Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

残るは一誌のみ…「小学一年生」-「小学六年生」などの部数動向(2018年7-9月分)

 

久々に電車に乗る。

 

混雑の中、途中で座席が空き座った。

 

やっぱり不安定な揺れ立ちは疲れるもんね。

 

座ったら隣の男性のイヤホン漏れのシャカ音が結構気になる。

 

本人も気になったのだろうか音を下げた。

 

聴力検査でもあるけど高音は安眠出来ないもんね。

 

ウトウトしながらの電車旅。

 

今日は風も強く落ち葉も舞う道。

 

季節は少しずつ変わろうと。


残るは一誌のみ…「小学一年生」-「小学六年生」などの部数動向(2018年7-9月分)

 

「小学●年生」で現存しているのは、現時点では「小学一年生」のみ。経験則から死活ラインとなる5万部切れすら2017年10-12月期では生じてしまい、先行きは明るいとはいえない。

 

該当雑誌各誌でも付録の充実化やインターネットとの連動企画の積み増し、現在の子供の趣向にマッチした特集記事の展開やイベントの実施など、努力を重ねているのは間違いない。

 

直近期における前期比、つまり季節変動などによる影響がありうる動向は、「小学一年生」ではマイナス14.6%となり、非常に大きな下落。季節変動を考慮した上での変化が分かる前年同期比はマイナス9.6%で、低迷感は否めない。「妖怪ウォッチ」特需による部数底上げの影響はすでに無く、再び慢性的な下落基調に転じている。

 

 

少子化だけの問題ではないらしい。

 

今やスマホ タブレットが主流になったせいもあると思う。

 

でもあの雑誌のぬくもりを無くすのはもったいないね。

 

デジタルは充電しないと見れないけれど本はいつでも手に取りどこからでもアナログに読むことが出来る。

 

今や本屋も減ったと実感する社会。

 

全てがデジタルになったら寂しくなるだろうね。

 

きっと。

 


 

 

 

日本の若者はなぜ安定した人生を望むのか?中国メディアが分析

 

頑張る自分が今日は強かった。

 

午後からは真剣状態で緊張感いっぱいの業。

 

終わって帰りの薄暗い空見上げてほっとした。

 

ふ~っと。

 

まあたまには大変なこともあるさと。

 

もう11月21日かと。

 

何か1日が早く過ぎていくように感じる晩秋。

 

ままに ままに 気を暖かくして 今を。


日本の若者はなぜ安定した人生を望むのか?中国メディアが分析

 

日本の若者はなぜ安定した人生を望むのかと中国メディアが疑問を投げかけた。

生活が平均化され、野心を抱く若者が少なくなったことが背景にあると分析。

また人前に出ることを嫌う特性から、失敗を恐れているのではと指摘した。

 

日本の若者はなぜ起業しないのか「人の前に出ることを嫌うから?

 

日本について、「日本人の若者はなぜチャレンジ精神に乏しく、安定した人生を望むのか」と疑問を投げかけた。

 

日本企業には多くのビジネスチャンスがあったにも関わらず、「それをもって起業し、成果を残すような若者が現れなかった点に問題があるのではないか」と主張した。

続けて、近年日本では起業する若者が少なくなる一方、都市部の企業に就職先を見つけ、そこで一生を終えようという「リスクの少ない安定した生活を求める傾向にある」と指摘した。

こうした傾向の背後には、「高齢化社会」があるとし、市場もシニア世代へとターゲットが移行していることや、人々の生活が平均化されたゆえに野心を抱く若者が少なくなったこと、また「恥じらいを持ち、人の前に出ることを嫌う日本人の特性」ゆえに他人の評価を過度に気にし、失敗を恐れる若者が増えているのではないかと分析した。ー中国メディア

 

まあ日本人の今の特性とまでは決めつけられないとは思うけども今の日本社会では多少はそうかもしれない。

 

会社でも管理職を望まず早く家に帰ってネットや趣味で楽しみたいという若者も多いという。

 

ほどほどのお金をもらってマイライフを充実。

 

日本は経済大国目指して歯を食いしばって突き進んできた昭和という時代があった。

 

一番を目指した熱き時代。

 

今は飽和状態で安泰を求める時代へと変化。

 

ネット化が進みTVの時代から個々の趣味の世界へと変わった。

 

中国は今、昔の日本と同じく必死の時代化でみな上を目指している。

 

でもこの人間社会はいつの時代も揺さぶられるね。

 

あの時代もこの時代も先の時代も。

 

人は、

 

おのおのが幸せと思える時代にそれぞれの多様の価値観で生きれるのがこの数十年の生き旅にはふさわしいと思える。

 

ままに ままに 最後の空間まで 自然にままにかと。


 

 

 

 

 

 

 

 

<国交省>操縦士飲酒でJAL、ANAに立ち入り・処分検討

 

この時期は何かと忙しい。

 

それに夕は早めの暗闇がおそう。

 

帰りは真っ暗の中を買えるんだけれどまだ時刻は6時なのに。

 

当たり前だけど電灯はありがたいね、この灯りにホッとする。

 

この灯りがあるから夜の団らんも楽しめるのだから。


<国交省>操縦士飲酒でJAL、ANAに立ち入り・処分検討

 

<国交省>操日本航空や全日空でパイロットの飲酒による航空機の遅延などが相次いだ問題で、国土交通省は20日、酒気帯びの数値基準や乗務前のアルコール検査義務付けに向けた有識者検討会の初会合を開いた。飲酒に関する基準を年内をめどに整備する方針。

 

日航では10月末、酒気帯び状態でロンドン発羽田行きの便に乗務しようとした副操縦士が英国警察に逮捕された。全日空でも10月下旬、子会社所属の機長の飲酒により国内線5便が遅延した。

操縦士飲酒で12便遅延 乗客には「体調不良」と。

 

日航の内規は、乗務開始前12時間以内の飲酒を禁じるとともに、乗務前の呼気検査を受けるよう定めている。

 

問題を受けて日航が調べたところ、呼気1リットル中0.1ミリグラムの社内基準を超えて感知器が反応したケースは19件あり、12便で遅延が発生していたことが判明した。 とも。

 

大空では命を預けるしかないもんね赤子のように。

 

ほとんど自動操縦かもしれないけれど酔った頭でいろんなボタン押されても困るしね。

 

今やタクシーでもバスでも乗車前にはアルコールのチェックがあるのにね。

 

この大空を飛ぶ飛行機が点検もなく自己責任で操縦させていることを知って呆れた。

 

安全第一という崩れかけた神話。

 

やっぱりどこか肝心なことが抜けている社会。

 

これから飛行機に乗るときはさらに命がけかと。

 

 

 

 

 

 

<吃音>男子中学生がいじめ訴え 学校は支援体制を

 

寒いのは苦手だ。

 

特に足先が寒い靴下も帰宅後は履かないからなお寒い。

 

