの手にも。

 

大麻とはクワ科の一年草で中央アジア原産の植物。

 

この植物にはTHCという成分が含まれており、葉などをあぶってその煙りを吸うと酩酊感、陶酔感、幻覚作用などがもたらされる。

 

大麻を乱用すると気管支や喉を痛めるほか、免疫力の低下や白血球の減少などの深刻な症状も報告されています。また「大麻精神病」と呼ばれる独特の妄想や異常行動、思考力低下などを引き起こし普通の社会生活を送れなくなるだけではなく犯罪の原因となる場合もあります。

 

また、乱用を止めてもフラッシュバックという後遺症が長期にわたって残るため軽い気持ちで始めたつもりが一生の問題となってしまうのです。と。

 

今や安易に薬物に頼る社会の裏事情。

 

賢い頭がメチャクチャになる薬物なのに簡単に手に入る現状社会ネットも怖いね。

 

覚せい剤とかも一度体内に入れれば脳のニューロン (神経元) とニューロンとの接合部のシナプスがその薬物の興奮を記憶するらしい。

 

もうなかなか止められなくなる怖い薬物。

 

安易に使えば後悔するだろうしこの息道の未来も無くなるのかと。

 

人として生きたいなら

絶対に手をだしてはいけないものなのかと。

子どもたちへ。

ノーベル賞受賞で脚光「オプジーボ」の気になる値段…大幅値下げも年間800万円

 

つい夕刻後はぼ~っとなる。

 

夕食後は横になったらしばらく眠りの世界に。

 

ホントに秋の夜長の時期は眠くてもったいない。

 

昼間の業で頭を使い過ぎてしまったか。

 

でも秋の夜長は、夏の疲れを癒し、

 

次に訪れる寒い冬に備えるためともいうから

 

秋の夜は

 

このぐらいののんびりが気持ち良いのかも。

記事には、

ノーベル賞受賞で脚光「オプジーボ」の気になる値段…大幅値下げも年間800万円

 

本庶佑(ほんじょ・たすく)京都大学特別教授(76)のノーベル賞受賞であらためて脚光を浴びたのが、新型がん治療薬「オプジーボ」だ。肺がんや胃がんなど7種類のがんを対象に使用が承認されている画期的な新薬だが、あまりに高額で「公的医療保険の財政を圧迫する」と議論になった。政府主導で大幅に値下げされ、今年11月にも値段が下がるが、年間800万円程度かかる。

 

小野薬品工業が開発したオプジーボは2014年8月、皮膚がんの一種である悪性黒色腫に対し保険適用された。100ミリグラム約73万円で価格設定され、患者1人に年約3500万円かかる高額薬として話題になった。

 

15年12月、肺がんにも保険適用。患者数は広がったが価格は据え置かれた。「患者5万人が使うと年1兆7500億円かかる」との試算が明らかになり、公的医療保険制度が維持できなくなると批判が高まった。

政府は18年4月に予定されていた定例の価格改定を待たず、16年11月時点で特例的な値下げを決定。17年2月から半額に引き下げられ、製薬業界に衝撃を与えた。

本庶氏の受賞でさらに値段が下がってほしいところだ。と。

 

今や、抗がん剤が効かない理由が明確に。

抗がん剤を投与すると言っても、がん細胞を一気にすべて殺すほどの量を入れたら、その患者の生命維持にとって重要な細胞までやられてしまう。だから、ほどほどに入れざるをえない。すると、ちょっと生き残ったがん細胞の中から抗がん剤に耐性を持つものが、ある頻度で出てくる。

つまりわずかに生き残ったがん細胞が再び免疫系の攻撃のブレーキを踏み、数を増やしてしまう。

 

こうなことが分かっているのに苦しむ患者さんたちに朗報だったのに。

 

年間800万円程度とは一般の人には受けさせないといっているようなもの。

 

いずれ未来では安くはなろうけど今実際に待ったなしで求めている人が大勢いるのに絵に書いた餅のようでならない現状。

 

これではいけない、ノーベル賞まで評価されたものはぜひ早急に国が動かなければならない。

 

やろうと思えば出来るはず、区別社会を続けなければね。

 

さて、また南からは大渦巻きがぐるぐると。

 

今年は週末に多いね、この自然の猛威は。

 

みな通過するのを待って思いの行動かと。

 

 

 

 

 

教育費払えない高校生、1千人 奨学給付金でも賄えず

 

ヨーグルトとのなかにバナナ。

 

夕食後の定番になって、う~ん、もう2ヵ月過ぎたかな。

 

