Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

歌手の西城秀樹さんが5月16日、急性心不全で亡くなった。享年63。

 

5月も18日の週末

 

気候もまだ過ごせやすい季節。

 

ペダルで走り出すと向かう風も心地良い。

 




記事には

西城秀樹が遺したメッセージ「2度の脳梗塞には感謝している」

 

歌手の西城秀樹さんが5月16日、急性心不全で亡くなった。享年63。

 

西城さんは2度の脳梗塞を経験。48歳のときに倒れ、生活を改善して予防に努めたにもかかわらず、56歳で再発。2度とも言葉を発しにくい後遺症が出たため、「歌えないなら、死んだほうがましだ」と諦めかけた日もあった。

そんな中リハビリを続け、年間70回ものステージをこなしていた西城さんが残したという手記。

 

リハビリ室ではほかの患者さんと一緒ですから、他人の目が気になって、さらし者になっているような屈辱感を味わった。

おはじきをしたり、並べた十円玉を指でつまむトレーニング内容に、「こんな幼稚園児みたいなことやってられるか」と思いながら、できない自分。

昼間はそうやって苛立っているのに、夜になると生きているのが嫌になるほどの絶望感と自己嫌悪に襲われる。

これは、脳梗塞を起こした人の多くが経験する、うつ状態。

 

病気をして、価値観が変わりました。

以前は気にしなかった季節の移り変わりを感じたり、景色の美しさに感動したり、家の中に迷い込んできた虫は外へ逃がす。殺せなくなってしまったんです(笑)。

 

病気になる前は「カッコよくあることが務めだ」と信じていたし、2度めに倒れたあとは「こんな姿は誰にも見せたくない」と落ち込みました。

しかしいまは、たとえ不自由でも、ありのままの姿を見てもらえればいい。

むしろ、ちゃんと見てもらいたい。

そう思えたら、とても楽になりました。脳梗塞やほかの病気と戦う人を勇気づけられたら――それがぼくの生き甲斐です。

 

最初に脳梗塞で倒れるまでが1度目。

また倒れるまでが2度目。

そしていまは、3度目の人生だと思っています。

価値観を変え、大切なものに気づかせてくれたという意味で、ぼくは病気に感謝してるんです。

病気にならずに気がつけば、もっとよかったんですけどね(笑)。
(西城 秀樹)

 

子どもさんがまだ成人されていないとのことで心残りもあったろうと思う。

 

まだまだ先が長い人生だったろうと思う。

 

でも、よく苦しい病の中で最後まで頑張られた。

 

あれだけ若い時代から活躍されその間多くの人を勇気づけられた西城さん。

 

昔の人はよく人生のことをこう言われた。

 

人は最後はどう死んだかではなく

己の人生をどう生き抜いたかだと。

 

誰だってこの世での数十年の短くも長い旅だもの。

 

この生身の鎧が朽ち果てるまでは

 

夢を追いかけ最後まで泣きながらでも歩きたいよね。

 

思う存分

 

このこころをときめかせたいもの自身の人生。

 

想う人と。

 

 

どんなに失敗が多くても壁が高くても

最後まで

前を向いて歩いた自身が最後の空間では誇りになるはず。

 

西城さん、今までありがとう

 

ご冥福をお祈り申し上げます。

 

安らかに。

 

 



 

 

32歳で農家の嫁に。絶望したけど「田舎は驚くほど快適だった」

 

今夜の西郷どんも見応えあった。

 

でも美しいね、奄美大島。

 

あんなに奇麗な島と海のなかで懸命に生きる人々。

 

みな生命体のように感じた。




 

記事には

32歳で農家の嫁に。絶望したけど「田舎は驚くほど快適だった」

 

集落の隣りの民家までは数百メートル離れていて、夜は街頭もほとんどなく真っ暗闇状態。

最寄のコンビニまでは徒歩で小一時間かかり、田んぼのカエルの大合唱がうるさく、寝つけないほどだった

 

「なんか軟禁されているような感覚ですよね(笑)。最寄駅までも車で30分以上かかるし、電車も一時間に1〜2本あればいい方。

 

土地が余ってるからか、家の敷地は学校のグラウンドより広いんですが、土間や囲炉裏が現役でまだある古民家で、タイムスリップしたみたいでした」

 

◆田舎暮らしって最高!2カ月経って訪れた変化

農家の朝はとにかく早く、朝5時半にはニワトリの声でたたき起こされる毎日。

そんな生活が2カ月ほど経った頃、彼女の体にある変化が起きはじめます。

 

「それまで夜遅くまで残業し、早朝出社という不規則な生活だったんですが、田舎に来て強制的に早寝早起きになったら体調が抜群に良くなったんです。

 

◆大家族の家事も…「こんなにラクしていいの!?」

結婚をきっかけに実家の住まいも大幅リフォーム。外見は古民家でも、オール電化&最新家電でかなり快適な空間になった。

 

「義理の両親がすごくいい人で、嫁いびりどころか、『いまどきこんな田舎に嫁いでくれる嫁なんて貴重=とにかく大事にしなくちゃ!』という考えで。

大家族でも、食洗機を3つも買ってくれたので、食器を一気に突っこむだけで家事がめちゃくちゃ楽。

 

事情を知らない友達は、『農家の嫁なんて可哀想』『薪とか割らされてるんでしょ……?』と勝手に上から目線で同情してくる子も多いんですが、適当に電話であわせながら『掃除機はルンバで、ほとんど自動でやってくれてるよ……』と思いながら、手作りの木苺ジャムを入れた紅茶を優雅に飲んでます(笑)」

 

 

本当に人間らしい環境で羨ましい。

 

だって、自然に生かされ生きているのが実感できるもんね。

 

毎日が耐えのシステムの仕事とはまた違う、

ここは生きる意味での生活の仕事だもの。

 

それに、

 

今や田舎でもルンバなど便利な電化製品もあり快適だ。

 

たまに都会に出てきて買い物するぐらいが丁度いい。

 

不便という所には

人間らしく生きれる場所があるのかと。

 

夜空も奇麗だろうね。

 

こころ豊かな日々、自然のなかで。