人間は生身だとホントに弱い生き物。

 

ネコとかは裸でも優雅に生きているのに。

 

でもこの素足もマッサージすれば暖かくなるから不思議。

 

またさっきの湯豆腐でも食しましょうか。

 


<吃音>男子中学生がいじめ訴え 学校は支援体制を

 

吃音(きつおん)を理由にいじめを受けたとして、福井県敦賀市の市立中学校に通う男子生徒が悩んでいる。十分に考えを伝えられず笑われるなどし、通学も滞りがちという。人口の1%は吃音の問題を抱えるとされるが、教育現場でその支援体制が整っているとは言い難い。中学校の校長は「配慮が足りず、反省している」としている。

 

いじめを受けたという生徒は、幼少期から吃音だった。今年春に自己紹介したとき名前を思うように言えず、周囲から笑いの声が上がったという。部活動でも孤立していたといい、「学校には行きたいけど、自然に涙がこぼれてくる」と話しているという。

 

「学校は閉じられた空間でもある。吃音の生徒は我慢もしただろうし、自己主張することへの難しさを感じてきたことだろう」

 

吃音を「あがり症」程度に考える人は少なくなく、社会的な偏見は潜在する。

 

いじめに遭ったという生徒の保護者は「人の特性をあげつらうような偏狭な社会にしてはならない。そうしたことを学校では教えてほしい」と訴える。

 

吃音(きつおん)とは、

同じ発音をくり返したり、ことばがつかえたりするなど、ことばのリズムまたは流暢(りゅうちょう)さの障害。

 

「ぼ、ぼ、ぼくは」のように話す「連発性」、「ぼーくは」と伸ばす「伸発性」、「…(ぼ)くは」と出だしの音が出ない「難発性」の主に3種類がある。

 

交通事故など脳損傷といった後天的なものを除き、文章を話す能力が身につく2~5歳児の5%弱が発症する。自然治癒などの結果、定着するのは約1%とされる。原因は、ストレスなどの環境要因や親の育て方の問題などとされたことがあったが、現在でも完全には解明されていない。 と。

 

この中学生はとても悲しく辛い日々だったろうと思う。

 

必死に周りと合わせようと頑張っても冷たい仕打ちの耐えの日々。

 

いじめとか直ぐに区別化したがる人間集団。

人間という生き物は集団化すれば悪しきでも集団に合わせようとする弱気者の集まり。

 

暖かく見守ろうとすることよりも一部のいじめに目をつむる。

 

こういうところが愚かな部分の脳。

尊い賢い部分よりも表に出たがる弱気部分。

 

みな生身でこの大地で生きているんだから体の機能によってはままならない人だってあるはずなのに。

 

みながみな100mを10秒では走れないのは当たり前なのに分かっているのに。

 

人より違うと当たり前のように攻めたがる人間とは?。

 

自身が自身を見つけられないままに生きているから。

 

いつも外ばかり気になる弱気で想えないこころ。

 

もっと もっと もっと内なる自身のこころに問わねば

「俺は、私は、これでいいの? 今を自身に正直に生きているか」と。

少しずつ 少しずつ 痛みが分かる こころになれるから。

想えば 想うほど 強くなれるのだから。

 

みながみな100%の同じ考えでないのは当たり前、らしさを探しながらの人生という旅だもの、この息道は。

 

もっと75億というこの生き物たちは温かい血潮のままに暖かく自然に生きれればと思う。


女性パニック「炎に囲まれている」…米の山火事

 

久々に有名焼き肉店での昼食。

 

昼間から店内も大混雑だ。

 

美味しく食べてみな幸せになる笑顔ばかり。

 

もう温泉の話などでたがホントだね来月はもう12月だもの。

 

日は刻々と過ぎてゆくもの今が大事だと深く思えた。

 

帰りに寄った本屋さんは寂しそうなほど人も少ない。

 

よけいにシーンとしている空間。

 

立ち読みだけでは申し訳なく一冊購入する。なくならないといいけど。

 

11月も中旬を過ぎようとしている。

 

曇り空の下、肌寒い季節を感じた休みの今日。

 


女性パニック「炎に囲まれている」…米の山火事

 

ロサンゼルス=久保庭総一郎】米カリフォルニア州各地で発生した山火事は、被害が過去最大規模となっている。米メディアによると、15日までの死者は少なくとも66人に上り、631人と連絡が取れなくなっている。家族を失った女性は途方に暮れ、炎に囲まれかろうじて生き延びた被災者らは壮絶な経験に体を震わせた。

 

パニック

「叫んだけど、父は出て来なかった」

被害が特に大きい州北部ビュート郡パラダイス周辺で、アンナ・ダイスさん(25)は自宅が燃える様子を米紙ロサンゼルス・タイムズに語った。

火事が迫っていると知り、犬と家を出た直後、自宅が炎に包まれた。父親(66)が中にいたという。

周辺はほとんどの住宅が全焼した。

「炎に囲まれているの、炎に囲まれているの。どうしたらいいのかわからない!」。地元メディアは、パラダイスでパニックになり逃げながら叫ぶ女性の声を伝えた。

 

今も燃え続ける自然現象の山火事に恐怖する人々。

 

どんなに火に取り囲まれることが恐ろしいことか。

 

子どもたちも泣いているだろうと思う。

 

この大地の自然は時には牙をむき生き物など容赦はしない。

 

だからご先祖様たちも注意深く見守り共存してきた自然。

 

どんなに人間がITを駆使しても自然にはかなわないもの。

 

国々は協力して出来るだけ早く危険な場所から避難させてと願う。





 

 

「一日も早く闘い終えたい」滋さん86歳の誕生日 早紀江さんと救出訴え講演1400回超

 

今年最後のイベントが終わる。

 

大変だったな~事前の準備から開催まで。

 

でも頑張った分やり終えた感もある。

 

まあ年に1回ぐらいならいいけど5回もあると大変だ。

 

毎日の仕事も目まぐるしいのに。

 

でも自分に乗り越えられない壁はやってこないというように

 

今はがんばるのみかと。

 


 

「一日も早く闘い終えたい」滋さん86歳の誕生日 早紀江さんと救出訴え講演1400回超

 

「一日も横田めぐみさん(54)=拉致当時(13)=の拉致発生から41年となるのを前に14日、記者会見した母の早紀江さん(82)は被害者全員の即時救出へ固い決意を示した。ただ、ともに救出運動に駆け回り、この日、誕生日を迎えた夫、滋さん(86)は入院中で欠席。早紀江さんは「一日も早く、拉致問題を解決させて闘いを終えたい」と、悲痛な心中をにじませた。

 

昭和、平成の区切りを意識することなく被害者を救うためだけに駆け回った」と悲しげに振り返った。

 

また、拉致を知らない若い世代への継承や、報道を通した啓発の重要性にも触れ、「いまだ解決しない拉致という恐ろしい問題を学校でも教えないといけない」と強調した。

 

