Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

最近の日本の事件は短絡 狂暴化過ぎる。

6月の末

 

日本全国が自然の猛威にさらされていた。

 

凄いね、人の日常とか止めさせるからこの自然はお構いなく。

 

そっと、空を見上げる。

 

しかし、最近の日本の事件は短絡 狂暴化過ぎる。

 

新幹線での殺人事件や

看護師連れ去り殺人事件

また、

小学生を襲い頭部を骨折させる傷害事件や

ITの講師待ち伏せ殺傷事件

数日前には警察官、警備員への殺人事件。

 

犯人たちはみな自我の未熟な形成で年だけ取っている。

 

自己の境遇をすべて社会のせいにする。

 

社会を恨むだけならまだしも実際に武器を持ち犯行に及ぶ。

 

輩化が進むこの日本でも。

 

 

いきなり無念にも我が息道を止めさせられる被害者。

 

その日、その時、自分が最後の空間を迎えるとは誰も思わない。

 

だけど、実際に繰り返される理不尽な事件。

 

本人だけではなく家族も知人もこの先悲しみ背負わせる。

 

後先構わない輩化した孤立の塊りによって。

 

 

人は秩序ある社会でないとまともには生きれない。

 

戦いの中では絶対に生きられない。

 

薄さ1.6mmの皮膚という鎧しか通常は着ていないからね。

 

あっという間にこの鎧は衝撃でやられてしまう。

 

そんな奇跡の生身で生きている人間たち。

 

みな全員が100年とも生きられないこの世なのに。

 

平和が前提だから明日の予定もその先の予定も立てられるのに。

 

本来人は、

 

今を生きて先を予想し過去を想う生き物。

 

暖かい思いでなくなるといずれ孤立化していくのだから。

 

どうして、どうして、どうして、俺ばかりと。

 

自然のそよ風も感じず そればかりだと

 

いずれこの賢い頭も破滅思考化されていく。

 

生まれてこなければよかった息道に。

 

理不尽な事を犯した犯人たちは

 

狭い塀の中で

 

最後の空間は寂しく冷たい涙で終わるのかと。

「もうおねがいゆるして」5歳娘に反省文

梅雨

 

当たり前だけれど自然は嘘はつかないよね。

 

今日も雨粒が降り落ちる季節。

記事に

「もうおねがいゆるして」5歳娘に反省文

 

許せないほど悲しい文字。

まだ5歳なのに自分探しの始まりなのに

生きるための防衛本能だけでの日々。

 

悲しく辛い毎日の連続。

どんなに悲しかったろうね。寂しかったろうね。この子は。

頼れるはずの親に虐待受けて。

 

この親たちは

自分探しを忘れた輩の大人達は

これからも悲しい出来事ばかり降りかかるだろうね。ずっと。

 

 

またある投稿記事に

楽しく一人で生きていく方法ありますか? ちなみにバイト〇歳 友達一人もいないです。と。

 

自分ならこう思うよ。

 

大丈夫ですよ。と。

 

みんなこの世に生まれ自身の内と外との関係でもがき日々生きているんです。

 

私なんか、この人間という賢くも愚かな生き物を見切っていますし。

所詮、生かされているから生きれているんです。

 

だから言い換えれば、奇跡の一生なんですよ、この世に生まれてのこの旅。

 

今日も無事にこの体の障害もなく、事故にも遭わずに美味しい物を食しただけでも大満足ですよ。

 

だってこの体の血管一本でも詰まればこの美しい大地も空も味わうことも出来ないんですよ。

 

せっかく奇跡的に生まれ自分として自覚成長出来ても
この血潮の巡りが止れば
つまり人生の一巻の終わり。無 。

 

まだまだもったいない我が道。

 

たまには意識して息してみましょう。気分よく分かります、今ここにいる意味が。

 

だからなんでも自分が楽しめる事ができるように、そのために毎日少し頑張るのです。

 

楽しむためにはある程度のお金も必要ですかからね。

 

この世に生まれ楽しむ為に生きることが一番の幸せなことだと思いますよ人も。

 

見てください、自然の生き物達を
みな後先考えずに今を生きている。

だから強いのです。

人間はあれこれ欲深く悩むから弱いのです。

 

今を生きれば怖い物などないはず。

 

だから楽しむことに精一杯でいいのです。

 

その連鎖が家族、友人、をも幸せにするのではないかと。

 

よく我慢して耐えて生きることが美徳とか教訓にもあったりしますが、それは一部の人間が都合よく得られるように大衆向けに美徳化していることも多いですからね。

 

惑わされ苦しみだけの我慢だけの美徳の人生は止めましょう。

 

この暇つぶしの人生はゆっくりと自然をも楽しみ息旅しましょうか。

 

〇歳ですか、あなたはあなたらしく幸せに。

もしあなたが空港に行って、渡された搭乗券(ボーディング・パス)に「SSSS」と書かれていたら…

 

それにしても6月は気候の変化も大。

 

日差しも日々強くなっている。




昨日は海に行った。

泳ぐわけではないけれど船で渡る。

 

青空と波が水平線の彼方まで揺れ見える。

 

気持ち良かったし海の幸も美味しかった。

 

人間、自然との関わりの自由な時間が一番だね。

 




 

記事には

もしあなたの飛行機のチケットに「SSSS」と印刷されていたら…
大変なことになるかもしれないと。

もしあなたが空港に行って、渡された搭乗券(ボーディング・パス)に「SSSS」と書かれていたら…
あなたはFBIの「要注意人物」に誤って選出されているかもしれない。と。

 

アメリカからの出入国、あるいは経由する飛行機の搭乗券には、
「SSSS」とプリントされる場合があるのだという。
ビジネス・インサイダーが指摘した。

 

SSSSの文字が示しているのは、「Secondary Security Screening Selection」。
つまり、2次的なセキュリティチェックの対象者に選ばれた、という意味だ。という。

 

選ばれた乗客は、カバンの中身や、旅行計画についての質疑応答、
ボディチェックなどで10〜30分間の追加のセキュリティチェックが課せられる。

 

「直前に航空券を購入した人や、片道だけしか購入していない人、
危険とみなされている国からアメリカに帰国する人は、
よりSSSSの対象になる可能性が高いでしょう」と。

 

なぜか理由はわからないが「トルコに行った帰りには必ずSSSSがプリントされているようだ」
と投稿したブロガーもいたという。

 

コメントからは

空港職員には、「SSSSと書かれたら全部の空港でフルチェックだからねー」お気の毒に。
と言われた覚えがあります。

 

ブラジル在住の鈴木性のひとが「米国入国審査の時いつも別室で調べられる。」と言ってました。
理由は日本人で鈴木性の人がブラックリストに載ってるらしい。

 

一般人にとっては、“不幸な宝くじ”に当たった感覚ですね。

 

 

ホントにこの数十年の間に世界情勢が目まぐるしく変わったもんね。

 

本来ならばこの丸い大地の自然はどこでも自由なはずだろうけど

 

この大地には

 

人間という賢くも愚かな生き物が生息しているからね。

 

子どもの時はみな純粋に星空を見つめるのに。

 

いつしか

 

いつしか

 

いつしか

 

当たり前の自然の触れ合いを忘れ

 

欲ばかりの区別の目先の道へと進みたがる人間界。