まだ飽きないで美味しく食している。

 

そういえば最近、朝洗顔するとき皮膚がつやつやしている。

 

顔、洗う前から奇麗につるんとしているのにはびっくり。

 

やっぱりヨーグルトバナナのせいかな。

 

しかし秋は果物がみな美味しい、梨にぶどうにりんごに柿それに栗までつい買ってきて食す。

それが自然からの美味しい贈り物だから幸せだ。

記事には、

教育費払えない高校生、1千人 奨学給付金でも賄えず

 

高校生の教育負担を軽くするため、低所得世帯に支払われる「奨学給付金」について会計検査院が12府県を対象に調べたところ、2017年度に給付を受けながら、授業料以外に学校が徴収する教育費を支払えていない高校生が約1千人いることがわかった。教育費未納を理由に出席停止や卒業証書の授与の保留、除籍などの不利益な処分を受けた生徒が4年間で約190人いた。

 

14年度に始まった奨学給付金は、高校生がいる低所得世帯を対象に、国が一部を補助して都道府県が年3万2300~13万8千円(いずれも18年度)を支払う。教科書や学用品、修学旅行など、授業料以外にかかる費用負担の軽減が目的とされている。と。

 

これは大きな問題だね、奨学給付金が教育に生かされていないのだから。

 

背景にはいろんな家庭の問題もあるはず。

お金はいろんなものに優先され最後に教育費ではいけない。

 

この社会で生きていく一歩としては点数取るという意味ではなく、物事を考えるという学習は絶対に必要な事。

 

今、自身の最善のやるべき姿が理解納得できるようになる。

 

他からの知恵だけではなく自身の力で歩けるようになる。

 

その為には学びは子供の時の基礎教育は欠かせないはず。

 

奨学給付金が現金に変わらず教育費に自動化されるのがベストととは思うけれど。

 

こうも区別の社会では学習したくても出来なくなる子も多い。

 

それが分かっていてもそう仕組みは冷たく作られている。

 

あぶれたこの子たちは今を生活するために目の前ばかりのお金を得る為だけの我慢の生活にもこの先なったりする。

 

社会とは不公平だよ、当たり前だよ、貧乏人はだらだらと努力もしないとか上から目線でいう人間も多い。

 

偏った社会を好みたがる人間社会達。

 

みながそういうふうに小さい時から教え込まれる貧富ものがたりづくり。

 

金銭感覚はあたまでっかちに育つけれど、

この社会への暖かい発想は育たない

いつまでも

辛い狭い内の人間社会が突き進んでいるのかと。

 

 

 

 

 

 

 

でも

 

 

 

本庶氏にノーベル賞=がん免疫療法開発―医学生理学、2年ぶり

目が回る まわる ぼーっと。

 

とにかく忙しい1日だった。

 

次々といろんな業が重なった日。

 

人はそんなにいくつも同時に大変な業はできないと思う。

 

久々の実感。

 

帰りのまだら雲のなかにきれいな青空が見えてほっとした。

 

公園前には多くの子供から大人まで集う。

 

疲れた1日だったけれど まあ ままに ままにやり過ごす。

 

夕はシチューを食して暖まる。

記事には、

本庶氏にノーベル賞=がん免疫療法開発―医学生理学、2年ぶり

スウェーデンのカロリンスカ研究所は1日、2018年のノーベル医学生理学賞を、がんの免疫療法を開発した京都大の本庶佑・特別教授(76)と米テキサス大のジェームズ・アリソン教授(70)に授与すると発表した。

研究に基づいて新薬が開発され、人間が本来持っている免疫力を使った新たな治療法として期待されている。

 

日本人のノーベル賞は16年の大隅良典東京工業大栄誉教授以来、2年ぶり。医学生理学賞は大隅氏に続き、5人目。日本の受賞者は米国籍取得者を含め計26人となる。

 

本庶氏は京都大で記者会見し、「驚いた。このような賞をいただき、幸運な人間だと思う」と話した。

がん治療では、外科手術と放射線療法、抗がん剤などの化学療法が主流。本庶氏らが開発した免疫療法は、第4の治療法として近年注目されている。カロリンスカ研究所は授賞理由で「2人の発見はまったく新しいがん治療を打ち立てた」と評価した。

 

人間には、体内に侵入した細菌やウイルスなどの病原体を攻撃する免疫の仕組みが備わっている。T細胞などの免疫細胞は、体内で正常な細胞から変化したがん細胞も異物と見なして攻撃するが、がん細胞は免疫の働きにブレーキをかけ、攻撃を阻止する。