拉致などなければ家族で平穏な幸せを送られただろうにと思う。

 

子と数十年も会えないなんてどんなに不幸な事だろう。

 

子もどんなに辛かったろうと。

 

距離にしてもそんなに離れていない国と国の間での不幸。

 

本当に1日でも早く家族が手に取り笑える日がくればと思う。

 

苦しんで 苦しんで 泣かれた日々ばかりだったろう。

 

でも、

 

その想いはお互いにいつもこの大空を通じて伝わっていたはず。

 

「おかあさん、おとうさん」と。いつも。

 

離れていても他の平穏な多くの家族よりも想いは通じていたはず。

 

実際に手に取りあってこころから喜ばれる日が1日でも早く来ることを願う。

 

人は不幸ばかりを望んではいないのだから。


 

人生に「島流し」の時期が絶対必要な理由

 

11月も中旬になった。

 

朝は外に出てぶるっと。

 

季節も寒さも感じさせるようになってきた。

 

人間はその時折の季節で身をまとうものを変えられるからいいけどほかの生き物たちは肌身のままで寒かろうと朝の急いで歩く野良ねこ見て思う。

 

ある意味凄いよね人間は、この大地のある物から衣食住も作り上げる。

快適さ生活のしやすさを追求し移動手段の飛行機や電車、車をも。

そしていろんな分野の職業に就き貢献し人のために生きている。

 

そして、反面、毎日のように犯罪が起こるという摩訶不思議な社会もこの生き物の人間の性の一部とでもいえようか。

 

数十年の生き旅は自身らしく気持ち良く生きたいと思う。

 


人生に「島流し」の時期が絶対必要な理由

 

30歳の誕生日、Ready for創業者の米良はるかさんは、大きな不安と重い気持ちを抱えていた。悪性リンパ腫との闘いの真っ最中だったのだ。その年、左の首に異変を感じ、検査をしたところ病が判明。クラウドファンディングのプラットフォームの先駆けとして起業し4年目を迎え、勢いに乗っている時期だった。会社も軌道に乗り、さらにこれからの展開にワクワクしていた矢先の出来事。

 

ショックで仕事が手につかないこともあったが、治療方針が見え始めると、先の時間の過ごし方を考えられるようになってきた。

 

治療のための期間を、自分への投資のために使うことに決め、学びたいいくつかのテーマを考えた。その最初が「歴史」だった。

 

なかでも興味を引かれたのが明治維新。長く続いた幕府政治から明治政府による天皇親政体制の民主主義へと改革が進められた、大きな時代の転換期だ。

 

「私自身はすぐ行動に出る坂本龍馬タイプですが、大事なときに冷静に考える勝海舟に引かれるんです。それに、あの時代のリーダーたちは島流しなどで2、3年、世の中から離れる時期があり、その間に改めて起こっていることの分析や今後の指針を考えられたのだと思います。私の休職期間も会社の現在と今後を考えられる、大事な時間だったのです」

 

さらに興味を持ったのは、「人々が正しいことを選べなくなる瞬間はなぜ起きるのか」ということ。戦争や人種差別、紛争……。歴史の失敗例を学ぶことで、リーダーや組織のあり方を改めて考え直す機会になり、復帰後は仕事にも新たな発想が生まれている。

 

その人がどれだけの人かは、人生に日が当たっていないときにどのように過ごしているかで測れる。日が当たっているときは、何をやってもうまくいく。
―勝 海舟―

 

抗がん剤治療など約半年間の闘病を乗り越えたとき、仲間たちが誕生日をお祝いしてくれました。仕事を離れることは不安で仕方なかったけれど、素晴らしい仲間たちに囲まれたおかげで復帰することができました。

 

人は着き進んでいる状況では自身を見失ったりするもんね。

 

うまくいくことばかり続く時期には自身が偉く感じたり何でも出来るような錯覚に陥る。その時には人としての本当の想いは消え失せているもの。

 

病気などで療養している時間は本来貴重な自分探しの時間だと思う。

 

自身が何のために生かされ生きているのか先を行く道筋が見えてくる。

 

急がず慌てず多少の回り道しても大切なものを守るために歩いていく。

これが幸せだと感じることが本来の人の生き方だもの。

 

一番ばかりを目指していた自身にふっと力が抜け らしさの生き方が分かる瞬間 それは病魔と闘い生死のなかで掴む悟りと思う。

 

今を生かされている意味を感じ知った時

 

またらしく頑張ろうかと思えると。


 

 

今後、競争激化が予想される携帯電話業界。いっそうの値下げにつながるのだろうか。

 

以前もあったけれど予定は未定な事実。

 

99%確実でもそれは予定であり未定な事。

 

でもそれは分かっていても99%ある事だったらそれを信じて従うもんね。現実変更で ついがっかり。

 

でも、捨てる神あれば拾う神あり という通リの現実が待っていた。

 

この世は、結果がオ~ライで 結果よければすべて良しか に終わる。

 

でも良かったよ、ついどうしょうかと迷ったけれど。

 

最後は自身を信じて進んでうまくいって。


海外より高い?携帯料金“値下げ”はあるか

 

「4割程度、値下げの余地がある」。菅官房長官の発言をきっかけに広がった、携帯電話料金の見直し。14日、携帯大手3社から聞き取りが行われた。3社は値下げへの取り組みを説明。携帯料金は、さらに安くなるのだろうか。

 

携帯料金は高い?実感は…
横浜市に住む主婦を訪ねた。◎さんが今、頭を悩ませているのが、家族の携帯料金だ。最近、高校1年生の娘が子ども用の携帯からauのスマートフォンに替えたことで、娘の月々の料金が4倍以上になったという。

「(娘だけで)月7081円と、すごいガクンと金額が変わって」
自営業のため、経費で携帯料金を精算している夫を除けば、家族3人分のひと月の料金の合計は約1万5000円にのぼるという。

 

菅長官が根拠に挙げてきたのは、日本以外の国との比較。総務省によると、世界の主要都市と比べても東京の携帯料金は高いという。
政府の狙い通り、料金は値下がりするのだろうか?

 

大手3社からは、KDDI担当者が「実績として(すでに)30%くらい安くなっている」と述べるなど現在の取り組みをアピールする一方で、ソフトバンク担当者が「最新の状況で比較したところ、料金的には(世界でも)中位程度だ」とするなど、反論も出た。

 

ドコモは、来年度から端末と利用料金を分離し、2割から4割値下げするプランを提供すると改めて説明。KDDIとソフトバンクは、すでに「分離プラン」を導入していて値下げ済みだとした上で、今後については、KDDIは「低価格化に向けて改善を図る」、ソフトバンクは「料金を下げることを目指す」とした。

 

こうした中、来年10月には、楽天が第4の携帯キャリア会社として参入。大手3社の半額程度の料金で総務省に申請した。

 

格安スマホ会社のイオンモバイルは、「解約金がない」などをウリに大手3社の値下げに対抗するという。
今後、競争激化が予想される携帯電話業界。いっそうの値下げにつながるのだろうか。と。

まあここまで話が進んだら今より3割ほど安くはなるだろうね。

 

日本が高いのは品質が高い為と言われている。

 

これだけの人間が使用しても問題なく利用できるとか凄い。

 

その点、格安のところは高速道路で言えば大手から一車線を借りて運用していると同じだという。

メンテとかしないでいい分 安くなるという。

しかし、一車線しかないわけだから昼休みとか夕からとか みなが多く使用する時間は大混雑して遅くなったりするのだという。

 

品質を下げずに料金を下げるには企業も頑張ると思う。

 

しっかり今まで儲けてきたからね。

 

そしてスマホを国民の絶対な機器として押し進めてきたからね。

 

もうここらで国民への還元も必要なのかと。


 

 

 

 

高校野球部で暴行か 監督「携帯電話でカッとなり」

 

いつも通る交差点。

 

この信号は待つのに1分と少し、急いでいる時は長く感じる信号。

 

道幅は10メートルぐらいかな、でも遠く感じる、1分以上待つと。

 

それに横には高いマンションがあるためビル風が半端なく吹き荒れる。

 

丁度よいタイミングだと青で通過なんだけれどコチラの進む方向の青信号は約20秒ぐらいで点滅する。

 

角を曲がって交差点の信号が青だとがっかりする。

 

角から交差点まではまだ100mぐらいあるから青では間に合わない。

 

不思議と出る時間をずらしても待つ時間が多い交差点。

 

でもしょうがないかみなの安全を守るためのものだから。

 

今日もビル風に髪をなびかせ1分待つ朝の風景。


高校野球部で暴行か 監督「携帯電話でカッとなり」

名古屋経済大学高蔵高校の野球部で監督による部員への体罰があり、部員がけがをしていたことが分かった。 名古屋市瑞穂区の名古屋経済大学高蔵高校によると、9日、野球部の練習後に男性監督が1年生と2年生の複数の部員に対し、殴る蹴るなどの暴行を加えた。

3人の生徒の顔が腫れるなどのけがをしたと学校側も暴行を認めた。

野球部で定められている携帯電話の使い方のルールが徹底されておらずついかっとなってしまった。と。

今、TVで見たけれどこれは体罰ってもんじゃないね。

久々頭にきた暴力行為。

愛もない暴力そのもの それにこの男、蹴り殴りが慣れてるね。

 

腹蹴りとか真っすぐに容赦なく入っているもんね。

いつもこんなんだろう。

 

もはや教師ではなく自己本位の獣かと。

 

どうしてこんな勘違いの人間が教師をやっていられるのかが不思議。

 

たぶんこの高校も文化の低い先生という勘違いが狭い学校という社会でいいかげんな毎日を送っているんだろう。

 

そこには学びとか尊さとか想いとかの発想はなく自分が気にくわなければでたらめの行動かと。

 

これは膿を出すためにも刑事事件にしたがいいと思う。

実名報道でいいと思う。酷すぎる暴力。

校長達も責任問題だと知らないでは済まされない現状。

 

この男、今だに教壇に立つとかいっているらしいのでまったく物事が分かっていないというか人間として呆れる存在。

 

本当に最近こんな教師が目立つ、ハレンチ教師や校舎80週走れと生徒に命令し熱中症で転倒させた事件の中学校もあったけれど呆れるにもほどがあるまぬけ大人教師達。

 

生徒の前に立つ資格はまったくないのだからまともな教師といち早く入れ代わってほしい。

 



「うわっ!危ない、危ない!」

 

笑う門には福来る。

 

その言葉通りに笑顔のある所には人は集まるもんね。

 

子どもの時から何かいざこざのない平和な家庭が好きだった。

 

自分がいつも無意識に思っているのがこのことかと今日あらためて知った夕。


イノシシが男性襲う瞬間映像 体当たりし何度も攻撃 太ももかまれ13針縫う大けが

イノシシが通勤途中の男性を襲った際の映像。

うろつく一頭のイノシシ。

そして次の瞬間。

【撮影した視聴者の声】
「うわっ!危ない、危ない!」

イノシシは逃げず、男性に何度も襲いかかった。

近くを通りかかった車が機転を利かせてクランクションを鳴らすと、イノシシはその場から逃げ去りました。

10月26日午前7時すぎに撮影されたこの映像。

被害にあった会社員の男性はイノシシに体当たりされたあと、左足の太ももをかまれていました。

警察によりますと、男性は13針縫うけがをしたということです。

イノシシはこのあと、地元の猟友会によって発見、駆除されました。と。

 

この映像観たけれど、凄い勢いでぶつかるイノシシにビックリ

 

街中でも安心して歩いていられないと思う映像だった。

 

それに早いねイノシシの攻撃は。

 

これがお年寄りとか子供たちだったらもっと大変なことになったろうと思うよ。

 

イノシシも腹を減らせて山から下りて来たんだろうと思うけど可哀そうな最後になった。

 

イノシシたちもこの大地の奥地でもいろんなことが起きているんだろう。

もっと生きやすい大地になればと思う。

 

そのあとのTVからは

強制わいせつ容疑で東大寺僧侶を書類送検

 

女性の胸を触るなどしたとして、奈良県警が強制わいせつの疑いで、世界遺産・東大寺(奈良市)の僧侶、修上院院主(69)を書類送検したことが9日、捜査関係者への取材で分かった。

 

住職の次に偉いお坊さんらしいけど品格が無い顔貌が映像からも。

 

たばこポイ捨てもしていたと証言あったり、記者の質問にも嘘の名前言ったり挙動不審。

 

こんな人間が信仰の先を行くとか信じられないね。

 

何十年も毎日の修業とはどう自覚して行っているんだろう。

 

こんな状況みさせらればもう東大寺の品格も落ちて見える。

 

やっぱり人の居ない所でその人の品格が見えるというのは本当だと思うよ。

 

信頼できる人はどこでもきちんと人として生きているもんね。

 

決してこの大地を平気で汚す人はいないもんね。

 

この奇麗な大空、遥かなる大地、清く流れる川、母なる海に。

 

いつまでもみなが生きやすい奇麗な地球でと。


 

 

 

 

赤信号をショートカット「コンビニワープ」に集まる批判

 

11月11日は久々の休み、何か買い物と車で向かう。

安くていいシェーバーがあったので即購入。

帰ってきて、

もう今年も2ヵ月をきったけれど今年買ったもので良かったものと言えばと周囲を見渡す。

 

パソコンが一番高かったけれどそれ以上に良かったのがその台かな。

座っての高さも調節できるし傾きも変えられるしとても重宝。

安くてもしっかりと安定している相棒。

 