本庶氏は、研究室の大学院生が1992年にT細胞の表面で偶然発見した分子「PD―1」の研究を進め、T細胞のブレーキ役になっていることを突き止めた。

 

結合を阻止してブレーキを解除し、T細胞を活性化させれば新たながんの治療法になると考えた本庶氏は、小野薬品工業(大阪市)と協力。PD―1を標的とした世界初の皮膚がん治療薬「オプジーボ」は2014年7月、製造販売承認を取得した。患者によっては大きな効果があり、肺がんや腎臓がんの治療にも使われている。アリソン氏も同様に働く分子を発見し、がん治療薬につながった。と。

 

素晴らしいね、この研究成果は当然のノーベル賞かと。

 

今や癌治療と言えば免疫殺しての抗がん剤治療が多く、体温も34度代に低下させる。

こんなんじゃみなほとんどが免疫上げれず自滅が当たり前。

 

そんななか朗報の世界が認めた研究成果だよ。

 

ある患者さんがもう肝臓も腫れ転移の末期状態で自分はもう抗がん剤など受けないと自然にと話されていたのに。
今回の本庶氏の治療を受けたら驚いたことに完全治癒した。

 

驚くよね、今まで副作用でも苦しみ治癒もなかなかできなかったものが末期状態での回復とは。

 

やっぱり自己の中の治癒力が一番と思う。

 

自己のなかでの暴発は自己の中で解決するのが一番。

 

みな体温保って元気が一番かと。

 

数十年の域旅は自然に ままに ままに。

日本にもほしい? 台湾の台風休暇の話。

 

大渦巻きが駆け抜けた今朝の空。

 

涼しいというより肌寒い。

 

もう10月になったかと。

 

早いね、この息道は、あと平成の世も3ヵ月に。

 

今日は昨日の悪天候での運動会がかなりあっているみたい。

でも小学校時代の運動会は何かいいね。

 

小学校時代は運動会のリレーで転び一回転しても2位になったことをおかしく思い出す。

額をすりむいても必死だったあの時代。

記事には、

日本にもほしい? 台湾の台風休暇の話。

今年は自然災害が多い。日本では地震や豪雨があり、あちこちで大きな被害が起きている。ここ台湾でも、台風も来れば地震もある。つい先日は、大雨のため台北市内で浸水被害が出た。

 

台風発生とともに、メディア、特に台湾のニュースチャンネルは一斉にその動向を伝え始める。

 

台湾の台風報道の核心といえば「台風休暇」、中国語でいう「颱風假」という特別休暇のことだ。一般にこの休みは「停班停課」という名で呼ばれることが多く、こちらは日本語にすると、休業休校、あるいは通勤通学禁止となる。

 

上陸の可能性が高まると、一気に日本の総選挙特番のように様変わりする。台風の進路、各地からの中継、被害状況やその続報などはもちろん、まずこの「台風休暇」決定が判明する予定時刻が伝えられる。

決定者は、台北市、台南市など、各地方自治体の首長だ。

この決定を受けて、画面には「北北基明天停班停課」、「台北市、新北市、基隆市は明日、休業休校」を表す速報のテロップが流れる。そして学校は休校、公共機関は休業、それにならう多くの民間企業でも休業となる。

 

「災害が起きても対応できるように」という日本の心構えは、台湾の人たちにとって新鮮に映るようだ。

反対に、日本の、台風の日にも出社する姿や、大雪の日の交通機関の混乱が伝えられるたびに、事前に回避する手立てはあるように思えてならない。

 

「台風休暇」に見る「個人の安全」あるいは「危険の回避」という点での向き合い方は、むしろ台湾に学ぶべき点だろう。台風だけではなく、大雪や水害が起きた時に、会社や学校ではなく、まず自分の安全を優先していい。

私たちヒトは、自然の大きな力を前に、抗うことなど、できるものではないはずなのだが。と。

 

そうだよね~自然にあらがっても出勤するもんね日本は。

 

以前、大雨で通学していた女子中学生が流され亡くなったこともあった。

 

特に最近の温暖化による自然は勢いが違うのだから危ない時は優先するのはまずはたった一つの命のはず。

 

それが分かっていても足は通学先、勤務先へと向かわせる掟の社会。

 

これからはもっともっと安全を優先させる仕組みが必要かと。

 

災害の時に危険と隣り合わせの職の人も多い。

 

使命だけで責任を負わせてはいけない。

 

みなみな大切な最後までの命なのだから。