まあ形あるも物はいつかは無くなるけれど大切に扱おうと。


赤信号をショートカット「コンビニワープ」に集まる批判

 

日本国内のいたるところにあるコンビニ。駐車場のあるお店は、ドライブ中にちょっと立ち寄るのにも便利で、いまや道路沿いに「コンビニのある風景」は当たり前になっていますね。しかし、そんなコンビニの立地につけ込んだ「運転マナー違反」がいま話題となっているようだ。

 

「コンビニワープ」という言葉をご存じでしょうか?  赤信号を待つのを避けるため、右左折をする際などに、交差点の角にあるコンビニの駐車場や敷地を利用してショートカットするという手法。

経験者や目撃者がネット上で言うには、

「法的に問題ないよね、コンビニに寄って出ていくだけですよ?」
「やったもん勝ち」
「窓からタバコ捨てた上に通り抜けしていった」

など、ワープする側はあまり罪の意識なども感じていないようだ。
これに対して、

「眼の前で事故ってるの見た」
「危険だからやめてほしい」
「周りちゃんと見ろ、最悪」

など、その危険性から問題視している人も少なくない。

 

道交法(道路交通法)では、

コンビニを利用せず通り抜けする場合は、私有地への侵入として「不法侵入」となる可能性が高い。

 

対策として通り抜け禁止の看板を掲げ、罰金を課しているコンビニも少なくありません。

 

コンビニワープは、駐車場周辺を歩いている利用客や駐車車両との接触事故なども起こしかねない、危険な行為です。特に夜間などは視界も悪く、店内の照明が明るいぶん、歩行者に気づきにくい場合もあります。実際にコンビニの駐車場での人身事故は珍しくありません。

コンビニワープに関して、現状では、これを具体的に直接取り締まる法律はなく、ドライバーのマナーやモラルに判断を委ねられているところも多々あります。とはいえ、思わぬ交通事故の原因ともなり得る行為であり、ドライバーのみなさんには、ぜひマナーを守って運転してほしいですね。と。

 

そうだよね~自分もドライバーとしてはワープはしないな。

 

コンビニ利用以外での赤信号での抜けは非常に危ないもんね。

 

子どもたちやお年寄りまで利用するコンビニだもの少しの信号待ちは大人のマナーとして守らねば。

 

特に暗い夜とか雨の日とかは危険そのもの。

 

注意一秒 怪我一生 とか

一秒の不注意. 一生の後悔とかの教訓もある

 

ドライバーみなで街の安全は守らねばと。


 

スマホを落とした時の怖すぎる2つのリスク

 

このカレンダー見ると少し寂しくなる。

特に秋深くなると妙にこころに染みる。

家族とは・・・。

スマホを落とした時の怖すぎる2つのリスク

 

リスク1:多額の不正利用

スマホ紛失で約300万円使い込まれた人も
151回にわたり合計291万9000円もの不正使用をされてしまった。

 

リスク2:個人情報の大量盗難

スマホは、名前や電話番号、写真や動画、メールなどが記録されている“個人情報の塊”だ。
もしアプリを通じてSNSにアクセスされたら、さらに多くの情報が盗られてしまうだろう。

 

リスクに対してどのような対策

基本的なことだが、スマホの画面ロック機能は必ずオンにしておこう。
それだけでスマホの内容を盗み見られるリスクがかなり抑えられる。

同時に、紛失対策アプリを設定しておくことといい。iPhoneなら「iPhoneを探す」は必ずオンにしておき、Androidなら「端末を探す」アプリをインストールのうえ、「位置情報」と「端末を探す」をオンにしておくことだ。
これによって端末の場所を地図上で確認したり、ロックしたり、データを遠隔消去することができるようになる。と。

 

大変な時代になったと思うよ、そんなに便利とも思わないけれど何でも盗られていまう見えないデジタルで。

またこんなスマホ事件も。

 

遺族にうそ言い…警察署内で現金だまし取る 草加署巡査を起訴「ゲームの課金に使った」/さいたま地検

 

巡査は9月、草加署刑事課強行犯係に勤務する警察官として、死亡した男性の死因調査などを行う際、男性の長女に対し調査費用が必要などとうそを言い、同署1階ロビーで現金約82万円をだまし取ったとされる。10月にも調査費用として現金200万円をだまし取ろうとしたとされる。

巡査は10月、詐欺と詐欺未遂の疑いで、県警に逮捕された。「数十万円の借金があった。スマートフォンゲームの課金などに使った」と容疑を認めていた。

 

やっぱりこのスマホは便利なようで人間を狂わすね。

 

個人責任と最後にはどこも言うけれど使わせているのはどうなの?。

今では子供からお年寄りまで手放せないようにしているのに。

 

ホントに電話とメールぐらいでいいよ。

 

地球の裏側の事情までタイムリーにはいらないから。

 

利便性という余計なお世話で

いつでも監視されているよう。

<手帳やカレンダー>メーカー苦肉の策 元号や祝日決まらず

 

セブンのサンドを昼は美味しく頂く。

これにいなり寿司1個でたいてい落ちつくお腹。

 

この自然界の生き物はホント 毎日何か食しないと生きていけないもんね。

ぐ~っと腹が減り、何かを食する。

 

その食べ物は全てこの大地からの恵み。

当たり前だけどこの大地から生かされ生きている。

 

<手帳やカレンダー>メーカー苦肉の策 元号や祝日決まらず

 

来年の手帳、カレンダーが書店や文具店に並ぶ季節になったが、例年と違って利用者には注意が必要だ。天皇陛下の退位に伴う皇太子さまの新天皇即位で来年に限って5月1日や10月22日が祝日となるかなどが最終決定していないからだ。既に店頭に並ぶ手帳やカレンダーには新たに決まる見通しの祝日は反映されておらず、メーカー各社は「利用者は自分で新たな祝日、休日に赤丸を書き込んで」などと呼びかけている。

 

天皇陛下は4月30日に退位され、皇太子さまは5月1日に新天皇に即位される。10月22日には新天皇が国の内外に即位を宣言する儀式「即位礼正殿(せいでん)の議」がある。このため、政府は5月1日と10月22日を祝日とする法案を先月24日に召集された臨時国会に提出する方針だ。

法案が成立して5月1日が祝日になれば、祝日に挟まれた日を休日とする祝日法に基づき、昭和の日(4月29日)との間に挟まれる4月30日と、憲法記念日(5月3日)との間に挟まれる5月2日は休日になる。そうなると来年のゴールデンウイークは4月27日~5月6日の10連休だ。

しかし、臨時国会の会期末は12月10日。法案成立を待つことなく来年の手帳、カレンダーは既に出来上がって店頭に並んでいる。と。

 

もう来年の事で話題になる季節に。

 

来年の手帳、カレンダーのことだけど

こういうこともあっていいのではないかと思う。

新しい時代に入いるのだから。

 

新しい国の変化の年はみなで生きていることを謙虚に意識しその年を初心に戻り味わえばいいのだと思う。

 

人は、あまり過去は振り返らないけれど夜に想えばよき時代懐かしい時代が走馬灯に様に蘇る。

 

平成の次は何というんだろうね、よく安心の安が入るとか言われているけれど。

 

でもこの平成という一時代はみなの足跡を残して過ぎ去ろうと

新しい生きる時代へと。

 

銃社会の愚かさ「部屋片付けなさい」にキレた11歳 祖母を・・・

 

11月は比較的自然も穏やかで気持ちいい。

旅行とかいい季節だ。

食物も豊かで美味しい。

アメリカからの悲劇

「部屋片付けなさい」にキレた11歳 祖母を射殺し、自殺する

 

米アリゾナ州のリッチフィールドパークに住む夫婦は先週の土曜日、同居している11歳の孫に朝から「部屋を片付けなさい」と言い続けていた。2人は孫の保護者で、両親はいない家庭だったようだ。

 

リビングルームでテレビの前に座った祖母が何度目かの「自分の部屋をきれいにしなさいよ」と声がけをした後のことだった。地元警察署のスポークスパーソンによると、孫はおもむろに祖父のハンドガンを手に取り、背後から祖母の後頭部を撃ち抜いたという。

祖父は逃げた孫を追いかけるも、すぐに踵を返した。妻に駆け寄り、手当を始めようとしたその瞬間、再び銃声が響いた。孫が今度は自分自身を撃ったのだ。祖父は銃を取り戻し、911に電話をかけた。だが、祖母も少年も死亡した。

詳しい状況は捜査中だが、この孫に、他人もしくは自分を傷つける衝動は見られなかったという。

 

本当に哀れだがこれも銃社会の結末。

 

子どもの近くにある銃。

 

どこの家庭でもある躾での一幕、もちろんたがいに感情的にはなるだろうけどそこには銃が無ければこんな結末にはならなかったはず。

 

11歳の子も目の間の結果にまさかと混乱したはず。

 

11歳の子も祖母も今を先を生きられたのに。

 

自分を守るための権利とか云い張って銃社会を存続させる先進国というだけの自己統制できない国。

 

何度も 何度も 何度も 悲しい出来事を繰り返す。

 

学校でも子供たちによる無残な銃発砲が止らない。

 

感情ある生き物なのだからそこに銃があればゲームのように後先構わず今の感情ぶつけて引き金を引くよ、特に情緒不安定な子供たちは。

 

その点、日本は銃が無い平和な社会でいい。

殺戮より想いの文化だもんね。

 

憎しみや敵 敵 敵の意識だけでは、いつも緊張感。

いつも信じられない外に武器を向けるしかないもんね。

 

自由とか正義とかの立派な言葉で愚かな道具を作り続け利益優先の生き物達とは?

子どもたちの未来をどう想う。

 

食べるのがもったいない・・・日本の和菓子職人の技、本当にすばらしかった!=中国メディア

 

最近は天気がいい。

奇麗な青空がよくみえる。

おかげで外に出ても気持ちがいい。

 

久々に昼食は豚丼を食した。

ごまの味もして美味しいね、本当に美味しかった。

食べるのがもったいない・・・日本の和菓子職人の技、本当にすばらしかった!=中国メディア

 

「中国料理は非常に豪勢で、レストランに行けばとてもたくさんの料理が出てくることで有名だ。それに比べて日本料理の量はとても少ない。この点では日本料理は大きく劣るのに、それでも世界から大いに歓迎されている。これは一体どういうことなのか」と疑問を提起した。

 

そのうえで、日本料理が世界で喜ばれる理由の1つとして、精緻さがあると指摘。それは「1つ1つの料理がとても細やかに作られており、食べるのがもったいないと思ってしまう」ほどであり、その精緻さは寿司や刺身といった食事だけにとどまらず、伝統的な和菓子にも大いに体現されていると説明した。

 

そして、特に和菓子職人の細やかな仕事ぶりが表れる、色鮮やかな練り切りを作る様子を写真で紹介。「職人があんこの生地を手に取ると、こねたり切ったり伸ばしたりといった作業をてきぱきとこなし、あっという間に花の形を作りあげた。花びらの模様までもが見事なまでに再現されており、多くの人が一目見たら食べるのが惜しくなってだろう」と伝えている。

 

和菓子職人があっという間に作りあげる見事な練り切り菓子には当然ながら、長年の修行と鍛錬を積み重ねてようやく身に着けた技術やセンスが凝縮されている。記事は「和菓子職人の仕事ぶりはとても素晴らしい。中国の菓子職人もがんばらなくてはいけない」と結んだ。

本当に凄いよ、食べ物を美的センスで創作する和菓子職人。

見習いの時から高度な技術を取得するまで相当な年月がいると思う。それにセンスも必要だろう。

 

見習い期間が過ぎ、自他ともに一人前のなってからの収入は、

勤め先によってまちまちだが、初任給としては手取りで大体月に10万円ちょっと、中堅どころとなっても平均年収は300~400万円といったところだという。

そんな高くもない収入でも好きだからこそ頑張れるのだと思う。

 

この間、TVで外国に行って頑張っている和菓子職人のことがあっていたけれど感心した。

技術はあってもなかなか外国の地では売れなくて借金の連続で死をも覚悟したしそうだが外国人のお嫁さんの協力もあって抹茶での大福が健康ブームにも乗り大ヒットして店も大きくなったと喜ばれていた60代の和菓子職人さんがいた。

 

生活していく為には収入が必要だもの、そこの今の現状での求めに対しての配慮が必要だ。

 

そこに技術が重なればみなに喜ばれ自身もそこで業を続けられる幸せに。

 

日本人は繊細に物を作る文化を持ち絶えず品質向上を目指す。

 

マニュアルだけではない長い年月駆けて習得した隠れ技を武器にこれからも頂点を目指すのかと。

 

毎日のようにハレンチ行為の教師達に呆れるではすまされない現場。

 

11月の気候は良好。

雲はあるけど青空が奇麗で気も晴れる。

昼のコンビニの店員さんは日本人のおばちゃんばかりになった。

でも必死で働いているおばちゃんたちも気持ちよい。

人のため自身の為に汗かくということはこういうことかと。

・公衆浴場で女児盗撮疑い 中学教諭を逮捕/青森・弘前署

逮捕容疑は8月18日午後6時半ごろから19日午後6時半ごろまでの間、盗撮目的で公衆浴場に侵入し、全裸姿の女児を撮影して児童ポルノを製造した疑い。容疑者は板柳中の教諭。容疑を認めている。

 

・生徒10人以上に密室でわいせつ行為 顧問の教諭を処分

顧問を務める運動部の女子生徒10人以上の体を触るわいせつ行為をしていたとして、高知県教育委員会は5日、公立中学校の30代の男性教諭を懲戒免職処分にし、発表した。

教諭は2015年10月~今年9月、教室など学内外で10人以上の女子生徒の体を必要以上に触った。いずれも密室の1対1の状況だった。

生徒は「断り切れなかった」「とても嫌だった」などと話しているという。

 

・教え子にわいせつ行為疑い 公立高非常勤講師の男を逮捕

京都府警少年課は5日、児童福祉法違反と児童買春・ポルノ禁止法違反の疑いで、府内公立高の非常勤講師の20代の男=京都市伏見区=を逮捕した。

逮捕容疑は8月12日、教え子の女子生徒(17)が18歳未満と知りながら、京都市内のホテルでわいせつな行為をし、その様子をスマートフォンで撮影した疑い。

 

・女子中学生にみだらな行為 淫行容疑元教諭

中学生の女子生徒にみだらな行為をしたとして、千葉県警が県青少年健全育成条例違反(みだらな行為)の疑いで逮捕した香取市立中学校の元教諭の男性(43)=懲戒免職

男性は、8月にメールなどで少女を県内のホテルに誘い出し、体を触るなどみだらな行為をした疑いで10月16日に逮捕され、翌17日に懲戒免職処分となった。

県教委は記者会見で、男性が少女に同様の行為を複数回行っていたことや、別の生徒にも性的な内容の手紙を渡していたことを明らかにしていた。

まったくどうしようもない先を生きるという先生という大人が毎日のように逮捕される現状には。

 

こんなに毎日のようでは教育という尊い志も無いのだろうと思う多くが。

教え子たちを 偏った本能での対象とする愚かな生き物達。

 

こんな自身の誇りもない生き物は子供たちに触れさせてはならない。同じ空間にさえも居させてはならない。

 

子は未来の宝なのだからすくすくと感性豊かに育たせねば。

 

多くの教師の方、自身に恥じある行為がやめられなければ直ぐにこの尊い職業から離れてほしいと願う。

 

恥ずかしすぎる教育現場では子の真っすぐなこころは育たない。

・バス運転手、指導員に逆上し運行中止 淡路で乗客放置 徳島の海部観光

 

海部観光(徳島県美波町)の阿南発大阪行き高速バスで6月12日、50代の男性運転手が同乗する指導員の指示に逆上して運転を途中でやめ、淡路島南パーキングエリア(PA)に停車したまま乗客17人が約1時間待たされていたことが分かった。四国運輸局は5日、同社と、運行を担っていた関連会社に10月24日付で文書警告の行政処分を行ったと発表した。

 

運転手は入社したばかりで、高速道路を走行中に低めのギアで走っていたため50代の男性指導員がギアを上げるよう指示した。しかし従わず、同PAに入った後、運転を拒否した。指導員は運転する際に必要な健康状態などのチェックを受けていなかったため代わりに運転をせず、乗客は約1時間後に同PAに到着した大阪行きの後続便に乗り換えた。

 

お客にとって命を預けるドライバー。

それがこんな基本の人間性にも問題があるような者に命を任せていたとはでは済まされないよ。

みなそこの会社を信頼して乗車するのに。

 

まずは運転させる前にしっかり会社内で人格みるような教育をして冷静な安全運転が出来そうでない人物は乗車はさせてはならない。

 

こんなんだったらAIにでも運転してもらった方がいいね。

 

ガキ使「笑ってはいけない」のロケバス写真? ツイッターで話題、日テレに取材すると…

 

始まりの月曜日は辛い。

 

いろいろ面倒なこともたくさんあるし。

 

今日は業者の方も謝りにきたり

 

みな何かと大変だ この社会で働くというのは。

 

会議の為の会議が多いとなおさらの月曜。

*<大阪府警>時速280キロで走行の30代男、書類送検

 

東大阪市内の自動車専用道路を時速約280キロで暴走したとして、大阪府警は5日、乗用車を運転していた府内の30代の男を道路交通法違反(速度超過)容疑で書類送検した。捜査関係者が明らかにした。スピード違反の検挙としては、全国で過去最高速度とみられる。

 

新幹線と同じ速度とは

ばかな男もいたもんだ、動画投稿してみなの注目を浴びたかったと、35歳もなってその生るい生き頭に感心するよ。

 

でもね、こんなばかな人間もときどき出てくるのだから車を販売する側も真面目に作らなければね、時速300kmの車は必要かい?

*ガキ使「笑ってはいけない」のロケバス写真? ツイッターで話題、日テレに取材すると…

 

人気長寿番組「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」(日本テレビ系)の年末恒例の特番「笑ってはいけないシリーズ」の準備が今年も始まった――?

ツイッター上で、番組の収録準備のためのバスではないか、とされる写真が注目を集め、拡散されている。バスの行き先表示板には「へいぽー財団法人 お豆考古学研究所行き」との文字が読めるほか、同番組の演出家・ヘイポーさん(斉藤敏豪さん)の似顔絵らしきデザインも写り込んでいる。

 

このツイッター上の写真は、2018年11月5日昼過ぎ頃から投稿され、拡散している。

 

このバス写真はツイッター上で注目を集め、「Twitter見たらガキ使バス調べたらあった! 今年もあるな!」といった歓喜の声がツイッター上を中心に続々と寄せられた。

 

今回、ツイッターで注目を集めるバス写真は、番組や年末特番と関係があるのか。11月5日、日本テレビの広報部に話をきくと、「番組制作の詳細についてはお答えしていません」とのことだった。と。

 

しかし早いね、来月はもう年末だもんね、1年 1年 365日というのは日々の四季の積み重ね。

 

耐えの業ばかりではつまらないもんね、この息道。

 

もっと美味しいもの食べたり 旅したり いい生音楽聞いたり

出逢いに感動したり いい気分になる年の終わりに。

 

女子高生に痴漢 容疑の神奈川・横須賀市教委職員を逮捕

 

餃子が食べたくなって少し離れたラーメン屋さんに向かう。

 

たまに食べる焼き立ての餃子は熱いと言いながらもホッとする。

 

置きカレンダーの2ヵ月分のを探しに本屋さんに向かう。

 

いろんなカレンダーがあるのはあったけれど1ヵ月分のしか無かったので帰ろうとしたら裏側に2つだけあった2ヵ月分のカレンダー即購入した。これが仕事柄便利なのです。

 

女子高生に痴漢 容疑の神奈川・横須賀市教委職員を逮捕

 

逮捕容疑は同日午前7時55分ごろから同8時ごろまでの間、京急線上大岡駅-金沢文庫駅間を走行中の電車内で、横浜市戸塚区に住む私立高校3年の女子生徒(18)の下半身をスカートの上から触ったとしている。

同署によると、犯行時、佐野容疑者は通勤途中だったとみられ、電車内は利用客で混雑していた。女子生徒は初めに相手の手が尻に触れたことについて故意か偶然か判断しかねたが、再び触られたため、痴漢と確信。佐野容疑者の手をつかんだところで電車が金沢文庫駅に到着し、同じ私立高校に通う男子生徒が協力して駅員に引き渡して、駅員の110番通報で駆けつけた同署員が身柄を確保した。

容疑者は取り調べに対して「結果として触れてしまったけれど、触るつもりはなかった」などと供述しているという。

まあこの横須賀市教委職員の言っていることが本当の事か分からないけど痴漢でなかったら怖いことだね。

 

2度めも触れたと供述している女子高生は確かに痴漢とそう思ったんだろう。

 

特に込み合う電車内では男性は注意しなければ。

 

女性の横に行かないとかいろんな対策はある。

 

もし、仮に痴漢でなかったとしても実証は難しいのでは。

 

電車は怖い乗り物と自覚が必要かと。

 

 

 

橋からバス転落で13人死亡、原因は運転手と乗客のけんか 中国

 

休みの朝はスーパーへ買い出しに行く。

 

野菜がいろんな種類でたくさん並んでいる。

 

キャベツに白菜にブロッコリーほうれん草など緑が奇麗だ。

 

いろんなこの大地の恵みを鍋やサラダにして頂く。

 

祭日なので渋滞もしたけれど秋を楽しみに少し遠出した。

 

気持ちのよい休日。

橋からバス転落で13人死亡、原因は運転手と乗客のけんか 中国

先月28日、中国・重慶で長江にかかる橋の上から路線バスが転落し、13人が死亡した事故は、運転手と乗客の女性のけんかが原因だったことがわかった。

運転手の頭を殴る女性。運転手も応戦。しかし、ハンドルの制御ができなくなり、この後、バスは橋の柵を突き破って落下した。

降車場所を乗り過ごした女性がバスを止めるよう運転手に要求し、運転手がバス停以外では降ろせないと応じなかったことから口論になったことがわかった。

バスには運転手を含め15人が乗っていたが、これまでに13人が死亡、2人が行方不明となっている。

動画見たけれどこの女性はどうかしていたね、携帯で運転手を殴ったり凄まじい。

 

こんなことしたら危険な事は子供でも分かるはずなのに周りの乗客は止めなかっただろうか。

 

バスに乗っていた15人の命が一瞬に消えた悲惨なトラブル事故。巻き添えに遭われた人々は無念では済まされないね。

 

無駄に消えた尊い多数の命。

 

儚い命。

 

いつどこで何があるか分からない不幸な事柄でもこの息道は一瞬で終了する。

 

命はひとつしか持ち合わせないのだからみな大切にかと。

「紛争地に入る存在は必要」 安田純平さん会見詳報

 

深まる秋。

11月になって肌寒いし夕刻の日が落ちるのも早くなった。

何か寂しい夕の街並み。

駅から出てくる人々も無言の速足のなか暗闇に消えていく。

この気温と暗闇は人を急がせるのかと。

「紛争地に入る存在は必要」 安田純平さん会見詳報

 

あくまで私自身が知りたいこと、疑問に思っていることを現地で取材をして、それを皆さんに知っていただくことができればいいと思ってやっている。

国家が人を殺すのが戦争。

それがどのような影響をおよぼし、なぜ人々が殺されなければいけないのかを判断する材料は民主主義にとって絶対に必要。難民が出れば日本にも影響があると思う。地球上で紛争があれば、現地に入るジャーナリストの存在は必要というのが私の考えだ。

 

一部がしたがる戦争という国造り。

 

このために戦下では罪ない子供たちも悲惨な状況。

 

こういう状況取材をして世界の人々に伝えることは必要なことだと感じる。

ただその方法が単独行為ではあってはならないと思うが。

 

過去の反省もなく人間は争いをいつまでもやめない。

 

核兵器も減らしていこうという話も今や消え相手より増やそうとばかりの議論。

 

結果、自滅するのが誰でも分かるのに自国だけは負けないとか愚かな言動で多くの民はいつの時代も苦しめられる。

 

いつか見た映像で人類がいなくなったこの大地には緑いっぱいの草花が咲き乱れていた。

 

この惑星にとってはそのほうが幸せなのかと。

ばかな争いばかりの生き物は不要かと。

 

ここらで本気で70億の生き物が

先を考えるべきときかと。

 

 

宝くじを買いに行く途中で骨折した男性が手にした“幸運”

 

野菜たっぷりのロースカツカレーの昼食。

やっぱりサクサクして美味しかった。

外へ出て、食はその後の気分も変えるね。

心地よい街並み。

宝くじを買いに行く途中で骨折した男性が手にした“幸運”

人生、本当に何が起こるか分からない。

 

米ニュージャージー州ブラックウッドに住む87歳の男性、アール・リビングストンさん(写真左)は10月23日、近くのコンビニに宝くじを買いに行った。

買おうと思っていたのは、15億3700万ドル(約1720億円)の大当たりが出た、と日本でも話題になった宝くじ「メガミリオンズ」。

しかし、アールさんは買いに行く途中で転倒し、腰を骨折。近くの病院に緊急搬送されてしまった。

アールさんは病床で、「メガミリオンズが買えなくて無念だ…」と病院スタッフらにブツブツ。すると、看護師の1人から「私たち、皆でお金をプールしてメガミリオンズを買うの。1口乗りません?」と誘われた。

喜んで参加したところ…これがなんと2等の100万ドル(約1億1200万円)が当たってしまったのだ!

宝くじの購入に参加した人びとは、アールさんが加わった経緯を知り、「彼が幸運を運んできてくれたんじゃないか」と話しているそうだ。

アールさんは「皆にお礼を言いたい。心から感謝します。神のご加護がありますように。幸せに長生きしてください」と語ったという。

災い転じて…。

たまたまあった出来事だろうけど夢の宝くじ当選は庶民の願望。

 

これから先 年末に近づくと みなの気が急ぎだす。

そして今年最後の夢と多くの人が年末ジャンボ宝くじを求める。

 

ほぼ当たらない券を大切に発表の日まで夢をみて。

 

夢を持つということは生きていくこころのビタミンみたいなもの。

 

だって現実はシビアなものだし生活するのだって今は大変。

 

働いても 働いても 税収の重しは凄いよ。

 

訳の分からないように毎月 毎月 少しづつ増えていくのだから。

 

庶民のささやかな夢

家を持って 旅行をして 車を買って 美味しい物食べて そして何より自由な時間をもつ。

 

この数十年の息道では、たった一つのこの命と お金という交換チケットを集め欲しいものと交換しながらの出逢いの旅だもの。

 

夢が現実になった人は嬉しいだろうけど現実になるたびに夢はひとつ一つ消え去っていくもの。

 

でも人はいつも求める自由を。

 

今日も奇跡の1日が当たり前のように過ぎていく。